FC2ブログ
出会い

ももことGさまの浣腸室 第一部

ここは新企画「ももことGさまの専用浣腸室」です。
Gさまはコメント欄又は専用メールで
それ以外の方はコメント欄で参加下さいね。
プレイ内容は、流れに沿って ももこが適当なイメージ画を適時
挿入しつつ編集し掲載していきます。
それではGさま
「ももことGさまの浣腸室」で魅惑的なプレイを堪能しましょうね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
健康診断でバリウムを飲んだ後、下剤を飲み忘れ、夜の宴会で酒まで
飲んだ結果 深刻な便秘に数日悩んだGは、強めの下剤を貰おうと思い
軽い気持ちで 近くの婦人科を併設した胃腸科消化器内科クリニックを
受診した。
レントゲン写真を見た、若い女医は このまま放置するのは危険と判断し
即浣腸での処置を提案した。
「Gさま このようにバリウムは肛門のそばまで降りて来ていますが
 下剤では出せないくらい固まっていますから浣腸でだしましょう」
Zu_Ippan20.jpg
Gは思いも寄らぬ女医の浣腸(宣告に近い)提案に抗えないで
「え! かっ 浣腸ですか? はっ はい お願いします」
と思わず反応したが、これから浣腸地獄と天国を何度も往復しつつ浣腸
と優しい ももこナースに魅了されていく 新たなGが誕生するなど全く想像
もしていなかった。

看護婦が準備する間、外の待合室で待つよう指示されたGは10分後 いき
なり現れた美形で長身、しかも G 好みの ももこナースに呼ばれる。

「Gさまー おまたせしましたー
 浣腸の準備が出来ましたので こちらの診察室にどうぞー」
kan1-0c.jpg
ももこは 浣腸や摘便もしやすく清潔な 婦人科の診察室にGを案内する。
すでにグリセリン70%浣腸液を人肌温に暖めて準備してある。
勿論1回の浣腸では、何日も固まったバリウム便は簡単には排泄できない
ので追加用も考慮して充分な浣腸液を用意した。

Gは ももこナースの後に付いていくが
「Gさまですね  浣腸は婦人科の診察室でしますよー」
との明瞭で大きな声での浣腸宣告の呼び出かけで 待合室に居た十数人
の患者から一斉に好奇と羨望の視線を浴びてしまった。
Gは ももこナースの無神経で酷い扱いに とまどい羞恥と怒りで赤面した。
恐る恐る診察室に入ると、中は予想以上に広く清潔な空間に意表を突か
れ同時に期待が膨らんだ。
そこにはピンクの処置ベッドと奥にはピンクの内診台も見える。
【診療所】 健康空間 ウェルスペース/(公財)香川成人医学研究所
Gは 先ほど迄の怒りを忘れ、これから ももこナースより浣腸処置をされる
期待と感動で興奮しカウパー腺分泌液(通称ガマン汁)が脈打つように染み
出しているのを感じた。
同時に分泌液で濡れた下着を ももこナースに見られないかと焦った。

ももこナースは若い男性が 浣腸処置される場合、時々ガマン汁を垂れ
流している場面に何度か遭遇している。

そこで ちょっと いけ面で ももこナースの好みにぴったり合った Gを困
らせようと思い、焦らすことで大量のガマン汁で下着を濡らさせてみよう
と思った。

最近は どこのクリニックでも浣腸は ディスポ浣腸か大量注入の場合は
高圧浣腸になり、ガラス浣腸器を使うことは殆ど無い。
しかし ももこナースはあえて患者に恐怖と恥辱感を与える200ccの大型
ガラス浣腸器を使うことにした。
更に浣腸用カテーテルを使用せず直接 浣腸器の嘴(シカン)を挿入する
ことでGの羞恥心を煽る算段をしていた。
kan2299a.jpg

「Gさま 最初の浣腸はグリセリン70%浣腸液を100ccいれます
 のでベルトを緩めてズボンのチャックを下ろしたら
   あそこの処置ベッドに左を下にして横になって下さい」
ももこナースの半ば強制の口調に、Gは借りてきた猫のように
子声で「はい」とだけ答え素直に従った。

ベッドに横たわるとGの目の前には、処置テーブルの皿の上に 恐ろしく
大きな200ccの浣腸器がさりげなく置かれてた。
浣腸液を100ccの目盛りまで吸い上げた浣腸器を眼の当たりにすると
あの甘美な羞恥の記憶と期待から更にあそこ興奮した。
Gは子供の頃、風邪をひく度に子どもクリニックで浣腸された体験が
トラウマとなり 看護婦さんに浣腸される という行為には子供心にも性的
な快感を伴う恥辱と甘美の記憶となっていた。
大人になった 今でも浣腸器の嘴(シカン)を見ると あの時の記憶が活き
活きと脳裏に蘇り、性的興奮を覚えるのだった。
saki1.jpg
{もー 情けないなー  俺は今でも浣腸に魅せられているのか・・・・・}

チャックを下げベッドに横になったGに ももこは優しく語りかけた。
t02200201_0597054510172688591.jpg
「Gさま 今日は何日も固まったバリウム便を排泄できるまで何度も
 何度も追加の浣腸をすることになりますが大丈夫ですか?」
  「浣腸は初めてですか?」 

「いえ・・・こど・・・・はっ はい 初めてです よろしくお願いします」
  {はい 子供の頃にクリニックでされことがあります}
と言えば 普通の返答なのに
半ば混乱しているGは返答に窮して、見るからに年下の自分好みの
ももこナースに思わず嘘の返答をしてしまった。

「お尻を出しますのでちょっと腰を浮かして下さいねー」
ももこナースはGのズボンと下着に指を掛けて一気に膝小僧の位置
まで下着を下ろして Gの下半身を露にした。
下着は予想どうり Gの大量のガマン汁でパンツの前側が広く濡れて
変色している。
そして陰茎の先からも 透明な粘り気のある分泌液がすぐに滴下した。
「あら元気なお子様ね!」
ももこナースは慣れた手つきでその分泌液をティシュで包んであげた。
この時点でGが熱烈な浣腸愛用者であることが完全に露呈している。
「あー すっすみません こいつったら・・・・」
Gはテレながら自分の陰茎をティシュで隠した
{あーもー 情けない  やはり俺は変態なのか?}
Gはももこナースに恥部を見られ情けない気持ちで背中をより丸めた。

ももこナースは気にしない素振りで浣腸の説明と注意を始めた。
「ではGさま 今から70%のグリセリン浣腸液を100ccほど注入します」
「すぐにお腹が痛くなり出したくなりますが こちらで1分我慢して
  トイレで最低120秒は我慢してから排泄してください でないと液だけ
   でちゃいますから次の浣腸の量が増えますよ」
 Gはこの我慢できないとまた浣腸されるとの宣告が堪らなく好きだった。

「浣腸器の嘴(シカン)を肛門に入れますから もう少し背中を丸めて
  お尻を私のほうに突き出してください」
「そうです お口で深呼吸してー らくーにしてくださいね~」
Gは甘美な郷愁に浸りながら両瞼を閉じて小さく「はい」とうなずいた。

「 ごめんなさいね~」
ももこナースが Gのアナルに浣腸器の嘴をあてがうと、潤滑ゼリーを
塗られた小指大の嘴は Gのアナルに抵抗もなく挿入された。
Gはその感覚が快感なのかふーとため息をついた。
kan2299b.jpg
「浣腸液が入りますよー 大丈夫ですか~」
Gはその注入感が更に快感らしく今度は大きく溜め息を漏らした。
ももこナースはGの気持ちが手に取るように解かるので浣腸液の半分
を一気に注入したあと 焦らすように少しずつ残りの浣腸液を注入して
は何度も声をかけた。
「もうすこしですよー 大丈夫ですか~」
Gは強い快感と倒錯した罪悪感の中で無言で答えた。
それは ほんの40秒くらいなのだが Gにとっては永遠に続いて欲しい
至福の瞬間でもあった。
「あと20ccでーす・・・・・・」
「はい 100ccほど注入終わりましたよ!」
「浣腸器を抜きますから肛門をギュッと閉めてくださねー」
Gは ももこナースの口から肛門という意外な言葉を聞いてぞくっと性感
を刺激された。

「大丈夫ですか~このままで私が肛門を押さえてますのでつらい
 でしょうけど ここで60かぞえましょうね!」
ももこナースは子供を諭すように一緒に数を数え始めた。
「いーち にーい さーん・・・・・・・よんじゅう よんじゅういち あっ」
少し浣腸液を漏らしたGの額には玉の様な汗が幾つも見られ脇の下にも
汗染みがすこし確認された。

ももこナースは大の大人でも70%のグリセリン浣腸液を100ccも注入さ
れたら2分も我慢できない事など充分承知している。
Gは注入開始からすでに1分半以上は我慢しているので いつ漏らしても
全くおかしくない状態だった。
それでも
「ちょっと だめじゃない! ちゃんと肛門をしめてないとー」
ももこナースは次の浣腸と排泄を内診台でさせる布石として計算ずくでG
を追い込んでいくのだった。

「もう我慢できませんか?」
「じゃー しょうがないから トイレで我慢しまょ」
ももこナースは怒った素振りでGの腰を支え専用トイレに案内するも自分
の乳房をGの背後に押しつけてGに性的な刺激を与えた。

「中で120以上数えてから排泄してくださいね
  液だけでちゃうと本当に浣腸の量を増やしますからね」
{なんかこのフレーズ懐かしい・・昔浣腸された怖い看護婦にも・・・}
Gは浣腸の時だけは怖いのに普段はとても優しいあの看護婦さんが
大好きだった。

「排便を確認しますから流さないで横のブザーを押してください」
ももこナースも厳しい口調で 自分のSっ気 感覚を楽しんでいる。

片やGは あの懐かしい看護婦と ももこナースをダブらせていた。
{あの看護婦さん いや ももこナースにもっと厳しく浣腸されたい}
Gは そう思いたち120数える前に意識して浣腸液だけを排出して
肛門をウォシュレットで洗ってからナースコールブザーを押した。

「失礼しまーす あー やっぱり液だけでちゃいましたねー」
「午後にかけ忙しいのに困ったわー」
「面倒かけてすみません」
Gは申し訳なさそうに目を伏せた。
「ちょっと先生に相談してきますから 流してお待ちください」
ももこナースはGを無視して事務的口調でトイレのドアを閉めた。
ここまでは全てももこナースの計算どうりに進んでいる。

「Gさま お待たせしました 先生に相談したところ
 今回は特別に内診台を使う許可がでました」
「男性患者が内診台を使うなんて本当に特別なことなんですよ」

「内診台では浣腸も排泄も同じ姿勢で出来ますから安心ですよ」
ももこナースはGが抵抗できないように追い込んでいった。
つもりだったが・・・・・・・

{やったーーー次の浣腸は婦人科内診台でしてもらえるうう・・・}
実はGの希望を叶えたにすぎなかった。

{まてよ・・どうもGは最初から内診台での浣腸を望んでいたのかも}
{だから浣腸は初体験と言いながら あんなに興奮しガマン汁を・・}
{きっとそうだわ! それならGを幼少期に誘導して
  もっと厳し苦痛と辱め、それに至福の快感を与えてみよう}
と急遽考えを変えた。

「Gさま さっきはきっと体勢がよくなくなかったみたいね」
「今度は診察ベッドに仰向けになって浣腸してみましょうねー」
ももこナースは急に優しくなり子供を諭すような口調にした。

「次の浣腸の用意をするから 待っててねーGちゃん」
ももこナースは ちゃん付けすることでGを更に子供扱いした。
こうなるとGも 黙ってそれに従うしかない。
「Gちゃん 今度はこの浣腸器に満タンにして入れるのよ」
tn2.jpg
そう言いながら 浣腸器に200ccの浣腸液を満たした。
tn.jpg
Gを子供扱いにしながらも用意した200ccの浣腸液は
なんと15gのイチジク浣腸30個分のグリセリンと同量になる。
便秘状態の大腸に それだけの浣腸液を注入されたら浣腸慣れした
男性でも30秒も耐えられず呻き苦しむことになるはずだ。
ももこはGがどこまで恥辱と苦痛に耐えらるか試そうと考えた。
それには
普通の浣腸ではなく、彼が子供の頃に受けた浣腸を再現し更にはGの
深層心理まで踏み込んだ苦痛、恥辱を与えようと思った。

ももこナース自身も自分の初浣腸場面を思い浮かべて楽しんだ。

「Gちゃん  じゃー次の浣腸するからベッドに仰向けになってね!」
「浣腸しやすいように そのまま両膝を抱えちょうだいね」
この姿勢は砕石位といい痔の診察や手術か幼い子供に浣腸する
時くらいしかさせない患者にもっとも恥辱感を与える体位である。
当然にGの肛門と興奮した陰茎、睾丸まで露わとなる。
ato_11.gif
通常の医院では上からタオルをかけるが Gは全て丸出しだった。

そこへ・・・・・・Gを診察した女医が様子を見に入室してきた。
「あら内診台は使わないのね」
「ええ先生 もういちど多目の浣腸液で様子を見ようと思いまして」
「そう ちょうど午前の予約がキャンセルになったから
 ゆっくり処置できるわよ」
ももこナースの嗜好を知っている女医は意味ありげにウインクした。
「えっ! はい 先生 有難うございましす」
ももこナースは感謝の気持ちを込め ぺこりと頭下げた。
すると背後で砕石位をとっているGの視線には ももこナースの長い足と
スカートの奥の白いパンティーが飛び込んできた。
tira2244.jpg
{あっ あの時の看護婦さんだ!}
さっきから ももこナースに子供扱いされてることに加え 無防備な
ももこナースの姿がGの思考を更に混乱させた。
普通看護婦は子供がナースの下着に興味が有るなど思いもよらない。

ところがGは浣腸の前後に自然に見せる看護婦の純白のパンティー
が浣腸の羞恥体験と条件つけられてしまい 純白のパンティー=浣腸
というイメージという構図が固着していた。
そしてGには看護婦さんに浣腸されたいという羞恥願望があった。
「あのー ぼく・・・・・看護婦さんに・・・・」
Gの告白をあえて遮り処置を続けた
「ごめんねー Gちゃんすぐに浣腸しましょうねー」
ももこナースはGの肛門の正面に行き指先で尻タブを広げた。
7qqq.jpg
「あらー Gちゃんすこし肛門が腫れてるみたいね」
「ちょっと中を見るからまっててねー」
ももこナースは中指にゼリーを盛りGの肛門にも塗りつけた。
 「じゃー指をいれるから お口で大きく息をすってー はいてー」
Gが息をはいた瞬間の肛門深くまで中指を挿入した。
yougo_40aa.jpg
直腸の中は硬い便魂で満たされている。
中指を回転させると指の腹にGの硬い前立腺が確認された。
そこを軽く抑えるとGの陰茎はビクンと敏感な反応を示す。
「Gちゃん肛門と直腸は問題ないんだけどー
 ここが硬すぎるから血行をよくするマッサージするわねー」
ももこナースは中指の腹でGの前立腺マッサージをはじめた。
男性は普通でも前立腺マッサージを受けると 快感によりすぐに射精
したくなる。
しかし陰茎も同時にマッサージを加えないと簡単には射精に至らない。
ももこナースはGを焦らすような軽い前立腺マッサージを続けた。
tira22444.jpg
しかしGはもう射精したくて堪らないはずである・・・・・
女医の話で時間はたっぷりあるのを知りGを焦らすことにした。
Gの陰茎は すでにはち切れんばかりに勃起し我慢汁を下腹部に何摘も
垂らしている。
ももこナースはその我慢汁を潤滑剤代わりにして 亀頭を左の掌で包んで
ゆっくりと優しく撫でまわした。
「ううううう・・・・・看護婦さん あれがでそうです・・・・・・・」
「あーら Gちゃん なにがでそうなの?」
ももこナースはGを子供に見立ているので Gが射精することは許さないと
言うように 前立腺マッサージを止めては繰り返した。

そして
Gは20分も前立腺マッサージを繰り返された果てにドライオーガズムに
と昇りつめて間もなく射精した。
「あっ あーーーーごめんなさい」
その精液はGの乳首から口元まで何回か勢いよく飛び散った。
Gは ももこナースの指先だけでドライオーガズムを経験した。
それは普通の性交とは全く異なる女性が味わう深いオーガズムと
酷似しているとされる。
経験した事もない快感と感動で Gの瞳にはなぜか涙が溢れた。
「Gちゃん ごめんねー 辛かったのね」
ももこナースはGの涙を拭いて 飛び散った精液を優しく清拭した。
Gは すっかり ももこナースをあの時の看護婦に置き換えていた。
「お姉ちゃん ごめんなさい ぼく恥ずかしいよー」

