FC2ブログ
出会い

Aさまと ももこの浣腸室 第十四話(完)

「さわちんくん ありがとう また近いうちにお逢いしましょうね
 それと・・・・これからは ももちゃんと呼んでね!」
「うん ももこさんいや ももちゃん 連絡まってる」
「じゃーまたね~」
二人はうまの合う兄弟のように揃って玄関を後にした。


「なおちゃん Sくん素敵じゃない 本格的に付き合いなよ!」

「うーん でもー」

「でも なあに 他に好きな人でも・・・・・」


ーーーーピンポーンーーーー
「あのー」

「あっ 茜ちゃんね わざわざ来てくれてありがとう
 正面のAエレベータで18階で降りたら奥の突きどまり1808よ」
ももこは玄関のオートロックを解除した。

ーーーーピンポーンーーーー
「茜ちゃん お久ぶりー こちら親友でレズ友の なおちゃん」

「えっ? よっ よろしくお願いします」
意外な紹介に 茜は少しとまどってから 恥ずかし気に自己紹介した。
「ももこさんとは・・・・・・・ーーーーー なの」
momonao15.jpg
「そうなの さあ 上がって 上がって 茜ちゃんお腹のすいてない?」

「うん すこし」

「パスタと丁度戴き物のカラスミとキャビアがあるけどそれでいい?」

「えー あたしーキャビア大好きー」
茜は急に打ち解けたように大きな声で答えた。

「はい Spaghetti alla Bottargaカラスミとキャビアのパスタ 召し上がれー
 お酒はフランスワインでいいかしら?」
b920f50f3a1c9fd04f8ad730d82f133474b4dae0.jpg  o1080080914408018208.jpg
「あー おいしい ももこさん まるでプロの料理人みたい」

「あっ これね  なおちゃんの手料理なの なおちゃん凄くおいしいよ」

「なーに ただ素材がいいだけよ」

「それにしてもねー ももこさん」


談笑し ほろ酔い気分で小1時間もしたころ再訪問者が現れた。
ーーーーピンポーンーーーー

「あのー また来ちゃいました」

「あっ あかつきくん 来てくれてありがとう 1808ね」
ももこはオートロックを解除した。

「随分賑わってるね あっ茜ちゃんも 久ぶり だけどー・・・・」
茜は数年前に些細なすれ違いから別れた あかつきの元カノである。

「だけど どうして ここに来てるのと言いたいんでしょ」

「それはね これから 3人で あかつきくんを虐める為なのよ」
ももこは あかつきの ずば抜けたアナル感覚に目をつけ急遽その
テストデータを取得すべく 元カノの 茜まで呼び寄せたのだった。

「あかつきくん また呼び出してごめんなさいね
 早速なんだけどー・・・・・じつは・・・ーーー・・・・・なの」
ももこは あかつきの研ぎ澄まされたアナル感覚のテストデータがED
治療や肛門機能の研究に必要な事を手短に伝えた。

「はい 僕なんかのデータが役にたつなら
  喜んで! だから 今日は 茜ちゃんも白衣なんだね」

「うん あかつきもくん頑張ってね」

「それにしても ナース服よく似合うねー また惚れ直したよ」

「ばーか そんなこと言っても もう元には戻れないわよ」

「さっ ベルトを緩めてあの診察台に横になりなさい」

「えー もう始めるの? 何をどうするの」

「ごめんなさいねー まずは平常時の肛門括約筋の動きと
  坐薬挿入前後の筋電図と同時に脳波も記録します
  なので色々な坐薬やセンサーを出し入れしますが
   出来るだけ途中では射精しない様にしてねー
    パンツ下げますよー  茜ちゃんそのセンサをお願い
     なおちゃんは脳波計をつけてあげてー」

「あかつきくん 肛門括約筋センサーを入れるからお尻の力ぬいてー」
content_ハ゛イオフィート゛ハ゛ック
ゼリーが塗られたセンサーは 抵抗もなくするりと あかつきの肛門に
吸い込まれた。
「ああああっー・・・・・・・」

