FC2ブログ
出会い

権威体制に負けるな!小保方晴子さん

いよいよ小保方さんの反転攻勢が始まります。

「承服できません」<STAP論文>小保方リーダー代理人「撤回の意向ない」
小保方氏が反論コメント 調査報告書「驚きと憤りの気持ちでいっぱい」
かなり不利な状況ですが初志を貫き頑張れ、小保方晴子さん !

たとえ薄汚い理研からイモリの尻尾切りされても
その尻尾にさえも魂が宿れることを執念で証明して下さい。
haruko_obokata.jpg

晴子さん 武田教授、デヴィ夫人も貴女の純粋な研究者魂を応援しています!
頑張れ、頑張れ、晴子 !



小保方氏「承服できない」/反論全文
調査報告書に対する、小保方晴子ユニットリーダーのコメントは次の通り。
(原文にない説明を一部補足=〈〉内)

 調査委員会の調査報告書(3月31日付け)を受け取りました。
驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。特に、研究不正と認定された2点については、
理化学研究所の規程で「研究不正」の対象外となる「悪意のない間違い」であるに
もかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません。
近日中に、理化学研究所に不服申立をします。
 このままでは、あたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、
到底容認できません。
 ◆レーン3の挿入〈画像の切り貼り〉について
 Figure1i〈論文中の遺伝子解析の画像〉から得られる結果は、元データを
そのまま掲載した場合に得られる結果と何も変わりません。そもそも、改ざんをする
メリットは何もなく、改ざんの意図を持って、1iを作成する必要は全くありません
でした。見やすい写真を示したいという考えから1iを掲載したにすぎません。

 ◆画像取り違え〈博士論文と酷似の画像使用〉について
 私は、論文1〈STAP細胞の作製方法を示した論文〉に掲載した画像が、酸処理
による実験で得られた真正な画像であると認識して掲載したもので、単純なミスであ
り、不正の目的も悪意もありませんでした。
 真正な画像データが存在していることは中間報告書でも認められています。
したがって、画像データをねつ造する必要はありません。
 そもそも、この画像取り違えについては、外部から一切指摘のない時点で、私が
自ら点検する中でミスを発見し、ネイチャーと調査委員会に報告したものです。
 なお、上記2点を含め、論文中の不適切な記載と画像については、すでにすべて
訂正を行い、平成26年3月9日、執筆者全員から、ネイチャーに対して訂正論文
を提出しています。
以上
2014年04月02日 08時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

小保方氏にも弁明の機会を…京大・八代嘉美氏 2014年04月02日
深層NEWS
 幹細胞に詳しい八代(やしろ)嘉美(よしみ)・京都大特定准教授が1日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、理化学研究所の調査委員会がSTAP細胞の論文の画像が捏造(ねつぞう)されたと発表したことについて、「一方的に糾弾される側だった小保方(晴子)さんにも言いたいことがあると思う。直接(表に)出て、弁明する機会が与えられるべきだ」と述べた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)