「Gちゃん 大丈夫よー でもGちゃんは今日すごい便秘だから
 辛いでしょうけど お姉さんと浣腸頑張りましょうね~」
 「うん・・・・・・」
「 浣腸しやすいように また両足首を持ってちょうだいね」
ももこナースは ここまで焦らしてから Gに砕石位での浣腸措置を行う
ことで Gを倒錯の子供期へと誘い込むのだった。
e80341acsW.jpg
「Gちゃん 浣腸をいれるよー」
 3eerrw.jpg 
「こんども 辛いだろうけどできるだけ我慢しようね」
といいつつ
Gの尻タブを開いて硬い浣腸器の嘴(シカン)を肛門に挿入した。
することさっきの射精で萎んでいた陰茎が突如隆起しはじめた。
その後 Gの拍動に合わせてリズミカルに亀頭が上下している。
「Gちゃん 浣腸液をいれるよ」
ももこナースは2度目の浣腸を一気に100ccも注入した。
 Gはこの容赦ない浣腸液の注入感が堪らなく好きだった。

「うーーーーお姉ちゃん ごめんなさい もうやめてー」

ももこナースはそれを無視するかのように話かけた。
「Gちゃん この浣腸液を全部いれないと効かなのよ だから我慢してね」
残りの100ccの浣腸液を注入するとGの亀頭からは再び透明の液体が
溢れ出て恥毛に滴り落ちた。
「はーい 浣腸液200cc全部入ったよ えらいわね Gちゃん」
「これから お姉ちゃんと120数えようねーーー」
ももこナースはGの苦痛を紛らすように肛門を強く押さえ一緒に数を数え
始めた。
「いーち にーい さーん しーい ・・・・・・・」
グリセリン浣腸液200ccの威力は 凄まじく20秒しない内にGの大腸は
激しく唸り律動している。
「お姉ちゃん 苦しいよーーーもういいでしょ!」
「だめよーー いい子だから 120までちゃんと数えようね」
「にじゅういーち にじゅうにーい にじゅうさーん・・・・・・・」
「お姉ちゃん だめだめーー でちゃうよーーー」
どんなに便意が強くなっても肛門括約筋を強く押さえると内側に締まり
絶対に漏れないことまで ももこナースは熟知していた。
Gの額は苦痛で紅潮し大粒汗が浮かんでいる。
時々グーキュウグルルルーとGの大腸から異音が聞こえた。
Gは苦痛に顔を歪め仰け反り視線は天井の一点を凝視している。

「ひゃくいーち ひゃくにーい ひゃくさーん・・・・・・・」
「ひゃくじゅうはーち ひゃくじゅうきゅう ひゃくにじゅう!・・・・」
「Gちゃん えらいね我慢できたじゃない すぐトイレにいこうね」
ももこナースはGの肛門を強く押さたまま抱き起こしてトイレまで付き
添った。
便座に座りらせ肛門をから手を離したとたんに Gは恥ずかしい排泄
音とともに浣腸液を勢いよく排出した。
ももこナースな何も見てないかのごとく静かにトイレのドアを閉めた。
「全部だしたら 流さずに またブザーをおしてね」
Gは 排泄姿まで ももこナース見られて 止め処ない嗚咽と涙が流れた。
それは あまりにも短時間に起きた苦痛、排泄、快感により過去の体験
と現実が脳裏で入り乱れ、異様な精神状態に追い込まれていた。
{ううううう・・・・ おねーちゃんに全部みられたーぼくはもう・・・」

しばらして ももこナースはトイレのドアをノックした。 
「Gさま 大丈夫ですかー」
ももこナースはGを次の処置のために現実へと引き戻すことにした。

ももことGさまの浣腸室 第二部

しばらして ももこナースはトイレのドアをノックした。 
「Gさま 大丈夫ですかー」
ももこナースはGを次の処置のために現実へと引き戻すことにした。


ももこナースの巧みな誘導で子供の頃の浣腸と排泄のフラッシュバック
感覚に襲われていた Gは「Gさま 大丈夫ですかー」という丁寧な言葉に
一瞬にして我に帰った。
以前と違うのは自分の深層の恥部まで覗かれた恥ずかしい事実だった。
Gは「大丈夫です」とトイレのドアを開けたがももこナースを直視する勇気
はなく気弱そうにうつむいていた。 

「Gさま そうですねーさっきの浣腸で肛門のそばのバリウムは
 だいたいでたようですね」
 「でも腸の奥にバリウムが残っていますので これからそれを洗いましょう」
「こんどは奥の内診台で処置しますけど 大量の浣腸で汗も沢山かきますし
c7ee.jpg
衣服を汚すといけませんので上着も全部取りましょう」 

ももこナースはGに全裸で内診台に上がることをさらっと薦めた。
Gもいきなりそんな事を言われたら頑なに拒んでいただろう。
しかし先ほどの子供時代の体験で気分が高揚している上に、ももこナースに
また浣腸されたい強い願望が優先した。

「解りました おねがいします」
Gは全裸になり ももこナースに支えながら内診台に上がった。

ももこナースは手早く内診台の脚にGの両腿を革ベルトで固定した。
kan6688k0.jpg
こうなると 恥ずかしい肛門まで晒した まさにまな板の鯉である。

婦人科を訪れた女性の気分で全てを ももこナースに委ねた。

「ではGさま ここでまた浣腸しますが 排泄は下の盆に流れます
 ので安心して充分に我慢できますよ」
「まずは もういちど浣腸器で600cc入れて一度排泄してから
 次に高圧浣腸で何度か腸の奥まで洗いましょうね」
「実は妊婦さんにも高圧浣腸での大腸洗洗浄は大人気なんですよ」

「じゃー浣腸の準備しますねー」
ももこナースは楽しそうに次の浣腸の準備を始めた。

200cc浣腸器にグリセリン50%浣腸液を吸い上げるとかなりの重量が
あるので浣腸器の嘴の先を左手で押さえて慎重に浣腸器を持った。
a3ee.jpg

「Gさまおまたせしました また浣腸しますから肛門の力抜いてねー」
saki3aa.jpg 20130524202932160.jpg
ももこナースはGの小さな肛門を容赦なくグイっと拡げイチジク浣腸の数倍
も太い200cc浣腸器の嘴をグッと挿入すると一気に浣腸液を注入した。
「今度の浣腸は200ccで3回入れますからね」
kan6688k2.jpg
ももこナースはGの意向に関係なく、2本目3本目とGの肛門を嘴で侵し
ながら合計600ccのグリセリン50%の浣腸液をG大腸に注入した。
それはちょうどイチジク浣腸20個分に相当する量となる。
しかしGの大腸は先ほど浣腸で ほとんど空なので この量の浣腸液でも
長く我慢可能なはずである。
ももこナースは
横行結腸まで到達したであろう600ccのグリセリン浣腸液を上行結腸
から盲腸の近くまで大腸マッサージにより誘導しようと考えていた。
nejire3.jpg
「Gさまー ご気分は如何ですかー」
 「便意はありますが 大丈夫です」

「これから大腸マッサージして奥のバリウムも溶かしますね」
「台を傾けますので楽にして下さいね~」
ももこナースは内診台をリモコンで操作しGの体位をほぼ水平にした。
「では これから大腸マッサージしますねここが上行結腸の中間ですよ」
  mh900430481.jpg
「違和感や痛みがありますか?」
 「 大丈夫です」
「ではマッサージしますね~ 途中で出したくなりますが出さずに我慢してね」
「もし出ちゃったら排泄液が遠くまで飛んで床をよごしちゃいますのでねー」
ももこナースは あえて排泄受け使わずGにマッサージの間我慢を強いた。
実は これがかなり我慢の苦痛を強いられるのである。
Gはももこナースの優しいマッサージだけを想像していたのだったが・・・・・ 
とんでもない思い違いだったとすぐに知らされる。

通常はぬるま湯1000cc程度の浣腸でマッサージ行うところ
600ccのグリセリン50%浣腸液の大腸マッサージではまったく異なるのだ。
砕石位に近い状態で大腸マッサージをされて始めて2分も経つころには
ももこナースの卓越したマッサージで20秒おきに湧き起こる経験したことが
無い程の激しい便意と快感でGの全身は小刻みに震え油汗が噴出した。

7分後 ももこナースはGの我慢は限界だろうと思いつつも
「あと10分マッサージしますね~」
と優しい口調でも Gには浣腸拷問そのものという心境だった。
それから8分後   Gは遂に粗相してしまう。
「あーーーー すみませんんん あーーーごめんなさい」
一旦 出始めると もう止まらない 台に寝た姿勢で注入された浣腸液の半分
くらいを一気に放出してしまった。
すると
「Gさま わたしの忠告を無視しましたね 床掃除がたいへんなのにー」
「罰として 次は1000cc注入しますからね」
と言ってももこナースは下の棚から新たにグリセリン500ccを取り出そうと
前屈みになった。
その時 再びGの目入ったのは・・・・・・・
nf0083.jpg
ももこナースの長い肢体と純白のパンティ-だった。
Gは泣きたい気持ちから一転 また精気が沸いてきた。
それにしても なぜか室内には汚物臭ではなく爽やかな香りが漂っている。

実は、Gの肛門周辺には最新排泄受けが装備されており外部には臭いすら
出さないほどの清潔な最新鋭の内診台による処置だったのだ。
{よかった~ 排泄物は内診台の受け皿に流れていたんだーー}
{そして今度は1000ccもグリセリン浣腸される 怖いけど・・・嬉しいような}

「すぐ用意しますよー」
ももこナース は楽しそうに Gに背を向けて1000ccの浣腸液を調合している。
fr_goods_04.jpg qs1255_caution3nw.jpg
200cckan-1sg.jpg 400px-Enema.jpg
Gは思わず ももこナースの 尻に手を伸ばした。

「Gさん だめですよ! そんな悪戯は! これでもっと厳しい浣腸されたいの!」
200cckan
ももこナースは両手で大事そうに200cc浣腸器を持って振り向いた。

Gは ももこナースの口調の変化と、その大きな浣腸器をまた自分に使われるの
だと思うだけでひどく興奮した。
 「はい でも苦しい時は中止していただけませんか?」
「駄目です さっきの罰として この浣腸液を全部入れるまでは止めませんからね!」
kan2299aw.jpg
ももこナースは ビーカーに調合したグリセリン50%の浣腸液を静かに吸い上げた。
200cckan-1b.jpg 200cckan-1c.jpg
浣腸器に200ccのグリセリン浣腸液を満たすとずしりと重い。  

「Gさん 浣腸器を入れますから肛門の力を抜いてー」
「いれまーす」
200cckan-1ew.jpg
ももこナースは容赦なく浣腸器の嘴をGの肛門に突き刺しては次々と
大量のグリセリン浣腸液を Gの大腸に注ぎ込んだ。
(イメージ画像はエネマ痴帯より切り抜き Noは不明) 
Gは 浣腸器の嘴が肛門に刺さる度に高揚感から快感へと変わる感覚
を辛さの中に味わっていた。
「ううううう・・・・・・・・辛いですうううう・・・・・・・・」
「まだ我慢なさい これで5本目だから」
と言いつつ1000cc全てのグリセリン浣腸液をGの大腸に注入した。

ももこナースは
浣腸器を抜くとすぐに指サックを付けた中指を Gの肛門に挿入した。
 cckan-hx.jpg
「私の指で肛門を塞ぎますから絶対に漏らしたらだめですよ」
と言い挿入した中指の腹で前立腺を押さえリズミカルに振動させた。
rez111222wwa.jpg
Gの陰茎はこれまでに無いほど太く硬直し今にも逝きそうになっているが
もし今射精すると排泄してしまうだろうと思い必死で耐えた。

ももこナースはそれを無視して Gへのアナルマッサージを執拗に続けた。
やがてGの下腹部が痙攣したように振るえ始め 全身から汗が噴き出した。
そこでようやく指を抜くと、素早く Gの肛門に内診台にオプション装備され
ている特別な排泄受けをあてがった。
「Gさん よく我慢できましたね もう出しても いいですよ次は大腸・・」
Gはももこナースの言葉を遮るように 排泄し始めた。
「すっすみません つい・・・・・・」

ももことGさまの浣腸室 第三部

「Gさん よく我慢できましたね もう出しても いいですよ次は大腸・・」
Gはももこナースの言葉を遮るように 排泄し始めた。
「すっすみません つい・・・・・・」


しかし排泄音や匂いは排泄受けに吸い込まれ 当人の羞恥は低く抑えら
れる設計となっている。
これが太いスペキュラを使うことなく大腸洗洗浄ができるとの口コミで妊婦
やセレブにも人気を集める所以であった。
更に ももこナースを入れた5人のナース達の癒しの手技もリピーターを増
やす大きな要素となっていた。

1000ccの浣腸液を排泄し終えた Gは内診台の上で放心状態でいた。

ももこナースはGの全身の汗をコロン入り洗浄布で優しく拭き取りながら
つぎのメニューを説明した。
「Gさま さっきは本当によく我慢できました」
「ご褒美に これから 高圧浣腸で何度か腸の奥まで洗いますね~」
「大丈夫ですか?」
 「はい お手数をおかけします」
「いいえ これもお仕事ですから」
ももこナースは仕事と言いつつ 自分も楽しんでいた。
それはなぜか Gの快感に自分も強く共鳴できたからだった。
そして
Gが興奮しカウパー腺分泌液(通称ガマン汁)を流す度に ももこナース
も あそから愛液が涌きだすのを感じ始めていた。

ももこナースは天井から吊り下げられたフックに 満タンにした2000cc
の高圧浣腸器(イルリガートル)をセットした。
kan1-1a.jpg
Gの視線から見上げると その高圧浣腸器は恐ろしく大きく 見えた。
(ももこナースが言う高圧浣腸器とはirrigatorのことでドイツ語読みで
 イルリガートル 英語読みでイリゲーターと呼ばれる)


「では Gさま いまから高圧浣腸をかけていきますね~」
「大腸は空ですから 2000cc全部入れてみましょうね!」
「でも 途中で漏れない様にこれを使いますよ」
w_pikka01.jpg w_pikka02.jpg 
それはイルリガートルに装着して使用するピッカーカテーテルだった。
送気球を押すと 肛門の奥と手前でバルーンが膨らみ、送気球の解除ネジ
を緩めないかぎり絶対に排泄でがきない独特の医療器具である。

ももこナースはそのカテーテルの先にぜりーを塗り Gの肛門に半ば強引に
捻込むと肛門の奥で膨らむバルーンの送気球を何度も握り閉めた。
w_pikka06q.jpg
「ひっいいーー・・いやーー・・・やめてください」
Gはなんとも異様な感覚につい女性のような悲鳴を漏らした。
「あら~Gさまそんなことないでしょ ほらーあそこはピンピンじゃないの!」
「本当はすごーく 感じているんでしょ!」

ももこナースは意地悪そうに Gの懇願を受け付ける事無く、肛門の手前で
膨らむバルーンをパンパンに膨らませた。
w_pikka06q1.jpg
Gは 肛門の中と外から強く締めつけられたことで、下半身を何者かに掴まれた
ように身動きが取れない感覚になった。
そして便意があるのに 巨大な栓が少量ガスも漏らさない窮屈さが快感だった。

「さーて Gさま~ これからが本番ですわよ!」
kan5-0aw.jpg
ももこナースは イルリガートルから伸びた飴色のゴム管に付けた洗浄用括栓シカン
にピッカーカテーテルを繋ぎ コックを緩めた。
Gは暖かい浣腸液が直腸に流入する快感を今 初めて知った。
{これが女性に人気の高圧浣腸なんだー 気持ちいいーーーー}

大量浣腸の場合急速に浣腸液を注入すると 腸の反射により腹痛や強い
便意を伴う事が多いため、ももこナースは少なめの500cc/分の速度で
注入した。
すると2000ccは4分で入るが、最後の500ccは、男性のGでも大腸は
満杯になりかなり辛いはずである。
そこで
ももこナースは これまでの大腸洗浄での経験から特別な秘策を考えた。
「Gさまー 今500cc入りましたよー ご気分は如何ですかー」
「暖かくて気持ちいいです」
「では 続けましょうねー」
ももこナースは日頃 多忙でストレスも多いらしい Gへ癒しを考慮したナース
と患者の枠を超える特別のサービスを始めるのだった。

