FC2ブログ
出会い

ナース明菜の登場

こうして ももこへの高圧浣腸攻めが始まった 。

排便の終りを告げるとすぐに2回目の浣腸が用意されていた。
「**ももこ様 また1番の浣腸室にお入りください」
kan4-1a.jpg

「ではこれから2回目の浣腸しますから、さっきみたいに横になって下さい」
ベテランナースは慣れた手順で浣腸処置続ける。
「お尻にくだをいれまーす」
kan3-2.jpg kan3-4.jpg kan3-5.jpg
「お湯がいりますよ」
kan3-3a.jpg

こんな調子で、高圧浣腸を続けて3回も施された ももこは まだ粒状の
ものがあるとのことで、ベテランナースに追加浣腸の宣告された。

しかたなく他の患者と浣腸室の前で ももこが控えていると、途中から
交代した ももこと同世代の若いナース明菜が登場する。

「ももこ様 4回目の浣腸しまーす 1番の浣腸室にお入りくださ-い」
明菜は ももこに4回目の浣腸をする事を大きな声で告げた。
kan3-0b.jpg
「**ももこ様ですね」
「4回目の浣腸しますねー」
「さっきと同じように、左を下にしてベッドに横になってください」
「まだ粒状のものがあったので多目の浣腸液で洗っていきますよ~」
「管をいれまーす」
「浣腸液1000ccが入りますので深呼吸して楽にしててくださいね」
ナース明菜は淡々と浣腸処置作業をすすめた。

浣腸液が600cc入ったあたりから明菜は親しげに話かけ始めた。
「ももこさん多目の高圧浣腸は身体にいいし」
「お肌のケアにもいいので私も週二回は自宅でしてるんですよ」

明菜が親しく話かけるのには理由があったのだ。
明菜は今のクリニックにきて、
自分の趣味である浣腸プレイを一緒にできるような
同年代の女性と友人になる機会を伺っていた。
そんなある日
ちょうど自分と気合いそうな ももこが大腸検査前の為に
このクリニックを訪れたのを たまたま見かけたのだった。

明菜は是非とも ももこと友人になろうと ももこの検査日を調べ
先輩ナースに無理に頼み込んで途中から ももこの浣腸担当に
してもらう約束をとりつけていた。
このクリニックでは患者の腸洗浄が終わるまで 同じナースが
浣腸処置、排泄確認をする決まりになっていた。
明菜は先輩ナースを何度か接待して なんとか途中交代をとり
つけた。
先輩ナースは気を効かせて交代してから15分間は 隣の浣腸
室も使用しないスケジュールまで組んでくれていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)