FC2ブログ
出会い

知的生命体の頂点とは

  『お疲れ様 有難う もなみ いや ももこ!』
   『え?・・・・・ももこ?・・・あたしはももこさんだったの?』
   『だから あの難解な全能理論が完成できたのね』
 『えぇ! そうよ あなたはあたしの生まれ変わりなの だって・・・・』
 『もなみが生まれた世界は、ももこのパラレルワールドなんですもの・・・』
西暦2375年
全能理論を完全に解読し終えた人類は、近隣宇宙の知的生命体を探索し始めた。
これまでは全能理論を手にしたとは言えその全能理論はどうしてできたのか?
この一点が解けなかったのである。

21世紀の天才物理学者として尊敬されているホーキング Hawking 博士は
「宇宙の誕生に創造者の手は必要ではない、
それは物理法則にしたがって、自然発生した」
と断定している。
宇宙の誕生に創造者の手は必要ではない
宇宙は神の意志に基づいて整然として作られたわけではなく、
偶然が積み重なって今のような姿になった。
そこにみられる必然性は、
存在というものの持つ単純な性質を反映したものにすぎない、
これが、博士がたどり着いた見解である。

しかしその偶然が積み重るその前はなんだったのか?との疑問が出てくる。
その疑問にはホーキング Hawking 博士はこう答えている。
「その前はなんだったのか?」の疑問は時間の観念から出てくるのです。
でも時間そのものが無い世界ではその疑問自体成り立たない。

宇宙誕生の瞬間はエネルギーが質量と等価なので時空の曲率は無限になり
時間は完全に停止している。
時間完全に停止すると言うことは始まりも終わりも無い
ただ空のエネルギーが有るということだけで創造者入りこむ余地はどこに
もないのです。
これは物理の基本法則にしたがっていることなので宇宙の誕生に神の手は
必要無いとなります。
はぁー なんだか旨く誤魔化されたような・・・・・・・・しかし
この考えは、なんと西暦2375年まで多くの物理学者達に支持されていた。

ところがようやく
その最後の謎を解く鍵が見つかるかも知れない解釈が見つかったのである。
それはやはり
全能理論を生み出した更に高次の知的生命体がいたはずだ!
全能理論とは
それを生み出した全能の主に近寄る為の道具でしかなかったのではないか?

そして全能理論を完全に解読した人類も、
全能の主から見ると弟子の一人でしかないと解釈するに至ったのである。

それを証明するには、人類とは別の知的生命とのコンタクトが不可欠だった。
この先は、時空を自在に往来できる ももこにも未知の領域となる。

目隠しされてのイチジク浣腸挿入

すごくぬれちゃったの~

動画はバーチャル浣腸室(恋人)でも楽しんでね

お浣腸の身体検査

友人の国際線CAさんからのまた聞きですが
実際にこれに近いことをされた人を知っているそうです。
その場合は1対1ではなく、1対医師+複数の職員となるそうです。
でもほんとうに悔しいでしょうね。

羞恥浣腸 坂本千尋


お浣腸だけ見てください

お浣腸だけ見てください

百合といちぢく


ダブルバルーンenema

ダブルバルーンカテーテル

ももこも このダブルバルーンを明菜ちゃんにされたことあるよ。