浣腸液が1000cc入ったところで、Gの下行結腸~横行結腸付近まで届いて
いるはずだ。
しかし
一気に上行結腸まで浣腸液満たすと膨慢感や腹痛を伴うことからリラックスの
為 ももこナースは洗浄用括栓シカンのコックを一旦閉じた。
「Gさま 大丈夫ですかー いまから腹部のマッサージをしますねー」
「ここからはアイマスクを付けさせて頂きます」
ももこナースは淡い香りのローズコロンのアイマスクを Gに掛けヒーリング音楽
を流した。
{なんだか気が遠くなりそうな・・・・・・・・・・・・}
Gは1000ccの浣腸液を体内に残したまま夢気分に包まれていた。
「失礼しまーす」
ももこナースは、左手でGの腹部を半時計周りにマッサージしながら もう片方の
手の中指を Gの股間に中心にある会陰(別名蟻の門渡)に当てた。
40ef739a24471603d1dd0eb5cb237aeb.jpg
「あっ・・・・だめで・・・・・」
Gは羞恥と罪悪感で体を捩った。
その体勢ではちょうど ももこナースの乳房がGの胸部に軽く触れる。
「す すみません」
{この軟らかさは ももこナースナースの乳房にちがいない!}
「いいんです このままで ねっ!」
ももこナースは そのままGの乳首に息を吹きかけた。
「あー ーーーーーすごい・・・・ももこさんーーー 」
Gは名札で知った ももこナースの名を夢心地で小さく呼び このまま永遠に
時間が止まって欲しいと願った。

次に ももこナースは Gの乳首に唇を当て乳頭を舌先で転がしながら腹部と
会陰のマッサージも同時に続行している。
ac_00006.jpg
「あーあああ・・・ももこさまーーー 」
Gの陰茎の血管はミミズが何匹も這ったように膨張し その先から溢れた粘液が
腹に滴り落ている。 

「Gさま まだ 往ってはだめですよー」
これから浣腸液の2000cc全部を体内にいれますからねー」

ももこナースは 再び洗浄用括栓シカンのコックを緩めた。
そして右手はGの左乳首、左手は会陰マッサージ更に唇はGの右乳首を捉える。
この体勢だと すでに硬く勃起した ももこナースの乳頭がGの胸部に強く押し当て
られる格好となる。 

Gには、鼻に淡い香りのローズコロン、耳にヒーリング音楽、胸部にナースの乳房
と乳頭、両乳首に ももこナースの指と唇、大腸に全体には暖かく気持ちいい浣腸
液、会陰には中指のマッサージ、肛門の中と外には パンパンに膨らんだピッカー
カテーテルバルーンが連携し強烈な快感を与えている。
「ももこさまーーーもうだめですうーーーいっくうううーー」
「Gさま もう少しの我慢ですよー」

Gは盲目のなかで狂おしいほどの快感に堕ちていった。
やがてあらゆる Gの筋肉が硬直し究極のドライオーガズムに達した。
射精を伴わないドライオーガズムは女性が味わう深いオーガズムとほぼ同じ
で一瞬では終わらない。
それは津波のように寄せては返し また寄せて永遠に続く 深い快感をもたらす。
その Gの深い快感に完全に共鳴している ももこナース自身も逝きそうになった。

いつのまにか1800ccの浣腸液が Gの体内に流入している。
kan6-6w.jpg
やがて
2000ccの浣腸液が 全てGの体内に流入したのを確認した ももこナースは
「Gさまーーーももこと一緒に逝きましょうね」
と Gの会陰から陰茎へと指先を移し優しく、また激しく上下に振動させた。
sen8833.jpg
Gは30秒もしないうちに
「ううう・・・・もう駄目です でっでるーーー」
と叫びながら勢いよく射精とともに絶頂に達した。
その精液は ももこナースの紅潮した頬まで飛んで 白く輝いた。

数分置いて ももこナースは
Gと自分に付着した汗と精液を綺麗に拭き取り下半身にバスタオルを掛ける
とそーっとアイマスクを外した。
その ももこナースの微笑みは、Gにとって まさしく癒しの天使そのものだった。
「Gさま たいへんお疲れさまでしたー いかがでしたか!」
「あのー ぼく こんなすごい感動は初めです 有難うございました」
「いえ Gさまと一緒に わたしも楽しめましたわ ありがとう」
二人は数年来の恋人の様に 互いの眸を見つめ合った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「さあて あっと言う間に もう40分もたっちゃいましたね」
「浣腸液を一度排出してから 最後に乳酸菌入り浣腸液で整腸しましょうね!」


高圧浣腸器(イルリガートル)に1000ccの微温湯と腸内フローラ用乳酸菌を
入れると準備完了である。
sen8833ww.jpg kan1-11a.jpg

ここから腸内フローラの専門女医が立ち会うことになる。
「Gさん最後の高圧浣腸の前にちょっと 直腸の方を観てみましょう」
 「台に四つんばいになってください」
「もう少しお尻つきだしてー 」
「肛門鏡を入れる前にゼリーをぬりますよ!」
kan809.jpg
「ひっ あっ あーー・・・」
Gは 堪らず情けない吐息をもらした。
{あー この人のアナルとても敏感ね・・ 私やももこナースと同じだわ}
kan808.jpg

kan810.jpg

kan812.jpg

kan813.jpg
「直腸は綺麗ですね」
kan815.jpg
「これから腸内フローラの高圧浣腸をかけていきます」
「ももこさん お願いね」

「Gさま 今度は横向きで浣腸しますよー」
「こちらに背をむけて お尻男つきだしてくださいねー」
ももこナースは女医の手前、事務的に処置を進めた。
「そうですね くだをいれまーす」
kan302.jpg
「いたくないですかー」
kan303.jpg
{ほぼ10cmね OK!}
kan304.jpg
「先生どうでしょうか」
「だめだめ 腸内フローラの高圧浣腸はもっと深くまでいれなきゃこうよ!こう」
女医は執拗にカテーテルを出し入れした。
Gのアナルは だんだんと敏感さを増している。
{だめだよ 先生 そこは今 感じすぎます!}
kan305.jpg
「浣腸液がはいりますよー」
kan306.jpg
「Gさま どうですかー」
 
「 もうだめ 出したいです」
Gはわざと辛そうにしてみせた。

女医と ももこナースは Gの心を読んだ上で 我慢を強いる。
「もうすこしですよー 辛いならうつ伏せになってみましょう」
kan308.jpg
「あともうすこしですよー」
kan309.jpg
「はい おわりでーす」 
kan310.jpg

「くだを抜きますから肛門をぎゅっとしめて」
「できるだけ我慢してから だしてくださいねー 排便は確認しますよ」
kan311.jpg

{我慢しないでだすと どうなるのだろう もしかして もう一回かも}
Gはくだを抜かれると 仰向け姿ですぐに内診台の排泄受けに出した。
「あーあー すみません」

「Gさん ごめんなさいね 滞留j時間がすくなかったので もう一度します」
「こんどは我慢しやすいように このバルーンでさせてくださいね」
{やったー おもいがけなく 先生にまで浣腸されるのは嬉しい}

「肛門の奥の方までゼリーをぬりますよー」
kan773.jpg

kan775.jpg

「バルーンをいれまーす」
kan776.jpg
 「息をはいてー」
kan777.jpg
女医は Gのアナルの感触みながら慎重にダブルバルーンカテーテル
を挿入した。
「はーい いりましたよ!」
「肛門の奥のバルーンを膨らませます」
「痛くないですか?」
Gは 先のバルーンの感触を思い出していた。
「なんだか便意がすごく強いです」
「大丈夫バルーンで肛門を塞いでいるので こんどは漏れませんよ」
kan778.jpg
「じゃー2回目の腸内フローラ高圧浣腸でーす」
kan779.jpg

「お腹痛いですか?」
「もう だめ お腹痛いです」

「あと300ccね もう少しですよー」

「全部入りましたよ では このままで2分間だけ我慢しましょう」
「うううううう くるしーーいい・・・・・・・・・・」
女医は Gの苦悩の表情を楽しんだ。

「はい2分我慢できました バルーンを抜きますからお尻をぎゅっとしめて」
「抜いたら また ここでだして いいですよー」

{最後に2度も高圧浣腸されるなんて 今日は最高についてるぞ}

「お疲れさまー 最後に整腸用の座薬も入れておきましょう」
kan817.jpg

kan816.jpg

「いけない まだひどく感じてしまった!}
「ぼくの我慢汁 先生にもばれたかなー}

「Gさん お疲れさまでした」
「また便秘で辛いときは いつでもいらっしゃい浣腸で楽にしてあげますから」

「有難うございます また伺います」
「是非近い内にね!」
と ももこナースと女医は意味ありげに微笑んだ。
{あっ いけない つい本音が・・・・・・}

Gは こうしても多くの浣腸や ももこナースらの手技を享受したのだった。
{こんど故意に便秘になって また来院してみよう}
「そして 癒し天使 ももこナースに・・・・ああああ夢か・・・・・・・・」

イメージ画は[The Examination ]より切り抜きでした。

ももことGさまの浣腸室 第四部

Gは こうしても多くの浣腸や ももこナースらの手技を享受したのだった。
{こんど故意に便秘になって また来院してみよう}
「そして 癒し天使 ももこナースに・・・・ああああ夢か・・・・・・・・」

それから数週間も経つのに Gは ももこナースにされた処置を思いだしては
悶々とした日々を過ごしていた。
自分でも200cc浣腸器とビーカーそれにグリセリンを購入して、ももこナース
を思い出しつつ やってはみたが、あの感動はとうてい得られない。
200cckan-1sg.jpg 400px-Enema.jpg

でも すぐに便秘になってあのクリニックを訪問するのは恥ずかしいし・・・・・
Gは完全に治療が必要なほどの医療浣腸の強い依存症になっていた。

{あー---また ももこナースに1000ccの浣腸をされたい・・・・・・}
pansei00072251.jpg
Gは前屈みでグリセリンを持ち上げる時の ももこナースの美しい肢体と
仰向けでグリセリン50%の浣腸液を1000ccも注入された甘い記憶を
呼び起こしては 何度も何度も自慰行為にのめり込んだ。
でもやはり自慰行為はなんか虚しい、やはり ももこナース浣腸されたい!
そして2日排便を我慢して偽便秘になろうと試すがどうしても3日目に排便
してしまい偽便秘にすらなれなかった。

2ヶ月後 Gは勇気を振り絞り あのクリニックに電話して ももこナースに今
の正直な気持ちを伝えた。
「あのー 僕はバリウムの便秘でこちらで処置していただいた Gですが
 実はももこナースに浣腸されて以来・・・・・・・・中略・・・・・なんです」
 {ついに言ってしまったー たぶん嫌われるだろうなー でも・・」

しばらく間を置いて ももこナースは予感していたように明るく応えた。
「あー あの時のGさまですね」
「そうですねー 浣腸の前には必ずレントゲン写真を見て判断しますので
 一過性の便秘では強い下剤の処方だけなんですよー」
「やはりそうですよねー すみませんでした 変な事を言って・・・・もう・・」
Gは馬鹿な事をした自分に呆れながら電話を切ろうとしたが・・・・・

「いいんですよ Gさまさえ宜しければ どこか別の場所で詳しい
お話をお聞きしましょうか?」
「え いいんですか有難うございます」
「わたしの連絡先は080********です17時から受けられますよ」
ももこナースは Gが3ヶ月以内に連絡してくるだろうと確信していた。
それは あの時 Gへの癒しを考慮したナースと患者の枠を超た特別サービス
を施した必然の結果だった。
しかし Gに取っては天国と地獄が混在したなんとも苦おしい2ヶ月だった。

Gはその日の17時になるのを待ち切れないで時計を何度も見ながら高揚した
気持ちをかろうじて抑えた。
それは初恋の人に愛を打ち開ける純情な少年そのものと言える。
そして待ち待った17時
Gは震える指で携帯の発信ボタンを押した。
「はい ももこです」
ももこナースは2度目コールですぐ出た。
「あのー Gですが すみません・・・・・・」
「Gさまですね 今日はこれから時間が取れますので
 わたしの友人のところに寄ってお話をしませんか?」
ももこナースは親友で元ナースの明実にGを紹介しようと先ほど電話で了解
を得ていた。
元ナースの明実のマンションには 浣腸に関するあらゆる器具が常時揃えて
あっていつで浣腸プレイが出来るようにしていた。
実は 最近の二人は女だけの浣腸やレズプレイに慣れてしまい、別の趣向に
も興味を抱き始めていた矢先だったのだ。
Gはその理想的な患者であり その上に ももこと明実の共通のタイプだった。

明実のマンションは クリニックから電車で一時間の場所にある。
ももこナースは明実のマンションの最寄の駅で18:30分に Gと待ち合わせ
する約束をした。

18:25分
「Gさま お久しぶりですー」
n225566ww.jpg
ももこナースは院内での清楚な雰囲気を壊さないラブリーなベージュの
ミニスカートにブラックのトップスを合わせた大人ガーリーコーデで現れた。
{私服での ももこナースもなんて魅力的なんだ}
「すみません お忙しいのに ぼくのために」
「いいんですのよ ついでなんですから」
 
「すぐに 明実ちゃんのマンションに行きますが大丈夫ですか?」
「はい もちろん大丈夫です よろしくお願いします」
とは言ったものの多少の不安に襲われる Gだった。
{どうして ももこナースはこんなに親切なんだろう なんか怪しいな}

オートロックを解除してもらい。28階に行くと明実が待機していた。
「もも いらっしゃい そしてGさんも」
明実はGをひとめ見て ももが Gをここに招いた理由を覚った。
Gはいつも明実が話している好きな男性像にぴったりと合致していた。
そして そんな男性にナースとして浣腸したい密かな願望があることを
ももこナースは察知していた。

「さーどうぞー」
明実はいつになく嬉しそうに 声も弾んでいる。
Gと ももこナースは20畳以上もあるだろう広いリビングに通された。
lb2244.jpg
その高層マンションからの眺める夜景は実に素晴らしいものだった。

「Gさん ようこそ これでリラックスしてね」
すっかり緊張しているGに明美はおしゃれなカクテルと手作り料理を薦めた。
青カクテル  20151205153259ec6.jpg
「ももちゃんも いつも通り遠慮なくね!」 
「あたし明美の手作り料理大好きなんだ いっただきまーす」

19:30分
やがてほろ酔い気分になった ももこナースが切り出した。
「Gさんね ももこのクリニックで浣腸されたとき沢山の・・」
「やっ やめて下さいよー」
Gは赤面してももこの話の腰を折った。
「あら いじゃない あたしたちも お浣腸大好きなのよ」
明美はすかさず助け舟をだした
「そうよー 浣腸されて性的興奮することは健全な証よね明美」
「そうそう ももの言う通りよ だから Gさん何でも気軽に相談してね」

Gは二人に催眠術を掛けられように
自分の性癖を赤裸々に告白し、その強い思いに苦しんでいることを
つぶさに明かした。
「やっぱりねー これは医療浣腸依存症という立派な障害なんですよ」
「ほっておくと もっと酷くなるので今日治療しちゃいましょうよ」
「でもー・・・・・・・」
「大丈夫 あたしも明美もナース経験が深いし適切な対処をしますから」

「Gさんちょっと待っててね いま準備してきますから~ もも・・・」
明美は ももこにウインクで合図し席を立った。

20:30分
「Gさま お待たせしましたー 準備出来ましたから診察室へどうぞー」
n225566.jpg
 {すごい! 本物のナースだ!}
案内された診察室で二人のナース姿を見ると どこかのクリニックに迷い
こんだ錯覚に囚われた。
明美は ももことのプレイをリアルにする為にマンションの一室を医療浣腸
室に改装していた。

「Gさま これから医療浣腸依存症の治療をしていきますよー」
「そのためには幼少期に戻って依存症の原因から治療する必要が
 ありますのでこれから その場面から再現しましょうねー」

「さあ Gちゃん その台に仰向けに寝てね」
「パンツおろしますよー」
「そしたら 膝を抱えて 深呼吸してねー」
ももこナースはGの尻タブを両手で広げて肛門のひだまで露出させた。

