FC2ブログ
出会い

人類誕生の謎 Ⅱ

模擬宇宙の開闢から現在までを演算することで、素数の並びと宇宙の創生
にどんな関係にあるのかの疑問を解いてみた。
その結果 原子核内の素粒子の波動と素数の並びを示す関数が完全に符合
する事実が確認されたが、なんとそれは遺伝子のDNA配列の関数と一致
するという新たな謎に直面したのだった。

遺伝子の無秩序なDNA塩基配列を示す関数が、原子核内の素粒子の波動
関数と一致するという事実は偶然では説明できない。
明らかに何かの意図で宇宙の開闢の前に仕組まれる必要があった。

解りやすい例として
生命が進化する過程での巻貝の多様性がある。
巻貝などの螺旋構造は、始めは小さく巻数を増やしながら大きくなるが
任意の直径Aにおける形状は変化しないとう特徴がある。
オウムガイも対数螺旋 Galaxy  
1234年 レオナルド・フィボナッチはその形状を関数で示した。
フィボナッチ
 フィボナッチ数列 
1520年頃 天才とも宇宙人とも称されるレオナルド・ダ・ ビンチは宇宙
の神秘を解する三重の鍵を紡ぎだし、
美の黄金比率を散りばめたモナ・リザにメッセージを込めて世に送りだした。
モナ・リザ
(余談ですが もなみの もなはモナ・リザのモナではなく
 モナミ= 【(フランス)mon ami(男性)/mon amie(女性)】
    人類を我が身として愛する人に通じているんです)

巻貝などの螺旋と渦巻き銀河宇宙の構造も、変化(拡大、縮小)と普遍と言う
矛盾した事象を単純な法則と黄金比率により調和している。

また宇宙の神秘には素数の3が常に絡んでいる。
その証拠として、模擬宇宙の開闢から現在宇宙まで何度演算してもビッグバン
から3世代目の超新星爆発の後に生まれる恒星の第3惑星に生命が誕生する
がそれも3代目恒星誕生から30億で生物と言える
二重らせん構造のDNA double-stranded が自己複製RNA機能を満たし爆発
的に大量発生する。
そのように
宇宙は黄金比率、2次元形状関数、3次元波動関数、スーパーストリング理論
まで同じ原理で構成される。
勿論 細菌も人間もETI地球外知的生命体でさえその例外ではない。
つまり人類の誕生は宇宙の進化の当然の結果であり
やがては宇宙を解明し宇宙そのものを支配する能力を存在となのである。

その全進化過程を新型高性能計算機で演算予測すると
宇宙進化過程

最初は物質(質量を持たない粒子=光子など)と真空のエネルギーが
出現しては入れ替わる いわゆる無の状態が無限に繰り返される。

ところがそこに 明確な意思を介在させる事により物質の方を極僅かに
有利すれば真空のエネルギーが相転移し宇宙の卵が突然出現する。
それが今から
0.0000000000・・・・001秒(10のマイナス333乗秒)前の宇宙である。

そして
0.00000000・・・001秒(10のマイナス33乗秒)後にヒッグス場が生じ
まもなく
0.000000・・・001秒(10のマイナス48乗秒)後に最初の物質が生まれ
と同時に時空は光速の数倍の速さで膨張するインフレーション宇宙となる

3分(183秒)後に水素原子が生成され
300万年(3X10の6乗年)後に最初の星ファーストスターが誕生し

3億年(3X10の8乗年)後に最初の銀河ができる
銀河の渦巻の腕の中では無数の巨大質量太陽が生まれては燃え尽き
超新星爆発を起こし地球や生物をつくる重い元素が生成される

超新星爆発でばら撒かれた星の残骸は
108億年(1.08X10の10乗年)後に重力によりが集まり始め やがて我々の
太陽となる。
その後10億年で最初の?生命が合成され すぐにバクテリアに進化し
156億年(1.56X10の10乗年)後には人類が猛烈に繁栄し たった数千万年
で時空を支配するほど進化してしまう。
この進化速度は単位こそ違うが 宇宙のインフレーションと相似形をとる。

この後 人類が絶滅したとしてその後の宇宙を演算すれば
333億年(3.33X10の10乗年)後に太陽が燃え尽き白色矮星になる。

333・・・3億年(3.33X10の33乗年)後には最後のブラックホールが蒸発し

333・・・・・3億年(3.33X10の333乗年)後に全原子核が崩壊し

333・・・・・・3億年(3.33X10の3333乗年)後に最後の素粒子である
ニュートリノも崩壊し、ダークエネルギーに集約され無(真の真空)の状態となる。

ところが、そのまま演算を進めると
3X10の33333乗年後にダークエネルギーの時空座標が突然反転し
ダークエネルギー(真空)の相転移が始まる。
ここには何の意思も介在しないが 新型高性能計算機で演算予測して
結果を出すという計算機の機能が作用している。

こうして無垢の宇宙が有機的に始まってしまうのである。
このように無垢の宇宙は3X10の3万乗年といyとてつもなく長い周期で
永遠に継続して行くことを新型高性能計算機は示していた。

これらはまさしく3次元空間におけるの陰陽太極図そのものではないか。
            陰と陽の太極図
つまり高次元から観れば何も変化しない陰陽太極図の様な超宇宙駒が
実体在る物(物質)と、実体の無いもの(ダークエネルギー)が座標を入れ
替えながら、永遠に回転しているだけの絵にしか見えないはずである。

そこに神の意図は必要なく超宇宙駒が最初から在り、その超宇宙駒が
永遠に回転しているだけという宇宙観に帰結する。
だとすると その超宇宙駒はどの様にして出来たのだろう?
高性能計算機でもその答えは出せず、その謎は更に深まったのだった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)