FC2ブログ
出会い

最近された浣腸

ももこも親友の元ナース 明菜ちゃんにこれと同じのをされました。

momo123.jpg
ももレディーズクリニック さんより

牛乳を高圧浣腸で飲むと

美容にも良さそう?
aaww.jpg
Ass Squirting

動画はバーチャル浣腸室(恋人でも楽しんでね

初々しい初エッチ

ANUS 診察

ありさもこんな診察をされました。
ANUS CHECK
動画はバーチャル浣腸室(偽医師)で楽しんでね

ありさと紗希の冒険25 沙希の告白2

こんどはありさがお浣腸してあげる本当は沙希ちゃんも浣腸されるの大好きなのよね」
「うん・・・・」
沙希は浣腸されると聞くと子供時代のフラッシュバックで急に恥じらいを見せた。
その態度から{沙希ちゃんはきっと病院で浣腸されるのが好きなんだわ}と確信した。


ありさのその推測は的中していた。
沙希は母親にもよく浣腸されたが、病院でナースやさしく浣腸されるのが大好きだった。
そして中学に入ったころから便秘しても母親には言わず一人で家から遠くの病院に行った。
最近の病院は便秘と聞いても便秘薬だけ出して済ませ、浣腸は希望しないとしてくれない。
沙希は幸運?にも3軒目で浣腸してくれる小さい婦人科クリニックを探し当てた。
そこでは膣を診る場合でも、性体験のない女性には内寝台で浣腸をかけ排泄させる。
それは大腸を空にしてから肛門にも指を入れて腸壁をとおして膣壁を正確に診る為なのだ。
沙希は初診の時に、まさにその処置をされたのだった。
10naisi.jpg

ありさは備え付けのシャワーを軽く浴びてからロッカーに入っていたナース服を纏った。
「沙希ちゃん どう似合う?」
11kango.jpg
ありさはすこし老け顔なので、そのナース服姿はベテラン看護師の様相を呈していた。

沙希はナース服姿のありさの前では、すでに患者になりきっている。
「とても綺麗です」

ありさはその流れで本当にナースになった気分で沙希に優しく話しかけた。

「ありがとうー沙希ちゃん 今日はどうしたのー」
「またお通じがないの」

「うん  ・・・一週間出ないの・・・」

「それは辛いわねー ちょっと診察しましょうね」
「服を全部脱いであの台に上がってちょうだい」

沙希は示された婦人科の内診台に向かい上着脱いだ後下着をつけたまま上がった。

ありさと紗希の冒険24 沙希の告白

沙希はゆっくりと浣腸器の中筒を押してありさの大腸に牛乳を注ぎ込んだ。
「ありさ全部いったわよ さーここで出していいよ 全部出しなさい!」
「えっ ここで出すの? トイレに行かせてお願いよ」
ありさはまさか沙希の眼の前で排泄させられるとは予想していなかった。


沙希はありさが目前では排泄は出来ないので限界を超えて我慢する事を解っていた。
ありさはひんやりとした地下室でも脂汗を全身に浮かべて強烈な便意と苦闘した。

沙希はありさの額に浮かぶ大きな汗粒を唇で吸い取った。
「ありさ よく我慢したわね 見てないから、あそこの便器に出しなさい」

「でもーーー」
ありさは 架けられた手枷のままでの、排泄は厭だったがもう限界を超えている。
部屋の隅まではうように歩いて、便器に座るやいなや白い牛乳と浣腸液、続けて
大腸の中容物まで勢いよく排泄した。
11pic08zxa.jpg

イメージは昭和的郷愁SM画廊 さんより
ありさは暫く放心したように、一点を見つめていたが数分後われに返り部屋を見まわした。
そこには婦人科病院で使う内診台や検査道具、それに色々な浣腸器が揃えられていた。

「すごいでしょう これパパが用意したのよ」
「沙希は気がついていないふりしているけど、去年の夏偶然に入り口を見つけたの」

沙希はこれまでの経緯や自分も時々この部屋でセルフ浣腸を楽しんでる事を告白した。
ありさは沙希の真面目な告白を聞いて、これまでの恥ずかしさも忘れ嬉しくなった。

「沙希ちゃん 有難うね これからも親友でいようね」
「こんどはありさがお浣腸してあげる本当は沙希ちゃんも浣腸されるの大好きなのよね」

「うん・・・・」
沙希は浣腸されると聞くと子供時代の体験がフラッシュバックし急に恥じらいを見せた。

その態度から{沙希ちゃんはきっと病院で浣腸されるのが好きなんだわ}と確信した。


ありさと紗希の冒険23 沙希の計画5

「沙希ちゃん もうだめー トイレに行かせてーおねがーい」
ありさは沙希がそれを簡単に許さない事を知りながら、甘える口調で懇願した。
「だめよ あと2本は我慢しなさい」
沙希はありさがどんなにトイレを懇願しても応じるつもりはなかった。


「はい 2本目 200ccいったよ」

「もうだめ でるー 沙希ちゃん許してー」

沙希はありさが悶えながらもっと欲しいと言っているのを、その表情の裏から読み取った。

「甘えても だめよ 今度は牛乳で200ccいくよー」
さすがにグリセリン50%で300ccは、ありさには辛すぎるだろうと思ったのだった。

「沙希ちゃん 牛乳で200ccなんてもう無理よ許してーー」
ありさの叫ぶような声が地下室に響いたが、ドアは2重になっているので外には一切の音が
遮断されている。

沙希はゆっくりと200ccの浣腸器に牛乳を吸い上げた。
「さー もっとお尻を高くあげて!」
「動かないで! いくよー」

「あ~~~んんん~~ 駄目~・・・・・」
1000mi.jpg
「大丈夫よ 全部入れたら出させてあげるからね」
沙希はゆっくりと浣腸器の中筒を押してありさの大腸に牛乳を注ぎ込んだ。

「ありさ全部いったわよ さーここで出していいよ 全部出しなさい!」

「えっ ここで出すの? トイレに行かせてお願いよ」

ありさはまさか沙希の眼の前で排泄させられるとは予想していなかった。

ありさと紗希の冒険22 沙希の計画4

浣腸器の先にたっぷりとワセリンを塗り、ありさの後方へ廻ると強い口調で指示した。
「いくよー お尻の力を抜いてー」
ありさはしかたなく、沙希にお尻を差し出すしかなかった。


「1本目お薬いれるよー ・・・・・・どう?」
1183.jpg

「うううっ・・・・・気持わるーい」
「お腹いたーい」

「ありさ 今日便秘でしょう? だからお腹いたいのよ」
「じゃー 3本目いれたら出させてあげるから それまでは我慢よ」
沙希はありさの心理を読みながらゆっくりと浣腸液を注入した。

ありさは羞恥心と苦痛の中にも、無理やり浣腸液を大腸に注ぎ込まれる感触が
陶酔感になる自分の変態性を恥つつも楽しんでいた。

「沙希ちゃん もうだめー トイレに行かせてーおねがーい」
ありさは沙希がそれを簡単に許さない事を知りながら、甘える口調で懇願した。

「だめよ あと2本は我慢しなさい」
ggzztitled3.jpg

沙希はありさがどんなにトイレを懇願しても応じるつもりはなかった。

頂きものアナル編1

ファン様からの頂いた綺麗なアナル厳選版です。持ち出し禁止でおねがしますね。

あなたはどのアナルに、どんなお浣腸したいですか?
1152023815896634.jpg mayu.jpg DSCF5118.jpg

3an.jpg  04an.jpg  05an.jpg

06an.jpg  07an.jpg  08an.jpg