「明美ナース Gちゃんに浣腸お願いしまーす」
Gは酔いと混乱の中で徐々に幼少期へと導かれていった。
「おねーさん 浣腸はいやだよー ぼくもう帰る」
「だめよ Gちゃん 何日も出していないんでしょ」
「今から全部出して お母さんにも安心してもらいましょうねー」
「暴れるともっと大きな浣腸しますよ」
「ももこナース しっかり抑えててよ」

明美は ももこナースから受け取った200ccガラス浣腸器をGに見せ
つけるように浣腸器の嘴を目の高さに合わせて注射器の空気を抜く
要領で慎重に浣腸器に残った空気を抜いた。

Gはいつもナース達が自然に取るその姿を見るだけで 幼心にすごく
恐怖心を覚え観念するのだった。
IMG_4842ss.jpg
nu0902.jpg

明美ナースは本気で嫌がっていたのに急に静かになった Gの肛門に
浣腸器の嘴を刺し込んだ。
「Gちゃん 浣腸液をいれるよ」
明美ナースは容赦なく一気に200ccの浣腸液を注入した。
n225566wwz.jpg
「あーーーん お姉ちゃん いやだよーごめんなさい もうやめてー」
「だめよ Gちゃんはいつもそう言って すぐにだしちゃうでしょう」
「今日は明美ナースが許しませんよ ももこナースつぎの浣腸頂戴」

ももこナースは 先ほど大目に調合しておいたグリセリン50%の浣腸
液1500ccの器から400cc目を吸い上げて明美に渡した。
kan3377uw.jpg
また明美ナースは ガラス浣腸器の嘴を Gの目前に持って行き浣腸器
の空気を抜くと おもむろに G肛門に浣腸器の嘴を挿入した。
明美ナースは この動作により Gが大人しくなることを1回目の浣腸の
時に見抜いていた。
 
「Gちゃん あと1回いれるから 途中でぜったいだしちゃだめよ」
「すぐに出すと次は2倍いれますからね!」
明美ナースは Gが我慢出来ないのを承知した上で次は2倍の800cc
も入れると言うのだ。
Gは明美ナースの容赦のない厳しい対応で すっかり昔体験した場面
に引き戻されていった。
Gはあの当時から大好きなナースに浣腸されたときは 我慢もそこそこ
に出してしまい追加浣腸をされていたのだ。
「うんーーーーん お姉ちゃん もうでる でるーごめんなさい でるー」
Gは30秒も我慢しないで泣き叫んだ。
「しょうがない子ね」
「じゃー おきて このオマルに出しなさい」
41PWMJmuCGL.jpg
明美ナースは Gの羞恥心を煽るように子供用キティおまるを差し出した。

「でるー お姉ちゃん みないでー はずかしいよー 」
それでもグリセリン50%の浣腸液400ccの効果は凄まじい。
Gは子供用のキティちゃんおまるに跨り浣腸液だけを排泄した。

「あら Gちゃん やっぱり出たのは浣腸液だけじゃない 今度はさっきの2倍よ!」
「つぎは ももこナースお願いね」
nf0087.jpg
こな時でも Gには背を向けた明美ナースのパンティーが 懐かしく映った。 

「さあ Gちゃん また浣腸しますよー」 
ももこナースは明美ナースより優しく言った。
しかし次はグリセリン50%の浣腸液800ccも注入することになるのだ。
それは大腸が空でないかぎり 大人でもかなりの苦痛を伴うはずである。
「明美ナース Gちゃんの尻を開いてしっかり抑えてくれる」
「Gちゃん これで浣腸4本しますよー」
ももこナースも いつもの癖で浣腸器の嘴を目の高さにして注射器の様
に持って中の空気を抜いた。
n225566wwew.jpg
Gは ももこナースのその姿と浣腸器の嘴を恐怖に満ちた視線で見つめた。
「じゃーあ 1本目の浣腸ねー」 
ももこナースの口調は優しいものの200ccガラス浣腸器の嘴を Gの肛門
にいれると躊躇なく200ccの浣腸液を注ぎ込んだ。
「うううううーーーいたーいーー」
「だめよ Gちゃん 動かないでねー」
「明美ナース 次の浣腸を頂戴!」

「じゃーね つぎは2本目の浣腸ですよー」
ももこナースの優しい態度は逆に浣腸される Gに苦痛を倍増させた。
「うーーーーん お姉ちゃん お腹いたいよー もうやめてー」
「明美ナース Gちゃんが動かないようにもっと しっかり抑えて!」
「Gちゃん あと2本だから辛いけど我慢しようねー」
「つぎは3本目よ」
優しい ももこナースは休みなく600cc目の浣腸液を注ぎ込んだ。
「ううううーーーいたいよー もういやだー おかあさーん」
「Gちゃん あたしたち おかあさんにたのまれたの 最後の1本だから我慢ね」
「うううう でるー お姉ちゃん嫌いだよ おうちにかえるー 」
「Gちゃん 男の子でしょ 我慢できるわよねー」
ももこナースは優しくも抗えない迫力で800cc目の浣腸液をGに注ぎ込んだ。
「Gちゃん えらいわー」
「最後にあと1本だけ 我慢しよう!」
ももこナースはGを安心させた上で 騙し撃ちのよう1000cc目の浣腸液を注ぎ
込んでいる。
「うううううーーーうううっ  お姉ちゃん 騙すなんてひどいよー やめてよー」
Gは半ば狂乱になり叫び悶えた。
「はい おわりよー いいこだったねー」

「こんどは おねーさんたちがも れないようにお尻にふたをしてて
 あげるから だすのを もうすこーしすこし我慢しようねー」
ももこナースは浣腸器の嘴を抜くなり 自分の中指をGの肛門に差し込んだ。
n225566wwz1.jpg  n225566ww2.jpg
「明美ナースは Gちゃんの上半身をお願いね!」  
明美ナースは 抜群の連携動作でGの腹部を乳房を押し付けながら Gの乳首
を指先と舌で性交の前戯する時のように丹念に優しく愛撫した。
男性でも乳首を攻められると 女性ほどではないが相応の快感を覚えるはずだ。

「あー Gちゃんのおちんちんもげんきねー どうしてかなー」  
と ももこナース達はGを子供扱いしながらも 肉体は大人のGの体躯を弄んだ。

明美ナースは 時折 Gのはち切れんばかりの陰茎にもしごきを加えている。
ももこナースも Gのアナルと前立腺を巧妙に刺激しつつ 逝かせず休ませずと
二人で息を合わせ絶妙なバランスを取っている。
「あーうううううううっ  お姉ちゃん もう出していいでしょ」
「あら ~Gちゃん何をだしたいのー」
「ほんとうは こっちを出したいのでしょ!」
n225566ww3.jpg
ももこナース達は男性の身体を弄るのはナースの特権とばかりに楽しんだ。

21:30分
Gはついに1000ccの浣腸液と ももこナース達の激しくもまた優しい愛撫の前に
これまでに経験したこともない気を失うほどのドライオーガズムに達した。
「もも もう あぶないわね しっかり肛門を抑えてて」
明美ナースはすばやく Gの肛門に 時前に準備しておいたホース付き大腸洗浄用
スペキュラーを挿入した。
n225566ww4.jpg
このスペキュラーの先端には30℃で溶けるチョコレートのキャップが付いている。
n225566wwe.jpg
Gにスペキュラーを挿入するとすぐにチョコレートの栓が溶け大量の排泄液が透明
のホースを通過し流れ出すのが確認された。
同時に Gはその開放感と無上の快感により勢いよく射精した。
「あう ああああーーーー出ちゃったーーごめんなさいーーー・・・・・・」
Gはそのまま失神してしまった。

22:10分
Gが目覚めると・・・・・・・

ももことGさまの専用浣腸室 第五部

同時に Gはその開放感と無上の快感により勢いよく射精した。
「あう ああああーーーー出ちゃったーーごめんなさいーーー・・・・・・」
Gはそのまま失神してしまった。
22:10分 Gが目覚めると・・・・・・・

ももこナースと明美ナースが Gを目覚めを待ち望むように微笑んていた。
「Gさん  お疲れさまー 如何でしたかー?」
「はあ ぼくいつのまにか いい気持ちで眠ってしまったのですね」
「いえ 射精したあとの血圧低下で失神されていたんですよ お帰りなさい」
明美ナースは真顔で説明した。

「さてと これから医療浣腸依存症の仕上げの治療に移りますよ」
「あと1時間くらい掛かるので わたしの車でご自宅まで お送りしますね」
明美ナースは時間も遅いので てきぱきと話を進めた。
Gは仕上げの治療が どんなものか想像すらできないで呆然としていた。

明美ナースとももこナースは Gが失神しているのを幸いに軽く絡みながら
Gの医療浣腸依存症の仕上げ治療方法についての大枠を決めていた。
rez111222ww.jpg

まだ半分虚ろな Gに ももこナースが治療方法を説明した。
「Gさん これから私たちが互いに浣腸をしあっているのをご覧いただきます」
「この目的は Gさんが幼少期に体験されたトラウマを解消するためなんです」

「その前にグリセリン50%の大量浣腸液で荒れた大腸を沈める浣腸します」
ももこナースはGの様子を気にしない素振りで説明を続けた。

「ではGさま 今度は微温湯アロマ浣腸液を600ccほど注入します」
「お腹は痛くなりませんので 浣腸液はしばらく留置しますよー」

「今度は私に背を向けて膝をついてそのまま前屈みになっ下さいねー」
「浣腸器の嘴(シカン)を肛門に入れますから もう少しお尻を突き出してー」
「そうです お口で深呼吸して~」
浣腸器の嘴をあてがうと、その嘴は Gのアナルに抵抗もなく吸い込まれた。
Gはその快感で「ああー」とため息をついた。
「浣腸液が入りますよー 大丈夫ですか~」
UIWW22.jpg
Gにとっては何度されても堪らない至福の瞬間なのである。
「はい 200ccほど注入終わりましたよ!」
「あと2本いれますねー」
ももこナースは2本、3本とたて続けにアロマ浣腸液を Gに注入した。
「はーい 600cc全部注入終わりましたよ!」
「浣腸器を抜きますから肛門をギュッと閉めてくださねー」
「便意は無いはずですが念のため これで塞いでおきましょうね いれまーす]
37.jpg ponrr33.jpg
「空気で肛門の中のバルーンを膨らませますよー」
Gは 肛門の中からの圧力に刺激されすぐに陰茎が太く硬直した。

アロマ浣腸液600ccの効果はすぐにあらわれた。
便意や大腸の暴慢感なく下腹部が暖かく奇妙に心が落ち着いた。
しかし性感だけは敏感で、先ほど聞いた二人が互いに浣腸をしあう場面
を妄想し早く見たい衝動で再びカウパー腺分泌液(通称ガマン汁)が湧き
出していた。
「あら~Gさんまた元気になったのねー」
e80341acs.jpg

「じゃあね Gくん仰向けになって楽にしててねー」
ももこナース達はこれから Gに二人の浣腸姿を見せるにあたり Gの姉さん
看護婦として振舞うことにした。
Gは ももこナースの「Gくん・・・・」との呼びかけで 簡単に ももこナース達を
自分よりひと回り年長の看護婦のように錯覚した。
それは これまで受けた羞恥の処置とアロマ浣腸液600ccの効果、それに
ももこナースの癒しの効いた声色にあった。

「Gくん 元気になっても 自分ではださないであたし達を見ててねー」
「はい」
Gの股間はちょっと触られるでけでも射精しそうに過敏になっている。

「じゃあ 明美ちゃん 浣腸の前に
 肛門の触診するから台に四つんばいになってね」
ももこナースは いつもの流れで明美ナース肛門を人差し指を挿入した。
66gguu.jpg
「ああーももちゃん Gくん が見ているのに恥ずかしい~」
「でもすごくいいいわ~ もっと奥の方も診てー」
66gguuss.jpg
ももこナースは 中指に入れ替え肛門の奥の方まで念入り触診した。 
もともと肛門が強い性感帯である明美ナースは、たったこれだけでも
凄い興奮を見せた。
「まあ 明美ナースは今日は特に感じやすいのね」
「Gくんが見ているからかしら?」
「さあ これくらいで 次は浣腸よ」

「後ろから浣腸するから覚悟してね!」
ももこナースは クリニックと同じのビーカーに調合したグリセリン50%の
浣腸液を200ccの浣腸器にシューと音を立てて吸い上げた。
200cckan-1b.jpg 200cckan-1c.jpg
「覚悟はいいね 明美ナース! 1本目よ!」
kan4455ff.jpg
「どおお? まだまだ 大丈夫よね!」


「2本目は横向きでの浣腸!」
kan2299b.jpg kan2299c.jpg

「3本目はまた 四つんばいになって」
「浣腸されてる表情が最高よ 明美ナース!」
kan 3468
「600cc入ったよ そろそろ辛いころよね!」

「4本目は椅子に掛けなさい 今度は背後からの浣腸よ!」
ももこは自分の鼓動もだんだん早くなり浣腸器をもつ両手が震えた。
200cckan-1d.jpg

「もっと お尻をもっと突き出しなさい」
ももこナースは明美ナースの肛門に容赦なく浣腸器の嘴を突き差した。
200cckan-1e.jpg
「あっ ああああ つらいー」
ももこは 今度はゆくりっと、200cc浣腸器の中筒を押し続ける。
200cckan-1f.jpg
「あうっううううう 気持ちわるーい でも・・・この感触いーわ」
明美ナースは大腸に広がる浣腸液の刺激を、苦痛と同時に性感とし
て楽しいでいるようだ。
「もっと もっとよくなるわよー」
ももこは更にゆりっと、浣腸器の中筒を押し続けた。
200cckan-1g.jpg
「はい 4本目全部入ったわよ」
明美ナースは、顔を横に激しく振り必死に耐えながら陶酔感に浸っている。
そして額には玉の汗が浮かんでは床に流れ落ちた。
ももこナースは その苦しそうな、表情の明美ナース見て、いつもよりもっと
厳しく責めてみたくなった。
今日の ももこナースは何時になく自分にSっ気が有ることに喜びを感じている。
「Gくん あたしたちの浣腸姿よーくみておくのよ!」
ももこナースは怖いほどの迫力を持って Gを睨みつけた。

明美ナースの額の油汗は次々と玉状になり床を塗らしている。
「ももちゃん もう限界なの トイレにいかせて おねがいよ」
「だめよ 明美ナースまだ10分しかたってないもん」

「明美ナース 最後にもう一回浣腸します!」
ももこナースはビーカーに残った浣腸液200ccの全てを空気と一緒に吸い
上げてから浣腸器の空気を抜いた。
200cckan-13.jpg
「明美ナース いま何をされてる? 言いなさい」
200cckan-43.jpg
「うっうっ・・・・・・もっ ももこナースに浣腸されています」

「ん?聞こえないわ! Gくんに判るように大きな声で言いなさい」
「・・・・・ ももこナースに浣腸されています」
「そうよね 明美ナースは ももこに浣腸されるのが好きなのよね」

「それなら、どんどん浣腸液を注入してあげるね」
ももこは、浣腸器の中筒をいっきに押て200ccの浣腸液を注入した。
「うっ・・・・・・・辛い・・・・でもいい・・・・・ももちゃーん」
明美ナースは陶酔感に浸りながら、わけの解らないことを呟いた。

「明美ナース あと5分我慢できるように ももこの指で栓してあげるね」
ももこナースは、浣腸器を抜き取った明美ナースの肛門に中指を挿入した。
anal444.jpg
「ももちゃーん いいわー 逝きそう」
「明美ナース まだ逝っちゃだめよ このままトイレにいきましょ」
ももこナースは明美ナースの肛門に中指を挿入したまま腰を抱いた。
浣腸専用のトイレは ほんの数歩先だが途中で出すと後が大変なので
慎重に進んだ。

明美ナースが排泄を終え身なりを整えている間に ももこナースは天井から
吊り下げられたフックに2000ccと1500cc浣腸液を入れたイルリガートル
を目の高さにセットした。
kan3-1ww.jpg
それは
ももこナースが明美ナースにされる高圧浣腸と、もう1個は別の目的の為
の浣腸の準備だった。
Gはその光景を不思議な思いで無表情で眺めていた。