「駄目よ興奮しちゃー 平常時のデータをとるのよ」 

「でもー 茜ちゃーん」

「そうねーこのまま 落ち着くまでしばらく待ちましょ」

あかつきは お尻を丸出し状態で肛門にセンサー入れられて診察台に
側臥位になっている。
センサの挿入ですぐに膨らんだ陰茎だったが数分もすると元に戻った。

「うん もう大丈夫 平常時のデータが取れたから次に行きますよ」

「あかつき 最初の坐薬を入るから四つん這いになりなさい」

「なんだか今日の茜は まるで怖い姉みたいだね」

「そうよ~ 怖いお姉さんナースよ! さっ四つん這いになって」
茜は冷蔵庫から取りだしたばかりの検査用座薬の包装ををメリッと
破り 人差し指で座薬の底を摘まみ あかつきの肛門に向けた。

「入れるわよっーちょっと痛いかもだけど我慢なさいね」
za223355.png za22335532.png za2233553.png
検査用座薬は つるんっと滑るように勢いよく あかつきの肛門に
茜の指もろとも吸い込まれていった。

女同士の陰湿浣腸?

なおちゃん 冗談でこんなのどうかしら?

座薬の挿入例

レズビアンアナル 肛門遊戯

ももこは アナルプレイでの肛門拡張は指二本で留めます!
アナラーメモワールさんより
maniac-0100_014_3000_sd_Moment.jpg
でも高圧浣腸では1500cc以上入れることがあるかも~
20190503225347c9b.jpg



Aさまと ももこの浣腸室 第十三話

ももこナースは さわちんを焦らすように あえて軽い前立腺マッサージを続けた。
それでも さわちんはもう射精したくて堪らないはずである・・・・・
それを承知で ももこナースは太めのアナルスティックを使い 前立腺マッサージ
を始めようとしていた。


ももこナースの細い指先でさえ 今にも逝きそうな さわちんだったが ももこナース
が手にしたアナルスティックの根元はその数倍も有りそうだった。
610-0426c.jpg
「さわちんくん これ見て・・・・・・これをどうして欲しいか言いなさい」
ももこナースは そのアナルスティックを さわちんの目の前でプルンと振った。
「これをどうして欲しいの?」  

「ももこさん こんな太いアナルスティックなんて入りません 無理です」

「でも 顔には入れて欲しいと書いてあるわよ
 どこまで入るか試してみましょうよ さあーお尻を緩めてー」

ももこはアナルスティックにたっぷりとローションを塗り さわちんの肛門に
アナルスティックを挿入し 何度も出し入れを繰り返した。
ana113355.jpg
「ああああああー そんなーーーー」

「ほらー もう半分も入ったわ」

隣では なおこナースが Sのアナル開発にあたっている。
「だめねー! Sくんこの態勢では上手く力を抜けないようね」
Sは アナルビーズが肛門に当たると無意識に ぎゅっと肛門を窄めた。
「すみません なおこ先輩 つい」

「じゃーね 台から降りて四つん這いになりなさい」
Sは なおこナースに支えられながら内診台から降りて 四つん這いになった。

なおこナースは 再びアナルビーズを Sの肛門に当てた。
「 Sくん いい子だから お尻の力を抜いてー」
anakk88.jpg
「ほらー 1個入ったわ もう大丈夫よね つぎ入れるわよー
 出し入れするから 何個入ったか数えてみて 今2個目よ」
なおこナースは Sの肛門に入れたアナルビーズを入れては出しを繰り返し
続けSの頭を混乱させた。
その混乱が性的興奮を一挙に解放し Sの本性を引き出すはずである。

Sは 肛門の奥まで入れられたアナルビーズの刺激で 強い性的興奮と同時
に徐々に高まってくる排便感に耐えられず
「あうっ 先輩 もうウンチが出そうです あ~出ちゃう 出ちゃううう」
とまるで十代の女の子の様に 可愛らしい悲鳴を上げた。

「まー Sちゃんったら まるで女の子みたいね 
 いいわ 次は指でアナルマッサージしてあげる」
なおこナースは Sの肛門に 媚薬成分の入った座薬を挿入した。

Sは なおこナースが入れた座薬がつるんと入る感触が癖になりそうに思えた。
「あっ 先輩・・・・・・・」
なおこナースは ゆっくりと 中指をSの肛門の深くまで入れて 前立腺を押した。
「Sちゃん これからマッサージするけど すぐに出しちゃだめよー」

なおこナースの中指は Sの肛門を犯すように 浅く 深く アナルマッサージを繰り
返し時折 前立腺のマッサージも交えた。
anal444.jpg
その快感だけでも直ぐにでも逝きそうなのに 更に陰茎まで掴まれてしごかれる。
「なおこ先輩もう逝きそうです・・・・・・・」

