FC2ブログ
出会い

権威体制に負けるな!小保方晴子さん Ⅶ

小保方さん まるで罪人扱いですね。
ここまでの屈辱を受けるなら、有る無しは問わず海外の研究室に行くべきだと思います。
権威体制に負けるな!小保方晴子さん ももこは誰が何を言おうと貴女を応援します!

<STAP細胞>小保方氏実験なら厳格監視 理研センター長毎日新聞 6月26日(木)7時15分配信
STAP細胞検証実験の計画概要
 STAP細胞の検証実験について、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の竹市雅俊センター長は25日、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー自身の手による実験が実現した場合、ビデオでの監視など厳格な管理下で実施するとの計画の概要を、毎日新聞の取材に明らかにした。竹市氏は「疑惑は決定打にはなっていない。STAP細胞があったかどうか、小保方さん自身の実験で見極めたい」と本人参加の意義を述べた。

【小保方氏、若山教授に反論】「マウスも細胞も若山研究室から」

 また、竹市氏は現在CDB内のチームが進めている検証実験に既に小保方氏が立ち会い、実験には直接携わらないで助言していることについて、その頻度は「主治医の許可があるとき」と説明した。

 小保方氏の実験参加については、下村博文・文部科学相が支持しているほか、理研の野依良治理事長も「(参加しなければ)決着はつかない」との意向を示している。今後、理研理事会が可否を判断するとみられる。

 正式に参加が決定し、小保方氏によってSTAP細胞とみられる細胞ができた場合、(1)竹市氏らの立ち会いや実験全体をビデオで監視、部屋の出入りや細胞培養装置も鍵で管理するなどの条件で再度実験内容を確認(2)小保方氏に習った理研スタッフが独自に再現(3)理研外部の研究グループにも参加を求める--などの手順を明らかにした。一方、小保方氏が1年以内に作製できなければ、プロジェクトを終了するという。現在の検証実験では、STAP細胞は弱酸性の液体にマウスのリンパ球を浸して作り、マウス実験でさまざまな組織になる万能性を確認することを成功の条件としている。
【須田桃子】

コメント

まだ頑張れとか他の奴らが悪いとか言って、小保方を信じてるのか・・・
その信じる理由はなんなんだろう。好みのタイプだとか、心情的なものだけでしょう。きっと

そろそろ察した方がいいよ・・・。遅すぎるけど

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)