10:45分
排泄を終え軽くシャワー浴びて身なりを整えた明美ナースが現われた。
「ももこナース さっきは厳しいお浣腸を有難うね!」
「こんどは あたしが前のように高圧浣腸してあげるわね」
明美ナースは ももこに初め高圧浣腸した時のようにしてあげると言う。
「じゃー 診察台に四つんばいになってねー」
明美ナースは時間も遅いので いきなり高圧浣腸を実施することにした。
「管をいれるよー」
vv5577wwx.jpg
「まず 浣腸液1500ccいれるよ 大丈夫?」
「えー そんなにー」
「なに言ってるの わたしにはグリセリンで1000も入れたくせにー」
「なんなら そっちに変えてもいいのよ」
「それはちょっとー じゃあー高圧浣腸のほうで我慢してみるわ」

「ほら もう1000cc入った 大丈夫でしょ! あと500ccよ!」
「ここで ちょっとグリセリンも追加してみようね」
vv5577wwxx.jpg 「えー そんな ひどよー明美ナース」
明美ナースは ももこナースの悲鳴を無視してグリセリン250ccを追加して
グリセリン30%で750ccの浣腸液とした。
「また 入れるよー お腹のマッサージをしてあげるね」
「ううううう・・・・お腹はるー それにーーーー」
グリセリン30%とはいえ 1000ccでぼぼ満タンの大腸には750ccの浣腸液
は相応に辛いはずだ。
明美ナースはももこナースの腹部をマッサージしながら耳元で囁いた。
「これから Gさんと並んで浣腸するよ」

シャワー中に明美ナースが指示したイルリガートル2個に2000ccと1500cc
浣腸液用意した理由はこれだったのだ。

「Gくん こっちにいらっしゃい 今からももこナースと並んで浣腸するの!」
「えっ ぼくにも高圧浣腸を?」
「そうよ Gくん はやくここに来なさい!」
明美ナースは年配の看護婦風に強い口調でGに命令した。
「そう 四つんばいになってお尻を突き出して はやく!」
「管をいれるわよ」
明美ナースは Gの肛門に入ったバルーンを抜くと、高圧浣腸のバルーン
カテーテルを手早く挿入し肛門の奥のバルーンを空気で膨らませた。
ももこナースにも同様にバルーンカテーテル挿入し空気を入れた。
k9sssddw..jpg
こうなると明美ナースがバルーンの空気を抜かない限り二人とも排泄は
絶対に出来ない。
ここで
明美ナースが思い描いた ももこナースとGが並んで高圧浣腸をされる卑猥
な図が実現した。
さらに Gにとって驚きの嬉しいサプライズまで考えていたのだった。

「さあ Gくん! ももこナース! 最後の浣腸液をいれるよー」
二人は太腿が触れ合うほどの距離で羞恥の高圧浣腸をされている。
k9sssdd.jpg
「Gくんは全部入るとアロマ浣腸と合せて2600ccね」
「ももこナースはあと300ccで1750ccね でも最後はグリセリン30%
 だから ちょっとつらいかもね! うふふ・・・・」
明美ナースは ももこナースの腹部のマッサージをしながら勝ち誇ったよう
に言葉を弾ませている。
「Gくん2600cc浣腸液をきみの大腸が飲み干したらいいことしてあげる!」
「これは きみの医療浣腸依存症の仕上げの治療にもなるのよ」
と明美ナースは意味深気にGだけに囁いた。

やがて ももこナースに繋がったイルリガートルは空になって揺れ始めた。
Gに繋がったイルリガートルはあと200ccを残しなかなか空にはならない。
それから1分しても状況は同じだった。
「もうよさそうね Gくん いよいよ治療の仕上げよ」
明美ナースはGに繋がったカテーテルから浣腸液を500ccだけ排出して
次に ももこナースに繋がったカテーテルをGに繋がったカテーテルとを繋
ぎ合せてコックを開いた。
「ああああーーこれはーーーももーー」
その瞬間に ももこナースの腸内のグリセリン30%の浣腸液が Gの体内
に流入してきたのだ。
「あうううーーやめて下さい これは ももこナースの・・・」
明美ナースは 右手で Gの陰茎に強い刺激を与えながら 左手で ももこ
ナースの膣とクリトリスを刺激しつつ敏感な脇下も舌で舐め廻した。
rez111222.jpg
ももこナースはGへの浣腸液の排出感と明美ナースの3点攻撃で簡単に
オーガズムに達した。
「あああああーー逝くうううう」
当然にオーガズムの腹圧により体内の浣腸液が Gへと大量に流入する。

Gはももこナース暖かい浣腸液と明美ナースの陰茎への刺激でたちまち
射精してしまった。
そうするとGの腹圧は急激に下がり ももこナースの腸内細菌が浣腸液と
ともに Gの大腸内に流れ込んだ。
「ああああああーーももこナースーーー」

Gはももこナースと一体になった感激と喜びで涙が溢れた。
すると下腹部に精気が戻り やがては Gの体内で混合された腸内細菌が
Gの大腸からももこナースの腸内へと逆流して流れ込んだ。
「あーーいいわーーGくん もっとほしいわーー」
ももこナースは横を向いてGの頬に火照った唇を押しあてた。
Gは ももこナースの意外な行動に触発され興奮すると Gの腹圧が更に上
がり こんどは Gの大量の浣腸液と腸内細菌がももこナースに流入した。
こうして二人の浣腸液と腸内細菌の交換は十数分以上続いた。

11:10分
一部始終を観ていた明美ナースが ちょっと嫉妬気味に声をかけた。
「もういいでしょ!Gくん ももちゃんも!」
「これが医療浣腸依存症の仕上げの腸内フローラ治療よ」

排泄を済ませ 浴室でシャワー浴びてから広いリビングに移動すると、明美
が軽食と戴き物というフランスの1965年物ワインを用意していた。
シャトー ラフィット ロートシルト knob-white-wine1-1.png
1965年 シャトー ラフィット ロートシルト(赤ワイン)はルイ15世の寵姫
ポンパドール夫人に愛され貴族の間で名声を得た最高級ワインでエレガントで小ぶりで
シンプルなラベルとともに、シャトーの名は、歴史、敬意、そして長寿の代名詞となってる。.

「わー これフランスのヴィンテージワインじゃない 明美いいの?」
「ワインに目が無い ももちゃんでもめったに口に出来ないものよね」
「今日は Gくんが参加した記念として特別よ!」
「飲むチャンスがなくて ずーとワインセラーの奥で眠っていたの」
「明美は よほどGくんのことを気に入ったのね」
3人は特別な風味のヴィンテージワインを飲みながら くつろいで談笑した。

暫らくして明美ナースがGに話かけた。
「ところで Gくん どうだった?ももこナースとの腸内フローラ初体験は?」
「最高です! 感激で 男なのに涙がなぜか止まりませんでした」
「それは 長年のトラウマから開放された 証拠よ ねーももちゃん」
「ところで ももちゃんは・・・・・」
3人は暫し過去の浣腸体験話などに花を咲かせた。

11:45分
「あー もうこんな時間よ! 今日は Gくんもいて特別に楽しかったわ」
「これからは3人で楽しく 唯一無二の浣腸感覚を極めていきましょうね!」
3人は抱擁し合い 素晴らしい宝物を共有出来た幸運の出会いに感謝した。

その後 トラウマから開放された Gは大人としての新しい浣腸の世界に踏み
出すことになるはずだったのだが・・・・・・・・

ももことGさまの専用浣腸室 第六部

「これからは3人で楽しく 唯一無二の浣腸感覚を極めていきましょうね!」
3人は抱擁し合い 素晴らしい宝物を共有出来た幸運の出会いに感謝した。
その後 トラウマから開放された Gは大人としての新しい浣腸の世界に踏み
出すことになるはずだったのだが・・・・・・・・


その為は 数週間以内に再度の医療浣腸依存症の最終治療が必要だった。
しかしGは多忙な仕事と海外出張が重なり 重要なタイミングを一ヶ月も超え
てしまった。
それは また幼少期のトラウマがぶり返すことを意味している。

帰国したGは どうして もももこナースが勤めているクリニックで優しく、そして
厳しく浣腸さてみたい…四六時中そんな願望が頭の中を駆け廻った。
その欲求は日ごとに強くなるばかりだ。

ももこナースには このところ ひと月も連絡しておらず今の悩みを打ち明ける
か迷いつつも 悶々と過ごしていた。

ももこナースはGからの連絡が途絶え心配だったが もう少し待とうと考えた。

そんなある日.Gは寝不足と各種復合のストレスにより酷い便秘になった。
Gは此処に至り ようやくももこナースの携帯に電話しこれまでの事情を説明
し非礼を詫びた。

「そうですかー 心配してたんですよー」
「酷い便秘なら これからすぐ来られませんか?」
「今日は午後の予約が入ってませんので」
「いいんですか? じゃー16時頃にお邪魔します」
「どうぞ お待ちしてます」

ーーーー15時50分ーーーー
Gは ももこナースが勤めているクリニックの受付にいた
「ももこナース Gさまが見えました」
連絡を受けたももこナースがすぐに受付に現れた。

「Gさま いらっしゃい」
 「すっ すいません よろしくお願います」
Gは緊張気味に頭を下げた。
「すぐに検査して 処置しますから3階にいきましょうね」
このクリニックでは便秘患者はまずレントゲンを撮影し処置を決める。
前回と違う女医がレントゲンを画像を見て浣腸で出す処置を提案した。
「Gさん 酷い便秘ですね これはすぐに浣腸で出すほうがいいですね」
「どうなさいますか?」
 「では早く楽なる方法でお願います」
さすがに Gは浣腸してほしいとは言えず言葉を濁した。
「では 準備させますので2階の浣腸室の前でお待ち下さい」

「2階の浣腸室 あーここで待つのか」
kan1-0a.jpg
開け放たれた浣腸室の中には浣腸専用ベッドが見える。
浣腸室は二部屋あり 先客に6才くらいの子供を連れた親子がいた。
端正な顔立ちの若い母親は Gを見て軽く会釈した。

「お母さん これから けんちゃんに浣腸しますからこちらに入って下さい」
「けんちゃんは酷い便秘ですので 今日は何度か浣腸することになります」
「ですので母さんも けんちゃんと一緒に頑張ってくださいね」
「分りました 私が この子の我侭を抑えますので厳しくやって下さい」

Gはたまたま居合わせた その場面と会話に自分の体験を重ねた。
そして ついに ももこナースに浣腸される期待でパンツをカウパー腺分泌液
(通称ガマン汁)で下着の一部を濡らした。
Gにとっては この数分間が 夢のような至福の時間でもある。
ーーーー16時20分ーーーー
「Gさま おまたせしましたー 浣腸しますので こちらへどうぞー」
kan1-0c.jpg kan1-1.jpg
今回のももこナースは浣腸室での処置に合わせ作業パンツにエプロン
姿で現れた。
これは もし患者が浣腸中に粗相をしても手早く対応出きるユニフォーム
となっている。
Gは初めて見る ももこナースの作業パンツ姿も素敵だなと見惚れた。
「Gさま いまから浣腸しますよー」
「ズボンのベルトを緩めてベッドに仰向けに寝てくださいね」
ももこナースはあえてGが幼少期にいつもされた体位で浣腸することで
Gの医療浣腸依存症の最終治療を兼ねることにした。
それには再度Gを幼少期に戻す必要がある。

ももこナースはGの耳元で子供を諭すように優しく語りかけた。
「Gちゃん 何日も出なくてつらかったねー すぐに楽にしてあげるね」
「 パンツを下ろすよー ちょっと腰を浮かせてー」
 「うん でもおねーちゃん ぼく 浣腸はいやだよー」
Gはまるで催眠術を施されたように素直に幼少期に誘い込まれた。
それは 念願の看護婦に浣腸をされるという 強い期待と ももこナース
の優しいトーンの呼びかけの賜物だった。
Gは目を閉じて幼少期の記憶に浸り得も言われぬ陶酔感に包まれた。

隣の浣腸室では 浣腸処置をしようとする看護婦と親子の声が聞こえる。
「けんちゃん今から浣腸するから仰向けになってねー」
「お母さん浣腸は嫌だよー もうお家帰りたいよー」
「だめよ けんちゃん いま出さないとお腹がもっと痛くなるのよ」
「お母さん すみませんが けんちゃんの両足を持ち上げてくださいますか」
「分かりました 看護婦さん」
母親は強引に息子の両足を持上げて砕石位を維持させているらしい。
saiseki-k-1w.jpg
「いまです 看護婦さん浣腸して下さい」
「けんちゃんごめんねー浣腸いれまーす」
「痛い 痛い やめてよー もう浣腸はいやだよー 」
Gはその情景を自分が過去に浣腸された場面として脳裏に浮べていた。

ももこナースは偶然に訪れた最高のシチュエーションに乗って処置を進める。
「じゃねー Gちゃんいまから この浣腸を入れるの 両手で膝を抱えてねー」
ももこナースはGを甚振るように300ccもある大きな浣腸器を見せつけた。
nu0884d223a.jpg
浣腸器にはグリセリン50%で300ccもの浣腸液が満たされている。
子供目線でみる300cc浣腸器は 恐怖の特大注射器に見えに違いない。

「Gちゃん 浣腸を入れるからお尻の力を抜いてあーと声をだしてねー」
 Gは観念したように指示に従った。
「あーーーーー」
すると浣腸器の太い嘴はGのアナルにするりと抵抗もなく挿入された。
re11667w23w1v.jpg
そして ももこナースはGの直腸に200ccの浣腸液を一気に注ぎ込んだ。
Gは待ちに待ったその感覚がよほど快感なのか
「あううーんーー」と思わず甘いため息を漏らした。
それだけで亀頭が強く脈動し我慢汁が糸を引いて下腹部に流れ落ちている。
Gの亀頭の先を見ながら 残りの100ccの浣腸液を焦らすようにゆっくり注入
している ももこナースも Gに完全に共鳴しその快感を得て Gと伴に楽しんだ。

しかし300ccの浣腸液を注入し終える頃には猛烈な便意がGを襲うはずだ。
「Gちゃん 浣腸器を抜くからお尻をギュと閉めてね」
ももこナースは浣腸器を抜くと Gの肛門に子指大の棒を挿入し ベッドの下に
続く太い蛇腹ホースの先に付いた新型集便器をGの肛門に密着させた。
Key_benefit2.jpg
この新型集便器は柔らかいラテックスフリー製の吸盤構造で女性器や肛門に
密着させることで周囲に汚物や臭いを漏らさない仕組みになっている。
浣腸後に肛門に挿入した子指大の棒は 最近ドイツで開発された水溶性ダブル
バルーン浣腸栓で、中には発泡剤が封入されている。
浣腸後肛門に半分挿入して突起を指で潰すと炭酸ガスが膨張しダブルバルーン
が一気に膨らむ構造となっている。
水溶性のなのでバルーンはグリセリンと反応し5~7分で溶け出して萎んでしまう。
サイズは子供用のS、MS、M、ML、L、LL、KLの7種類ある。
L、LL、KLは排便障害の治療で肛門拡張器としても使用される。
今回 ももこナースは膨張部径60mm 肛門管径25mmのMLを使用した。
w_pikka03.jpg
300cc浣腸液と肛門の内外で大きく膨らんだバルーン刺激により快感を深めた
Gの陰茎はこれ以上ないほど太くなり硬直度を増した。

隣の浣腸室でも同じような処置が行われている。
「けんちゃん このまましばらく我慢しようねー」
「お母さん でるでる おなかいたいよー」
「けんちゃん もうすこしの我慢よ いま出すと次はもっと大きい浣腸されるわよ」
「お母さん おなかいたいよ いいこにするから もうださせてー」
「 本当に辛そうだから一度だしてから 次は高圧浣腸にしましょうか?」
と看護婦が提案した。
「そうですね お願いします」
母親は息子の肛門を押さえた手を離して看護婦に委ねた。
看護婦は手早く子供用の集便器をあてがった。
「けんちゃん もうちょっと我慢できる?」
「だめー でるー・・・・・・・・・・」
「あー でちゃったね」
「じゃーね 次はあれで浣腸しますよ」
看護婦は浣腸室奥に吊り下げられた高圧浣腸器を指した。
「えー あんな大きい浣腸はいやだよー 」
Gは自分も出した後に高圧浣腸をされるだろうとぼんやりと連想した。

