FC2ブログ
出会い

再会

一週間後、
ももこは明菜に連絡を取り近くのイタリアンレストランで再会した。


クリニックとちがい私服の明菜は、服のセンスも良くスタイルも抜群で
ももこの大好きな姉の面影が少しある清楚な美人だった。

「ももちゃん、この前は本当にごめんなさいね」
「今日は私に驕らせてね 何でもどんどん注文して」
ももこが遠慮がちにしていると
明菜は、慣れた口調で年代もののワインと料理を注文した。

「ももちゃんとの再会にカンパーイ!」
明菜は、すでに興奮気味だ。

食事の間も明菜はよく喋り続けた。
自分の趣味や家族のこと、ももことの出会いに運命的なもの
を感じたことなど。
 
ももこも美味しいイタリア料理と明菜の話に、引き込まれ時間
の経つのを忘れて話こんだ。


食事も終わり、ほろ酔いでくつろいだももこは
先に浣腸の話題をきりだした。 
「ねえ明菜ちゃん、わたし子供のころ、姉さんが看護婦さんに、
 すごく大きな点滴を尻からされて泣いていたのを見たんだけど・・・」
「あれって高圧浣腸だったのね」

明菜は真顔になり
「そうね それはきっと石鹸液での高圧浣腸ね、以前は熱や
 便秘してるとすぐ浣腸をかけてたらしいから」
g1.jpg
画像はhttp://mbsp.jp/kanchou/ さんより

明菜は話を続けた
「そうね それはきっと石鹸液の高圧浣腸ね、以前は微熱や
便秘してるとすぐ浣腸をかけてたらしいから」

明菜も高校のころ便秘して保険室で石鹸液の高圧浣腸をされたことがある。
保険室で石鹸液の高圧浣腸
それ以来 浣腸に魅了され、色々調べてみると
その様な経験をきっかけに浣腸が好きになる女性が多いこと、
そして密かにセルフ浣腸を堪能しては、自己嫌悪になり悩んだこと、
その深層心理まで深く踏み込み勉強をしたこと、
それは幼い頃の自然な排便(快感)欲求から生じた痕跡らしいこと、
その研究が元で、今の看護師になったことなど詳しく話してくれた。
1153319927747483.jpg
画像はhttp://mbsp.jp/kanchou/ さんより

そして明菜は、ももこが潜在的に浣腸に興味がありそうなこと
を自分の経験から、即時に見抜いたのだった。
しかも 明菜が探していた好みのタイプに完全に合致していた。

その通り 今のももこは浣腸の虜になりかけて、明菜の話を聞
いただけであそこまで疼き濡れ始めていた。

最後にデザートを食べながら
「ねーねー ももちゃん、今度うちにこない?」
「わたし中華料理も得意なの、是非食べにおいでよ」
明菜は、ももこを誘い出して自宅で浣腸プレイをしたいと考えた。

「わたしも中華(浣腸)は大好きだけど・・・・」

ももこが明菜の家で浣腸プレイに誘われることを察して、躊躇し
ていると
「ももちゃんが嫌なことは絶対しないから、ねっ いいでしょう」

「わたし明菜ちゃんにもあれ(浣腸)をしてみたい」
ももこは明菜にも浣腸してみたい意思を恥ずかしそうに伝えた。

「うん いいよ じゃー決まりね 約束よ また連絡頂戴ね」
明菜は熱く答えて、安心した表情に戻った。

別れ際、明菜は奇麗にラッピングされた袋をももこに渡した。

コメント

Re: はじめまして。

KAZUさん
コメントありがとうございます。
OMC倶楽部との相互リンクの件問題ありません。
宜しくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)