FC2ブログ
出会い

権威体制に負けるな!小保方晴子さんⅥ

前回 権威体制に負けるな!小保方晴子さんⅤでは
理研のS氏の会見を見て期待は見事に裏切られました。
自己保身が最優先の骨なしS氏は、
若山教授に矛先を向ける京大出のエリートでした。


との感想を持ちましたが専門知識が豊富な方のこんな冷静?な意見もありました。
抜粋
もっとも好意的な現象の解釈としては、「幼いマウスの免疫系細胞集団の中には全能性をもったMuse細胞が存在し、それらが選択され増殖したものをSTAP幹細胞として同定した」というものでしょう。この仮説を覆す反証を示さない限り、STAP現象を証明したと主張することはできません。理研の皆様、また検証実験に関わっておられる方々におかれましては、この点を心に留め、注意深い検証をお願いしたいと思います。

・・・・・・この所見は至極正しい様に見えますが・・・・・真相は?
 

<STAP問題>不正認定以外の画像2件に疑義
毎日新聞 5月21日(水)22時36分配信

 2件は、いずれもSTAP細胞の万能性を示すため、細胞が全身に散らばることを確認するキメラマウスの実験結果として掲載された。それぞれの画像の元データなどを調べたところ、胚性幹細胞(ES細胞)を使った実験結果として掲載された画像は、実際はSTAP細胞を使ったとされる実験の画像だった。もう1件も論文の説明とは異なる条件の実験で撮影されていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)