ももこナースは
「Gちゃん あなたは いいこだからもっと我慢できるわよね!」
と囁いてGの陰茎を握り締めた。
シャツのボタンをはずしシアンダーシャツをずり上げるとGの乳首が露になる。
ももこナースは Gの陰茎を握り締めた手を小刻みに揺すり 時に上下させて強く
摩りながら 乳首を軽く噛んでは離し舌先で転がす動作を繰り返した。
Gは男性でも乳首は立派な性感帯であることを前回充分に思い知らされている。
yjimagePXUX84IQ.jpg
じつは この愛撫は ももこナースが一番感じやすい好きな愛撫だった。
ももこナースはG を愛撫することで自分自身も共鳴し快感を得ている。

5分も経つとバルーンが溶けて Gの排泄が始まるので Gをオーガズムの手前
まで導くも 射精寸前ところで動作を止めて様子を見た。
「あっ あーーでるーー」
Gは精液ではなく浣腸液を勢いよく排泄した。
「あー Gちゃん だめねーまだ5分しか我慢してないわよ!」
「ばつとして もういちど浣腸します」
Gは幼少期に看護婦さんに罰として厳しい浣腸される事で快感を得たいとする
トラウマが起こり、少年期には誰にも言えない悩ましい宝物になっていた。
いま 実際に ももこナースに罰として厳しい浣腸されることが至福の瞬間なのだ。
ももこナースも そのことを念頭に処置を進めている。

仰向けで集便器に排泄を終えても射精していないGの陰茎は太く硬直していた。
「Gちゃん ばつとしてつぎの浣腸は1000cc入れるからね!」
ももこナースは命令口調で Gに次の厳しい浣腸処置を告げた。

ももことGさまの専用浣腸室 第七部

仰向けで集便器に排泄を終えても射精していないGの陰茎は太く硬直していた。
「Gちゃん ばつとしてつぎの浣腸は1000cc入れるからね!」
ももこナースは命令口調で Gに次の厳しい浣腸処置を告げた。


{またあの懐かしい看護婦に厳しい浣腸処置をされるんだー}
その期待で呼吸は乱れ、Gの心臓は鼓動を異様に早めた。
ドクッ ドクッ 陰茎は自身に意思があるように首をもたげて脈動させている。
ももこナースは Gの肛門に密着させた新型集便器を外してその周りと陰部
の先端から付け根まで丁寧に清拭した。
「あら~ Gくん こどもなのに ずいぶん元気なのねー」
そう言いながら ももこナースは徐々に Gを思春期へと誘っていくのだった。

隣の浣腸室では看護婦が次の高圧浣腸の準備を整えている。
「けんちゃん 次の浣腸しますよー」
「えー そんな大きい浣腸なんていやだよー えーーーん」
「大丈夫よけんちゃん これはお湯だからお腹いたくならないのよ」
「今度は後ろからしますから お母さんけんちゃんをお願いします」

「Gくんも こんどの浣腸は隣のけんちゃんと同じように後ろからしますからね」
「服を全部脱いで その台に四つんばいになってお尻を突き出しなさい」
ももこナースは Gに思春期男性の最も恥しい屈辱を与えることにした。
四つんばいになると尻越しに勃起し我慢汁を垂らした陰茎が丸見えとなる。
Gは我にかえり決まり悪そうにモジモジしている。

「Gくん 浣腸は始めてじゃないんでしょ 早くしなさい!」
「は はい すみません」
Gは ももこナースの迫力に圧倒され しかたなく全裸で四つんばいになった。
kanyy77.jpg
「Gくん 次はグリセリン浣腸液1000ccいれるから出来るだけ我慢しなさい」
kanyy77w.jpg kanyy77ww.jpg
ももこナースは有無も言わせず、グリセリン50%の浣腸液を300cc浣腸器で続け
ざまに1000cc Gの大腸に一気に流しこんだ。
一度排泄したと言え、グリセリン50%で1000ccの浣腸液はかなり苦しい筈である。

ももこナースは浣腸器を抜いた後 Gの苦悶の様子冷たく見守った。
「どおー Gくんトイレに行きたいでしょ でも ここで120数えなさい」
「それは無理です トイレに行かせて下さい」
キューゴロゴローーーギューー
「ぐーーー ううううううう」Gの腹部からは時々異様な唸り音を出した。
やがて Gの全身から大量の油汗が滲んできた。
ももこナースは Gの肛門部に大人用紙オムツを当て陰茎を握り締めて耳元で囁いた。
「Gくん じゃー ももこナースと一緒にあと100数えましょうね」
「いーち にーい ・・・・・」

隣の浣腸室でも看護婦が高圧浣腸した子供が同じように我慢させている。
「けんちゃん 辛いけど おねーさんと あと100かぞえようねー」
「にじゅうにーい  にじゅうさーん・・・・・」

ももこナースは Gの陰茎にときおり刺激を加えつつ隣の声に合わせて数えだした。
「よんじゅうにーい  よんじゅうさーん・・・・・」
 「頑張ってーGくん
   ーーーーきゅうじゅうきゅ ひゃーく はいOK よく我慢できたねー Gくん」
「さー トイレにいっていいわよ!」
「次は頑張ったご褒美にGくんの望みを聞いてあげるわね」

「じゃー お母さんけんちゃんの浣腸はこれでおわりです」
「けんちゃんのよく頑張ったわね またいらっしゃいね」
「いやだよ あんな浣腸もうにどとされたくないもん」
「あらそうかしらー」
看護婦は この子も大人になると浣腸の虜になるだろうと予感した。
 
隣の浣腸室での浣腸処が終わると同時にこちらの浣腸室にも静寂が訪れた。
時々遠くで患者の呼び出しアナウンスが聞こえる。
ピンポーンーー○○さま3番診察室にお入り下さいーーー

少なくとも あと30分は隣の浣腸室が使用されることはない。
そんな静かな浣腸室で もこナースは意味深の冷たい微笑みを見せていた。
「Gくんは まえから お姉さん看護婦に厳しい浣腸されたいのよね」
「じゃーね 今日は特別に姉さんがGくんの好きな 浣腸をしてあげるわね」

「まずは さっきの300cc浣腸器で1000cc微温湯の浣腸よ}

「Gくんは この瞬間が一番好きなのよね」  「その台に仰向けで寝て胡坐をかきなさい」
kanyy11.jpg kanyy12.jpg
「力を抜いてー いれまーす」
kanyy13.jpg kanyy14.jpg kanyy15.jpg
「はーい 350ccいったわよー あと2回よ」 

こうして1000ccの微温湯を注入すると ももこナースはGの肛門に中指を挿入した。
ssui2.jpg 
「Gくんは こちらとーこちらとはどちらが感じるのかな?」
ももこナースは Gの前立腺と陰茎に交互に刺激を与えた。 
「うううう どちらも いやお尻のほうです」
「そうなのー でもここからも愛液が溢れているわよ!」
ももこナースは Gの陰茎を強く握り上下に激しく動かした。
Gは気の遠くなる快感の中で ももこナースが始めて口にした 愛液と言うなんとも
艶めかしいフレーズに驚きまた感動した。
愛液とは性行為と直結している。
ももこナースがカウパー腺分泌液(ガマン汁)を愛液といった意図はなんだろう?
それは 前回の医療浣腸依存症の仕上げで行った腸内フローラ治療と称する肛門
を通した体液交換にあった。
ももこナースにとっては直接の体液交換は危険を伴う擬似セックスも同然だった。
そうすでに Gと ももこナースは肛門通した擬似セックスフレンドになっていたのだ。
それで ももこナースは無意識にガマン汁を愛液と表現したのだと鈍いGも悟った。
「あー ももこさま だめです もう逝きそうですうううーー」
「そうね でも今日は簡単には逝かせないわよ~」
そう言い放って Gから離れたももこナースは昭和初期に使われたとうい500mlの
特大浣腸器を重そうに うやうやしく取り出した。
kanyy110.jpg
「Gくんすごいでしょー これが500ml浣腸器よ」
「これで また2本 あと1000cc入れるからね 途中で出しちゃだめよ!
「入れやすいように床に四つんばいになって あたしにお尻を突き出しなさい」
「さあ Gくんいくわよー覚悟しなさい」
kanyy111.jpg kanyy112.jpg kanyy113.jpg
Gは ももこナースのSMの女王様の様な口調に最初は違和感を感じたが
500mlの特大浣腸器で強制的に大量浣腸される快感にのめり込んでいった。
「もう 漏れそうです 許して下さい」
「だめよ Gくんは あたしに厳しくされたいんでしょ もう一本よ」
kanyy114.jpg
ももこナースはSMの女王の様に Gに追加の500cc浣腸を容赦なく注入した。

2000ccの微温湯浣腸液でGの下腹部はポッコリと膨らんでいる。
「ももこさま ほんとうに もうもれそうです もうトイレに行かせて下さい」
「だめよ Gくん あそこにオマルが見えるでしょ あそこでしなさい」
さすがに ももこナースが見ている前での排泄はできずGは涙目で懇願した。
「お願いです 何でもしますから トイレに行かせて下さい」
「しょうがない人ね じゃー漏れない様に あたしがシャワー室に案内するわ」
ももこナースはGの後ろから肛門に親指を入れたまま立たせて浣腸室に併設され
たシャワー室まで Gの腰を抱いてゆっくりと歩いた。

2畳ほどの狭いシャワー室に Gと二人で入ると ももこナースは背後から Gの背中
に自分の乳房を密着させ、肛門に挿入した親指を更に深く付け根まで入れると指先
の腹で前立腺を圧迫しゆっくりと円を描くようにマッサージを加えた。
右手はGの乳房と陰茎を交互にマッサージしつつGの耳たぶを背後から軽く噛んだ。
「Gくん いま出したら あたしの服を汚すからぜったいに出しちゃだめよ~」

ももこナースはあと1分は持たないだろうと思いながらも 陰茎と前立腺をマッサージ
を強く、弱く、早く、ゆっくりと絶妙な手技でリズミカルにマッサージを続けた。
そしてついに
「「ももこさま 逝きそうです だめで ぐぉおおおおーーーーん」
Gは獣の雄たけびを揚げながら勢いよく射精した。
その精液はシャワー室の壁の天井近くまで達していた。
それでも Gは最後の理性を振り絞って 排泄で ももこナース服を汚すのを回避した。
「すっ すみません ぼく・・・・」
ももこナースは Gのその気遣いが可愛いと感じた。
{この人とは末永く付き合えそうだわ!もち彼にはないしょで}
「Gくん ここで出してもいいから、出し終わったら床を流してまっててね」

Gは排水溝に浣腸液を排泄して床や精液の付いた壁を流し清めた。
数分したころ ももこナースは再び500mlの浣腸器とグリセリンを500ccいれた大型
のビーカーを手に持って現れた。
「Gくん さっきは あたしの服を汚さないようにお気遣いありがとうね」
「おれいに もっとサービスしてあげるわね」
と言いながら大型のビーカーにお湯を注ぎ込んでグリセリン12%の浣腸液を4リットル
作った。
「うん できたー さあ壁に手を付いて あたしに尻をむけてちょうだい」
「また 2000ccの浣腸だけどー こんどは25%のグリセリン浣腸液よ」
「どこまで我慢できるかなー  うふふ!」
「いれるわよー」
hhuuo8.jpg
・・・・・・・「うううううーーー」
Gは思わず声を上げた 言葉は優しいが ももこナースの浣腸は相変わらず厳しかった。
しかし 500mlの浣腸器で休みなく グリセリン浣腸液を4回も注入されると萎んでいた
陰茎にまた血液が充満して仁王立ちの息子が蘇った。
「はーい Gくん2000cc浣腸 おわりですよー」
「ちょっと我慢してから出してね~」
そう言うなりすんなりと ももこナースはシャワー室を出た。
Gは意外にも3分以上も我慢できた。排泄を終えると床を丁寧に洗い流した。

ももこナースはそれを待ち構えたようにシャワー室のドアを叩いた。
今回の ももこナースの半身は白いパンティだけの妖艶な姿だった。
nf0481.jpg
そしてまた500mlの浣腸器で4回 2000ccの浣腸液を躊躇なく注入した。
kan 3460
浣腸器を抜くと ももこナースは直にGの肛門と陰茎に強いマッサージを与えた。
「Gくん 今度は我慢しなくてもいいからね」
ももこナースはGの背骨を舌で舐め廻し艶っぽい声で誘った。
「ももこの お尻をさわってもいいのよ~」
Gは恐る恐る両手を後ろの廻し ももこナースの尻タブに触れ撫でまわした。
「いいわ Gくん あたしと一緒に逝きましょ ね! あああーんんいいいわー」
3分もしないうちに Gは2回目のオーガズムへと昇り詰めた
「あああ もここさーん」
そういいながら射精した拍子に少量の排泄液で ももこナースの膝を汚した。
「あっ す すみません」
「ううん いいのよ ほらなんでもないわ」
ももこナースは膝をさっと流すと満面の笑みでGを慰めて労った。
「Gさま お疲れさまでした~ 今日の治療はこれで終わりです!」
「残りの浣腸液を全部排泄なさったらシャワーを浴びてくださいね~」

{そうだったのかー これは浣腸トラウマの治療一環だったんだー}
{そしてあの満面の笑み もしかして俺に友達以上の好意をもっているのかも♪}

シャワーを終えて服装を整えた Gに ももこナースは普通の応対をした。
「Gさま 大丈夫ですか? 最後に乳酸菌の浣腸をしておきましょうね」
「しつれいしまーす 整腸乳酸菌の浣腸でーす」
ももこナースは手早く50mlの乳酸菌入り浣腸をGに施すと優しく話かけた。
「Gさま 浣腸なんて もう恥ずかしい行為じゃないでしょ」
「また 浣腸されたいときは遠慮なく 私の携帯に連絡してね」
「わかりました お世話になりました」
 {なんか浣腸トラウマが何かに昇華したようです ありがとう  ももこさん}
  {これから僕の大切な浣腸友達になってもらえませんか?}
 照れくさくて 口には出せないが それがGの本心そして願望だった。

会計を済ませクリニックを出ると なぜか全身に力がみなぎり、 心身を洗われた
清清しい爽快感に包まれ 周りの景色まで一変し活き活きと輝いて見えた。
また昨年末に起きた気の重い出来事も 遠い過去に思えるのが不思議だった。

ももことGさまの専用浣腸室 第八部

 照れくさくて 口には出せないが それがGの本心そして願望だった。
会計を済ませクリニックを出ると なぜか全身に力がみなぎり、 心身を洗われた
清清しい爽快感に包まれ 周りの景色まで一変し活き活きと輝いて見えた。
また昨年末に起きた気の重い出来事も 遠い過去に思えるのが不思議だった。


あから3年の歳月が瞬く間に過ぎた。
Gの仕事は順調に進み 今では数十人の部下を持つ新事業のリーダー的
な存在として皆からも強い信頼を集めている。
いつのまにか浣腸トラウマもなくなり、すっかり浣腸のことは忘れて仕事と
休日は好きな音楽の趣味を興じ充実した毎日を過ごしていた。

ところが今年になって突然に外資からの会社買収の話が沸いて出たのだ。
実は会社の業績は投資部門の運用失敗で危機的状況に陥っており、その
打開策としてワンマンオーナーの会長は外資に支援の手を求めたのだった。
大手外資の紅牌有限公司は台湾の新興企業で、今や数千億の資金を動か
す大企業に成長している。
Gの会社を紅牌が買収すると例外なく組織の合理化を強行するだろう。
Gの悩みはリストラの対象となる ひとりの部下への対応だった。
彼女は仕事はできるが対人関係が苦手で、最近ようやく会社に馴染んでき
たが、時々ひどい鬱になり休むこともあった。
この時代にリストラされることは、もう若くは無い彼女にとっては生活が崩壊
することを意味している。
Gはなんとか彼女を守ろうと八方手を尽くしたが、時間は容赦なく過ぎた。

そして紅牌がGの会社を買収して間もなく、彼女と数十人の社員達が厳しい
退職勧奨のもとに泣く泣く退社していった。
その後 紅牌の役員数人がGの会社経営の中核座ると、更に厳しい合理化
と業績向上を中堅社員に強要し始めた。
Gはそんな会社にも新事業にも魅力をなくしていった。
それでも長年勤めた会社を辞めるほどの踏ん切りも付かない自分を情けな
く思い侮蔑した。
Gは紅牌への抗えない怒りと、自分への無力感、無常感で熟睡が出来ない
日々に、少しずつ精神のバランス崩し蝕まれていった。

