FC2ブログ
出会い

ETIからのメッセージ

ETIとの交信は、50光年まで探査衛星が接近した所から始まった。
1回目の交信により地球時間では50年の歳月が流れた。
通信担当クルーは冬眠と覚醒により数回の交信を行う計画であるが1回目交信で
友好的挨拶が成立し、2度目の交信によりETIの自己紹介を受信していた。
ETIは当時の人類よりも遥かに進んだ科学文明を構築しており、人類の探査衛星
の近くに自分たちの通信衛星をランデブーさせてきていた。


人類の通信クルーはETIがランデブーさせた旧式の探査衛星を見て失笑した。
しかしそれは、彼らの気遣いで有った事が自己紹介を見て認識させられた。

ETIは自分らの事を全能者という言葉をヘブライ語で訳しshadday,シャッダイ
と呼んだ。
50万年の文明をもつ彼らは、すでに自分らの遺伝子自由に操り自由に形態を
変えたり人類が支配出来ないでいた心の活動まで自在にコントロールしていた。

彼らはコンピュータは使用しない、替わりに膨大な情報を記憶する重水素原子
メモリーとピコ秒で数億の演算できるCPUを体内に埋め込んでいた。
さらに3重水素原子の核融合を特殊酵素で緩やかに反応させ代謝エネルギー
として利用していた。
つまり彼らは食事なしで数千年以上も生きられ形態も心も自在にコントロール
できる まさにシャッダイに相応しいレベルまで進化していた。

当然に数万年前から宇宙を自由に飛び回り宇宙文明地図を創り上げていて、
人類が原始猿から進化していく様を時より訪れては観察していた。
彼らと比べると人類は、人とねずみほどの開きが有ることを思い知らされた。
それでも
通信担当クルーは冬眠と覚醒を繰り返し交信しながら、例の素数の並びと宇宙
の創生には関係があるのか質問してみた。

自分らをshadday,シャッダイと呼ぶETIは、その疑問自体が答えだと意味不明
な回答を寄こした。
またあと一歩でその意味が完全に解釈できるので、どうか貴方たち人類の力だけ
で解明した喜びを堪能して欲しいとも伝えた。

更に我々シャッダイと人類は同じ母(巨大超新星)をもつ兄弟なのだと伝えた。
uchiyama_img02.jpg uchiyama_img03.jpg
最後の通信で数億テラバイトの情報を記憶する重水素原子メモリーと1ピコ秒
で数億回の演算ができるCPUの構造を開示してくれた。
この計算機を駆使すれば、模擬宇宙の開闢から終焉まで数時間で演算できる。
そして素数の並びと宇宙の創生が関係あるのかどうかの疑問は、数秒の演算で
求まるだろうと思われた。

通信担当クルーが思わず後ろ振り向くとそこには懐かしい・・・・も・・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)