「駄目よ 簡単にはいかせないわよ~」
そう言うと そのまま静止し 暫く間を置いてからマッサージを続ける。
逝きそうなのに逝かせてもらえない焦らしの快感地獄に墜とされていった。


「さわちんくんも Sくんみたいに我慢できるかな?」
ももこはアナルスティックを肛門の奥の方までゆっくりと入れては出して
ついに30mmもありそうなアナルスティックの根元まで挿入した。
さわちんの陰茎はすぐにでも爆発しそうにぴくぴくと上下に脈動している。

「さわちんくんすごーいアナルスティック根元まで入ったわよ
 ご褒美に次は ももこの指で前立腺マッサージしてあげるわね~」
yougo_40aa.jpg
「ももこさん・・・・・・」

ももこナースは なおこナースと同様に さわちんの肛門に 媚薬成分の入った
座薬を挿入し アナルマッサージと 前立腺のマッサージをしながら時折り陰茎
を掴かんで軽く上下させた。

「あああああーーーももこさんもう出そう出そう・・・・・・・」

「 さわちんくん 駄目よ Sくんが逝くまでは我慢するのよ」

ももこナースは さわちんが昇り詰める寸前で動きを止めると 数秒置いてまた
アナルと前立腺マッサージを再開した。 
bbiooo.jpg
そして 二人は 射精寸前で逝かせてもらえない 泣きたいくらいの快感地獄の
中で味わうことが出来る 究極の絶頂感を得ようとしていた。
「この快感はね 女性が性交で経験する絶頂感とすごく似ているらしいわよ」

やがて Sは海老ぞりになり射精を伴わないオルガスムスに達した。
「なおこ先輩 ううううう逝くううううう-----」
p002.jpg

Sのオルガスムスの叫びに誘われるように さわちんも同様のオルガスムス
に達した。
「ももこさん ああああーいいいくぅうううううーーー」
20180127151612f6b.jpg
一度オルガスムスに達した後でも射精はないので 数分もしないうちにまた次の
オルガスムスを迎えることができる いわゆるドライオルガスムス状態の 二人は
女性と同じ絶頂感を短時間に何度も体験できるのだった。

5回目のオルガスムスに達したのを確認すると。
「もう良さそうね ではここで今日の目的のアナル感覚のテストを始めますよ~」
と ももこは 肛門に入れるらしい 変な器具を手にしている。
bai999988.jpg
「さわちんくん これを肛門に入れて弱い電流を流すから直ぐに
射精したく なるけどアナル感覚のテスト結果を正確出すため最低でも
3分は我慢してね~センサーをいれまーす お尻の力をぬいてー」
z011-300x172.png
それは
肛門括約筋のバイオフィードバック装置に アナル感覚センサと性感刺激の処理
プログラムを備えた最新のアナル性感向上システムだった。
bai99998.jpg
「電流を流しますよー しっかり我慢してね~」

「ううううううあああああああーーーーー」
その電流は肛門から脳天まで突きにけるような凄まじい快感をもたらした。

隣では
「ああああああ なおこ先輩 逝くううううう-----ああああっー・・・・・・・」
Sが2分過ぎあたりで射精して果てた。

さわちんもその数秒後には昇天と同時に射精してしまった。
「ああああああああっー・・・・・・・」
二人はこれまでに経験した事がない強烈な快感に失神寸前の様子だった。

「なおちゃん 大成功よ あの快感を2分以上耐えたのよ
 このデータをLZ大学病院に送るとEDの治療法開発に役たつと感謝されるわ」

「おつかれさまー
  実はね これはーーーーーーーーーーなの ご承諾頂けるかしら?」

「そんなことなら 勿論OKですよ」

「有りがとー もしかしてあとで追加データの取得もお願いするかもー」

「はい 喜んで 協力します」
二人は二つ返事で快諾した。

「Sくん 今日はありがとう みんなには内緒にしましょうね・・・・」 
なおこは意味深に微笑んだ。

「さわちんくん ありがとう また近いうちにお逢いしましょうね
 それと・・・・これからは ももちゃんと呼んでね!」

「うん ももこさんいや ももちゃん 連絡まってる」

「じゃーまたね~」

二人はうまの合う兄弟のように揃って玄関を後にした。

ーーーーーーあかつきさんへーーーーー 
おまたせしてました~ いよいよ次回再登場ですよ!

和服の美人に大量浣腸

生徒へのアナル調教と強制浣腸


辛さが快感!高圧浣腸