そんなある日、携帯のアドレスを整理しているとふと ももこナースの番号が
目に留まった。
{あー あの時のように ももこナースにまた優しく浣腸されてみたい}
しかし ももこナースは あの後すぐに友人と新事業を立ち上げるために勤め
ていたクリニックを辞めたと聞いた。
その後どちらも多忙になり連絡も取り合わないまま今に至っている。

Gは まるで初恋の人に何年ぶりに再会するようなときめきを覚え 震える指
で発信ボタンを押したが・・・すぐに躊躇して通話を切った。
Gの最後のプライドが、今の情けない自分を憧れの ももこナースに晒すこと
を拒んだのだった。
しかし数分もしない間に ももこナースからの着信コールがなった。
Gは おそるおそる電話に出た。「あ もっ もしもし」
「あー Gさま お久しぶりでーす あの後ご無沙汰でごめんなさねー」
「その後 如何ですかー」
ももこナースの声は今も明るく弾んでいた。
「あのー 実は・・・・・・・・」
Gは今の悩みを言おうとして口籠った。
「Gさま なにか お悩みでもあるのですね」
ももこナースはGの低いトーンで Gの心境を敏感に察知した。
「Gさま よろしかったら今日の午後にでも お逢いしませんか?」
ももこナースにとってのGは最初で最後の男性患者でもあり 浣腸仲間であり
大事な友人以上の存在だった。
「いいんですか?はい」
「じゃー 18:00にJR桜木町の東口でお逢いしましょう」

「Gさま おひさしぶりです」
haru.png
ももこナースは 大人感を増すも 3年前と同様のスタイルを維持していた。
「すみません ぼくのために・・・・」
「なによ!他人行儀に! あたしたち友達でしょ」
ももこナースはGの心を察して敢えて気軽に話かけた。

近くの喫茶店でGの悩みを全て聞いたももこナースは、暫くの間思案した
あとで話はじめた。
「それは、大変でしたね」
「もしー Gさんさえよろしければ 今度その退職された彼女も誘って」
「あたし達が運営している お店にいらっしゃいませんか?」
ももこナースは今親友の明菜と共同運営しているコロン洗浄を中心とした
心理療法クリニック サロン・ド・モナミに二人を誘った。
Gの話ぶりからGは、退職した元部下の女性に無意識のうちに特別な感情
を抱いていることを見抜き 更に二人には心理治療が必要であると直感した。

3日後の土曜の15:00に、Gと美崎は、サロン・ド・モナミを訪ねていた。
ももこナースは 先約の客に無理を言って予約日を変えてもらい Gと美崎の
為に 特別な治療時間枠を用意していた。
「Gさん 美崎さん いらっしゃいませ お待ちしておりました」
美崎の名前は予約の時に Gから伝えてあった。

Gと 美崎は別々の面談室に通され美崎は専属の心理療法士が、Gには
ももこナースが応対した。

ももこナースはサロン・ド・モナミの治療バリエーションから現役ナース応対
コースを選択した。
高梨臨 「Gさま こちらへどうぞー」
Gはテレビでいつか見た高梨臨に面影をかさねて 清楚なナース服姿にみとれた。
「なんですー そんなに見つめてー」
「いや ももこナースの白いナース服があまりにも素敵だったもので・・・すみません」
「あら! お世辞でもうれしいわ あたし すっかりおばさんよ」
「でもそこが魅惑的というか・・・・・」
「はいはい 冗談はこれくらいで 問診に移りますよ」

「こころで いつごろから睡眠障害が・・・・・・・」
Gはこれまでの3年と最近の睡眠障害や躁鬱について全てを話した。
「そうですか それは辛いでしょうね」
       
「そしたら 今日は・・・・」
「あら ごめんなさい」
「いえ ぼくが拾いますので」
14.jpg 14ll.jpg
Gは咄嗟に ももこナースが落としたペンを拾おうと机の下に頭をさげた。
「あっ」Gは男性の本能で ももこナースの股間に視線を向けた。
そこには花柄のハートマークが刺繍された可愛いパンティーが見えた。
「どっ どうぞ」
「ありがと Gさま」
ももこナースは意味ありげに微笑んだ。
これはGの緊張を和らげる ももこナースの気を利かせた演出だった。
「さてと お話の内容から今日の治療方針を決めますので」
「ここでちょっとお待ちになって下さいねー」
そう言い残しカルテを抱いてももこナースは退室した。

5分程で ももこナースが戻ってきて Gに治療方針を告げた。
「Gさま サロン・ド・モナミでは女性を対象としてコロンクレンジングを中心
 に治療していくのですが 今日は 特別にガラス浣腸器を用いたレトロな
 浣腸から始まり最後の仕上げで
 ドイツ製バーチャル体験マシンでの深層心理治療
 フラッシュバックによる心理治癒治療
 最後に 心理カウンセリングで終了です
 中盤では美崎さんと合流しますよ」
ももこナースはいっきに話てから Gをそのままレトロ浣腸室へと案内した。

ももことGさまの専用浣腸室 第九部

 最後に 心理カウンセリングで終了です
 中盤では美崎さんと合流しますよ」
ももこナースはいっきに話てから Gをそのままレトロ浣腸室へと案内した。

浣腸室と表札された室内は、昭和中期を思わせる懐かしい処置室だった。
caa50ed28f1a1154bd45b0f7dbd432e7.jpg

「Gさん これからまた浣腸しますよー」
「きょうは心理治癒プログラムでの浣腸治療なので普通より沢山浣腸しますよ」

「3年ぶりでちょっと辛いと思いますが頑張ってくださいね!」

「では下着を脱いでべッドに仰向けに寝てくださいね」
Gはが年前の ももこナースの浣腸と子供のころにされた浣腸を交互に思い出して
いると 耳元でももこナースが浣腸液を吸い上げる音がシューと快く耳に響いた。
200cckan-1cp.jpg e80341acsWp.jpg
ももこナースは浣腸器の空気を抜きながらそれを見せ付けるように Gに近寄ってきた。
そのとき なぜかさきほど垣間見た ももこナースの花柄パンティーが脳裏に浮かんだ。
 
「Gさん肛門にゼリーを塗りますので自分で尻たぶを開いて下さいねー」
「ちょっと冷たいですよー」
 rez111222wwap.jpg

「では最初の浣腸でーす」
200cckan-1ewp.jpg
「Gさん 懐かしいでしょ 今日はいやというほど沢山の浣腸しますからねー」
ももこナースはグリセリン50%で200ccの浣腸液を注入しながら Gの反応
を楽しむように厳しく やさしく見守った。
久しぶりのされたグリセリン50%の浣腸液200ccはすぐに効果が現れ Gの
陰茎はメトロノームのように前後に首を振り カウパー腺液が下腹部に垂らした。
ももこナースはそのカウパー腺液を優しく手のひらで受け止め Gに囁いた。
ddhioo.jpg
「Gさん ここが元気なら大丈夫ですよ なにも心配いりませんから」
「安心して わたし達の治療を堪能してくださいね」
「え わたし達?」
「ええ そうですよー あたしと親友の明美ナースも加わり治療して行きます」
rez111222ww.jpg
「ああ 覚えています あの時お世話になった 明美ナースですね」
「早くお目に掛りたいですけど・・・この格好では恥ずかしいし ・・・」
「そう 恥ずかしがらず ももこナースに全て任せなさい」
「はい」
ももこナースはGの股間に指を入れて200ccの浣腸液が漏れないように
中指で肛門を塞ぎ左手でGの乳首を転がした。
「うううう ももこナース もう漏れそうですうううう」
「相変わらず甘いわねGくん ももこナースの厳しさは知っているでしょ!」
「はい でも ベッド汚すまえに・・・・・・」
「そうよ 汚すまえトイレにでしょ どちらも許しませんよ我慢なさい」
「なんならあと一本追加しましょうか?」
「ひっ! 本当にもうだめなんです 許して下さい」
「だめです ほらー まだ肛門圧は高くないわ! もう一本追加します」
「このまま四つんばいになりなさい」
Gは全身から油汗をだしながら四つんばいになった。
「もっと前屈みになりなさい」
「そうよ じゃーお口で深呼吸してー」
浣腸器の嘴をあてがうと、ももこナースは2本目200ccの浣腸液を Gの
腸内に勢いよく流し込んだ。
「うううう ぐるいいいい ううううーーー」
Gはその快感と苦痛が入り混じった懐かしい感覚を極限まで堪能した。
{ああー おれは変態のMなんだろうか でもこの快感はあのときの・・・・}
「うぐううーーーー・・・・・・・・・」
と苦るおしく呻き声を漏らし。
UIWW22.jpg
Gにとっては今が至福の瞬間なのである。
「はい 2本目グリセリン50%400cc注入終わりよ!」
「さあてと これからが本格治療で明美ナースの登場よ」
ももこナースは 手に持ったナースコールボタンを押した」
すると外で待機していた 明美ナースがすぐに入室してきた。

「あっ Gくん暫くぶりね あらこんなに汗かいてー可愛いそうねー」
「ももこナース Gくんになのをしたの」
「うん グリセリン50%で400cc浣腸だけよー」
「そうなんだー じゃあ あたしもしてみようかな」
「うん そうなさい あたしが押さえているから 遠慮なくやりなさいな」
「それで 浣腸器は その200ccのでは?」
「いや たしか獣医用の500ccのが有ったわよね あれでするわ」
「そうね 準備の間あたしがGくんの肛門を押さえてるから急いでね」
「OK ももこナース」
ももこナースは Gの肛門に人差し指を挿入し前立腺を強く押した。
66gguu.jpg
ももこナースは、こうすると反射的に Gの肛門が締まり たとえグリセリン浣腸液
400ccでも漏らせない事を熟知している。
それは女性のGスポット裏側の位置と同じ生理現象なのだ。
2013081306563428c.jpg i320.jpg
「ああーももこナース もうでそうですー」
「えっ Gくん 何が? 浣腸液?それとも精液?」
「りょう 両方です もうだめですう」
「だめよ いま明美ナースが獣医さんが使う500cc浣腸器をもってくるからね」
aae.jpg

ももことGさまの専用浣腸室 第十部

「ああーももこナース もうでそうですー」
「えっ Gくん 何が? 浣腸液?それとも精液?」
「りょう 両方です もうだめですう」
「だめよ いま明美ナースが獣医さんが使う500cc浣腸器をもってくるからね」


明美ナースが500cc浣腸器と それに使うグリセリンを取りに隣の施術室に
いくとちょうど
Gに誘われて 当クリニック サロン・ド・モナミを訪れた美崎への浣腸施術が
2人のスタッフにより開始されようとしていた。
美崎の内気な性格も、ももこナースがGの話から推測した通り 少女期の浣腸
体験が大きな要因となっていた。
元来内気だった美崎は その羞恥の浣腸体験を時間経過とともに歪曲し、自分
が妄想する浣腸体験への願望を強く抱くようになった。
同時に罪悪感にも襲われ、薬局でイチジク浣腸のひとつ買えない自分にたして
自己嫌悪もしていた。
それでも 自分の正直な気持ちである誰かに 思いっきり羞恥の浣腸をされてみ
たいという変態性感情は消えないどころか最近益々強くなるいっぽうだった。
それはあの会社を辞めてから暇を持て余して日々を過ごしている為でもある。
そんなさなか 前の会社の上司であり美崎の憧れだった Gから突然連絡があり
サロン・ド・モナミ訪問への誘いに二つ返事で応じた。
美崎はサロン・ド・モナミとはフランス風の軽食サロンだろうと決め付けていた。
まさかそこが女性対象のコロンクレンジングを中心とした心理治癒治療施設な
どとは夢にも思っていない。
最初の問診では自分は病気ではないので、心理治療など必要ないし浣腸され
るなどとんでもないと強行に反抗した。
しかし ももこナースからのアドバイスを受けたスタッフは粘り強い説得を行い
ようやく美崎への治療の必要性を説き浣腸施術を受け入れさせた。
troppk11.jpg
「美崎さん いまから高圧浣腸してきまよー」
「くだをいれまーす」
eeijk1.jpg eeijk11.jpg
「はい 浣腸液1000ccいりましたよー」
「続いて空気を500ccいれまーす」
eeijk2.jpg
「大丈夫ですかー これからアナルマッサージしていきまーす」
「肛門に指をいれますよー お口で息を吐いてー」
eeijk22.jpg eeijk3.jpg
「もう いやですうー やめてくださーい」
美崎はそう言いながらも押し寄せる快感に 我をわすれ陶酔していった。
明美ナースはその光景に自分の初体験を重ねてしばらく見入っていた。

{あっ いけないまだ Gさんの施術中だったわ}
「この500cc浣腸器をもっていきますねー」
美崎は急いで、元のレトロ浣腸に戻ったが すでに十数分が経過しており
ももこナースの判断で Gには一旦排泄を許していた。
「ごめんなさい 美崎さんへの施術にみとれていたので・・・・」
「いいの あれから追加の500cc浣腸は無理だったから」
「で 美崎さんの様子は?」
「そうね 嫌がりながらも 内心歓喜している様に見えたわ」
「やっぱりね あの子も羞恥浣腸が原因の鬱病予備軍の状態だったのね」
「はい 良かったですね 発病前に治療できそうで・・・・」

「すみません 我慢出来ませんで・・・・・」
「ええ Gさん我慢出来なかった お仕置きはこれよ」
ももこナースは500cc浣腸器をGの目の前に突き出した。
dp2uzel1j8aqo.jpg product_3077473_o_1.jpgproduct_3077473_o_1.jpg
それは 浣腸器の全長300mm 肛門に挿入する嘴(シカン)だけでも15mm
もあるしろものなのだ。
 {あー以前に ももこナースにされた500cc浣腸器と同じだ}
Gはあのときの快感を思いだしていた。
「さあ Gさん これでグリセリン浣腸500ccを2回しますよー」
79d55492.jpg

「明美ナース Gさんを仰向けにしたら しっかり押さえていてね」
「では いきまーす」
b9184d4essr.jpg
ももこナースは500cc浣腸器の嘴(シカン)をGの肛門に挿入すると同時に
いっきにグリセリン浣腸液を注入した。
「ううううー いいいーー」
Gには この大量のグリセリン浣腸の刺激を楽しめる余裕が出始めていた。
「うふふ Gくん楽しそうね」
「でも1000ccは耐えられるかしらね! 次は明美ナース おねがいね」
「Gさん失礼しまーす」
明美ナース もまるでSMの女王のようにGの肛門に浣腸器を挿入すると
容赦なく1000cc目の浣腸液を注入し始めた。
131215a_as004tn.jpg
「あー もうだめです 止めてください」
「だめよ これはGさんの為の治療なんですよ我慢しなさい」
「まだ300ccじゃないの あと200cc我慢よ」
なんだか今回の浣腸液は 今まで以上に辛いので後ろを振り返るとそこに
はグリセリンの空瓶が2本転がっていた。
なんと浣腸液はグリセリン75%で作られていたのだ。
(とても危険ですから良い子は真似しないでね)
「もうすこしよー ・・・・・・」
「OK 全部いりましたよ!」
「次は少し空気をいれますよー」
明美ナース 浣腸器を抜くと空気を吸い込んで再びGの肛門に浣腸器を
挿入して空気浣腸を始めた。
500mmkiee.jpg 
Gは初めての空気浣腸に意表をつかれ泣きそうな呻き声を漏らした。
「くううう もうでそうです すぐにトイレに・・・・いかせてください・・・」
「しょうがないわね じゃーシャワー室で最後の我慢よ」
「服を全部脱いだら わたしとシャワー室に行きますよ」
明美ナース も Gと一緒にシャワー室に向かう準備をした。
「Gさん 肛門に指をいれますからお尻の力を抜いてー」
k7066ss.jpg
明美ナースは Gの肛門に指をいれたままま一緒にシャワー室に向かった。
そして Gは排泄前の前立腺刺激と極上マッサージにより ついに射精に至った。
hhiwe.jpg

同じころ美崎も浣腸後のマッサージを二人スタッフから施されて昇天していた。
10分の休憩を入れると次の施術が開始される。

ももことGさまの専用浣腸室 第十一部

そして Gは排泄前の前立腺刺激と極上マッサージにより ついに射精に至った。
同じころ美崎も浣腸後のマッサージを二人スタッフから施されて昇天していた。
10分の休憩を入れると次の施術が開始される。

休憩の間に明美ナースは、ももこナースにある提案をもちかけた。
「ねーえ ももちゃん
  美崎さんは始めての浣腸治療だし Gさんとも気が合うみたい」
「 そうね Gさんに好意をよせているようね」
「だから Gさんと美崎さんを同じ部屋で施術するの そうすれば
  二人の羞恥と緊張がより高まり治療効果が倍増すると思うの」
「美崎さんには刺激が強すぎるかもしれないけど慎重に様子をみながら
  施術していきけば大丈夫よね それでいきましょ!」

「美崎さま つぎの施術をしていきますのでこちらえどうぞ」
明美ナースは二人を同時施術のために、8畳の部屋に案内した。
そして美崎を内寝台に上がらせた。
8畳の部屋はカーテンで半分でに仕切られている。

しばらくして ももこナースも同じ8畳の部屋に案内した。
「Gさまつぎの施術はこちらになります」
Gもカーテンで半分でに仕切られた8畳の部屋に別のドアから入室した。
Gも ももこナースに促されて全裸でベッドに仰向けになった。
すると ももこナースの他に2人のナースが合流した。
om1clz.jpg
「ももこナースこんど浣腸は私にさせて下さらない?」
shino1112.jpg
ももこナースは 人気アイドルMSに似た由紀ナースが 50ccの浣腸器を手にし
(あたしい 浣腸するが趣味なんですー)と言っていたのを思い出した。
「あら由紀ちゃん 今日は随分元気ね じゃー 500ccの浣腸器を持ってきて」

「え・・・となりにGさんもいるのですか?」
美崎は内寝台の上で困惑した。
「大丈夫ですよ 心配なさらないで」
om1clzx.jpg
明美ナースは動揺する美崎をよそに平然と準備を進めた。
「お洋服が汚れるといけないので下着もぬいじゃいましょうねー」
om1clzxw.jpg
明美ナースは手際よく内寝台の上ので美崎を全裸にして専属契約の女医を呼んだ。
「美崎さんつぎの施術では浣腸と膣のマッサージもしていきますよー」
「そのまえに炎症がないか ちょっと診せてくださいね」
om1clzxwa.jpg 
女医は当然のように美崎の膣に指を挿入し触診し始めた。
om1clcc.jpg 
次に肛門にの方まで指を挿入し丹念に触診した。
「うん 大丈夫ですよー では明美ナースこれで浣腸をおねがいね」
om1clss.jpg
「解かりました じゃー200cc浣腸器にしますね」

「では美崎さんまた浣腸しますねー」
明美ナースは手馴れた手つきで浣腸器にグリセリン浣腸液を吸い上げて
美崎の肛門に浣腸器の先をあてがい浣腸液を注入した。
「なんですか さっきとちがう やっ やめてください いやよこんなの」
201211181719225e9.jpg
明美ナースは美崎の悲痛な訴えを無視して、何度もグリセリン浣腸液を吸
い上げては美崎の大腸に注ぎ込んだ。

いつのまにか仕切られていたカーテンは開けはなたられ美崎の浣腸シーン
がGの視界に入っている。
「やめてください Gさんの前で恥ずかしいわ もういやよやめてください」
「大丈夫ですよ 美崎さん 今からGさんにも数人で浣腸しますからねー」


由紀ナースは急ぎ 500ccの浣腸器を持ってきて美崎とGに見せつけた。
7857b9c0-sq.jpg
「Gさま 今度は500ccの浣腸器で浣腸しますよー」
「え 僕も美崎ちゃんに見られながら浣腸されるんですか? それだけは」

Gの意向無視してももこナース達は忙しく 特大浣腸を始める準備をしている。
 om1clcca.jpg
「ねーえ ももこナース Gさん素敵ね 前に同時浣腸されたんでしょ いいなー」
「えっ! だれから聞いたの由紀ちゃん 恥ずかしいわ でもとても楽しかったわ」
ももこナースは 由紀ナースが同じ趣味だと聞いてから特別に可愛いがっていた。

「これでGさんに浣腸さてせもらえるのね! なんだかわくわくするわ」
「でも由紀ちゃん 男性に浣腸するのは始めてなんでしょ 大丈夫?」
「実は あたしい前に一度だけ彼に浣腸したことがあるの 内緒ですよ!」
由紀は頬赤らめなから ももこナースの耳もとで囁いた。
「Gさんは きつい態度での浣腸が好みなのよ」
「了解です 頑張りまーす」
由紀ナースは さっき用意した薄めのグリセリン浣腸液を満タン迄吸い上げると
浣腸器の先に残った空気をピュッと抜いた。
「Gさま ではまた浣腸します お尻の力を抜いてらくーにしてて下さいねー」
7c09f43b.jpg 
由紀ナースは ももこナースがスマホに転送してくれた Gの治療カルテを開いた。

「しつれいしまーす 入れますよー」
7c09f43bwd.jpg 
由紀ナースは グリセリン浣腸液を容赦なく一気に注入した。
「あー やめてくださ・・・・・んぐううう・・・・・・いいい・・・」

美崎は 数メートル離れたところで、由紀ナースに浣腸され 陶酔の表情を浮か
べる Gを興味と嫉妬の入り混じった複雑な感情で眺めていた。

ももことGさまの専用浣腸室 第十二部

由紀ナースは グリセリン浣腸液を容赦なく一気に注入した。
「あー やめてくださ・・・・・ううう・・・・・・いいい・・・」
美崎は 数メートル離れたところで、由紀ナースに浣腸され 陶酔の表情を浮か
べる Gを興味と嫉妬の入り混じった複雑な感情で眺めていた。


そのうちに美崎の 便意は極限になるも まさかGや多くのナースの面前では出せない。
「お願い トイレに行かせて」
「だめです ここで我慢してください」

明美ナースはそう言うなり美崎の肛門に子指大の棒を挿入した。
この棒は水溶性のダブルバルーン浣腸栓で、中には発泡剤が封入されている。
以前に ももこナースがGに使ったアナル栓である。
浣腸後の肛門に挿入して手前の突起を指で潰すと炭酸ガスが一気に膨張して
ダブルバルーンをパンパンに膨らませる構造になっている。
水溶性のなのでバルーンはグリセリンと反応し5~7分で溶け出して萎んでしまう。
サイズは子供用のS、MS、M、ML、L、LL、KLの7種類ある。
美崎には膨張部径40mm 肛門管径25mmの小柄女性用のMを使用した。


これでもうどんなに力んでも6分位は排泄は出来ないので、ゆっくりと新型集便器
を美崎の肛門に密着させ内診台の下から伸びた太い蛇腹ホースに接続した。
Key_benefit2.jpg
この新型集便器は柔らかいラテックスフリー製の吸盤構造で 浣腸後の肛門に
密着させることで周囲に汚物や臭いを漏らさない仕組みになっている。
その光景はまるで肛門に人工呼吸器を当てがったように見えた。
ved_6.jpg
腸内洗浄クリニック プラチナコースより
600ccのグリセリン浣腸液と肛門の内外で大きく膨らんだバルーンの刺激により
快感を深め、いつも大人しい美崎からは想像もつかない喘ぎ声を漏らした。
「あああああーーーいいわーーーもっとーーーー」
美崎のクリトりスは 硬く赤みを強めたピンクになりピンと起立してる。
「美崎さん このまま昇り詰めていいんですよー」
明美ナースは 美崎の乳首とクリトりスを優しく擦りながら囁いた。
11998810.jpg
女だけの医療プレイ2 より

すぐ隣のベッドでは Gへの浣腸処置が淡々進められている。
明美ナースは 失神しそうな程の快感のなかで その浣腸処置を呆然と眺めた。

「Gさま 今もう1本しますよー」
由紀ナースは 500cc浣腸器に薄めのグリセリン浣腸液を吸い上げた。
「もう限界です やめてください」
「まだまだ 大丈夫 それを全部入れてあげて」
ももこナースは Gの表情から まだ余裕が有ることを見抜いていた。
それもそのはずで、二度目の1000ccの浣腸と排泄で大腸は空になっている
ので、普通の男性なら2000ccの容量はあるのだ。

由紀ナースは3本目の浣腸液を躊躇なく注入した。
「うぐぅううううーーー おおおおおーーー」
Gはその注入感に苦痛と至上の快楽の表情を浮かべて呻き声を上げてた。
それを見ていたももこナースは 由紀ナースと交代し 4本目の浣腸を用意した。
「ももこナース 大丈夫なの?」
「これはただのお湯だから Gさんは知らないけどね」

「さあ Gさん2000cc目の浣腸しますよー」
ももこナースが4本目の浣腸液をゆっくりと焦らすように注入すると Gの陰茎は
怒り狂った様に青い血管の筋を引きずり脈動していた。
ももこナースは浣腸液を入れ終わると由紀ナースに 「両乳首に刺激を」
と言いつつ 陰茎を強く掴んで Gの肛門に水溶性のバルーンのKL(キングサイズ)
を全部を入れてから肛門の中で膨らませ、排泄用の太めスペキュラを挿入した。
chc05s.jpg

Gの陰茎を上下に摩るたびに透明なカウパー腺液が溢れる。

そして3分後 肛門内部で膨らんだ水溶性のバルーンが溶ると一気に排泄管
に浣腸液が流れ出た。
Gはその瞬間を待っていたかのように射精した。
その白濁した液体の一部は ももこナースの額まで勢いよく飛んだ。
同時に美崎のバルーンも溶け排泄液が流れ出ると、快楽の極みに上り詰めた。

ももことGさまの専用浣腸室 第十三部

そして3分後 肛門内部で膨らんだ水溶性のバルーンが溶ると一気に排泄管
に浣腸液が流れ出た。Gはその瞬間を待っていたかのように射精した。
その白濁した液体の一部は ももこナースの額まで勢いよく飛んだ。
同時に美崎のバルーンも溶け排泄液が流れ出ると、快楽の極みに上り詰めた。

二人はシンクロして迎えた快楽の極みの余韻にしばし放心状態でいた。
そして美崎は快い疲労感に包まれて深い眠りに落ちた。

20分後
「Gさま 大変お疲れさまでした」
「予定では仕上げでドイツ製バーチャル体験マシンでの
深層心理治療とフラッシュバック浣腸による心理治癒治療 最後に
心理カウンセリングで終了だったのですが 美崎さんは最初の浣腸
治療ということで、刺激が強くお疲れのようですので
今日はここまでにしておきますね」
「ちかいうちに また美崎さんとおいで下さいね」
と ももこナースが放心状態の Gに声をかけた。

美崎は、まだ深い眠りに落ちたままである。
Gがシャワーを済ませ着替えてラウンジで ももこナース達と談笑して始
めて1時間ほどたっ頃、ようやく着替えて身なりを整えた美崎が現れた。
「今日はほんとうに有難うございました」
美崎は、羞恥に紅潮した頬で挨拶した。

「美崎さん大変お疲れさまでした」
「今日は美崎さんのとって最初の浣腸治療でしたので、刺激が強くて
 お疲れのようです残りは今度にしますね」
「こんど?」
「ええ まだバーチャル体験マシンでの仕上の治療がありますので
 また ちかいうちに Gさんとおいで下さいね」
「こんどは 最初から ももこナースがお相手しますよ」
と由紀ナースが伝えた。

サロン・ド・モナミから出る頃には、都会の白い夜空に一番星が煌いていた。
二人は自然と肩を寄せ合い、恋人のように手を繋いで遠ざかって行った。
11504971_PW36w.jpg
その後ろ姿に ももこナースは、郷愁と軽い嫉妬の眼差しで見守っていた。
{うん これでいいんだわ これであのふたりも きっと・・・・・}

次の日午後 美崎は Gのマンションを訪れていた。
Gは昨日の体験には触れず、これまでの経験など、他人には言えない事
を美崎に話した。

Gが小さい頃にナースキャップの看護婦さんからされた当時の浣腸器が
大きなガラス浣腸器で、その嘴管のことも、大きな注射器の太い針だと
勘違いして泣きながら嫌がって逃げ回り それでも最後には仰向けにされ
下着を取られ無理矢理に浣腸されたこと。
saiseki-k-1w.jpg

その後何度もされたナースの厳しくて優しい浣腸へ懐かしい思い出のこと。
img_18_m.jpg img_20_m.jpg

大人になり、浣腸とは疎遠になっていたももの
最近訪れた病院では浣腸器からディスポなり…その次は浣腸そのものから
飲み薬へ変化していたことへの潜在的な寂しさ。
それと同時に自分の浣腸への想いが強くなっていたこと。

そんな矢先に ももこナースと出会い Gが小さい頃にされた、厳しくまた甘美
な浣腸を追体験させられて
「浣腸って素晴らしいものだったんだなって」と再認識したこと。
そして自分の本当の浣腸への想いが ももこナースに伝わった喜び。

浣腸は、辛く苦しい医療行為のはずなのに
でもその苦しさの裏に愛情、暖かさ、癒し…言語化できない素晴らしい
感覚をいっぱい与えてくれたること。
そして浣腸は Gにとって究極の癒しの行為だと気づかされた嬉しさ。

ももこナースという素晴らしい理解者との出会いに感謝していること。

美崎に ももこナース達の浣腸の素晴らしさを体験させたかったこと。
などと Gは自分の話にまるで酔いしれるように一気に話したてた。

「うふっ Gさんったら ももこナースに恋しているみたいね」
「うん たしかに恋しているよ」
「でも これは ももこナースと患者の間での愛情の交わりなんだよ」
「だから 心の中の恋人とか思い出の中のナースや母性への恋なんだ」

Gは しばらく間を置いて続けた
「美崎ちゃんはちがうんだよ 生身の友人だもんね」
「友人だなんていやよ 美崎は生身の恋人になれるのかしら?」

「えっ なに?」
自分から恋人になれるかとは、美崎は自分でもその言動に驚いた。
これまでの美崎の性格では考えられない まさに青天の霹靂だった。
「もっ勿論だよ」
「うれしいわ 実は わたし以前から 密かに Gさんに憧れていたの」
「僕だって 美崎を可愛い以上に思っていたんだよ!」
Gは美崎と呼び捨てにすることで 恋人付き合いを意識した。
「信じていいのね うれしいー それでね・・・・・」
「それで?」

「それでね・・・・美崎も ももこナースみたいに Gさんに浣腸してみたい」
「えっ なに言い出すんだい」
「美崎も ももこナースみたいに Gさんに癒しの浣腸をしてあげたいの」
「そうすれば 美崎も自信が持てるような気がして・・・ねっお願い」
美崎はなぜか自分が別人になったかのような感覚になり Gに迫った。
今の美崎には、あのか弱い姿は微塵も感じられなかった。
Gは美崎の迫力に圧倒され つい「じゃー いいよ」と言ってしまった。

ももことGさまの専用浣腸室 第十四部(完)

「美崎も ももこナースみたいに Gさんに癒しの浣腸をしてあげたいの」
「そうすれば 美崎も自信が持てるような気がして・・・ねっお願い」
美崎はなぜか自分が別人になったかのような感覚になり Gに迫った。
今の美崎には、あのか弱い姿は微塵も感じられなかった。
Gは美崎の迫力に圧倒され つい「じゃー いいよ」と言ってしまった。


その数日後に美崎は、Gとともに医療行為が出来る某ホテルの一室にいた。
このSM系ホテルには、浣腸を含めた 医療行為が出来る 全ての器具や衣装
までレンタル出来るシステムになっている。
美崎は エロチックなミニナース服を大胆に着こなしGの前に現われた。
nu0902.jpg
「Gさん これから浣腸しますから ベッドに仰向けになってね~」
美崎に促され戸惑いつつベッドに仰向けになった Gの脳裏には、これまで
に処置された感動の浣腸の場面が走馬灯のよに浮かんでは消えた。
Gは この至福の時間が永遠に続いて欲しいと目を閉じた。
t02200201_0597054510172688591.jpg kan2299a.jpg

re11667w23w1v.jpg yjimagePXUX84IQ.jpg

楽しい時間は瞬く間に流れ去った・・・・・・・・・
そしてGは 美崎が自分の価値観、趣向、心情まで理解していることに深い感銘
を受け、いつしか芽生えた美崎への純粋な愛情を大切にしようと決心していた。

やがて Gに求婚された美崎は 待望の思いに歓喜し それを受け入れた。