FC2ブログ
出会い

浣腸と排泄

その理不尽に侵される感触に
ナースの明菜に無理に浣腸されている情景へと妄想を膨らませた。
「あ~だめ・・・・・明菜ちゃん・・だめ~・・」
それは遠い昔、姉に強引に浣腸されたシーンとも重なった。
これこそが明菜のサプライズの狙いだった。


あの時は、姉にイチジク浣腸を2個も注入され、すぐ出しちゃだめよ。
と強く促され泣きながら我慢した。
トイレを許されるまでの辛い体験が今鮮明に蘇ってきた。

浣腸器を抜き、そのまま床に伏せて、押し寄せる辛い便意に
必至で堪えていると、厳しい姉の顔は、少しずつ明菜の顔に変わり、
やさしい視線の先に甘美な快感に変わり、それは全身へと広がった。

そっと秘部に指を伸ばすと、愛液が床に滴り落ちるほど溢れていた。

ももこは一番感じる突起を親指と人差し指で揉みながら、中指を膣に
挿入してみた。
これまで一度のオナニー経験もないももこだったが
それがゆえに強い刺激になり
そのまま逝きそうな快感と、強烈な便意を堪能した。
「う~・・・・・あ~いいわ・・明菜ちゃん・・・・」
押し殺した狂おしい悶え声が静かな部屋に響いた。

しかし生まれてはじめてのグリセリン大量浣腸液の効果に
すぐに我慢の限界に達した。
腰を捻りながらトイレに駆け込んで大腸の嵐を勢いよく解放した。

翌日、あの浣腸初体験を報告したくて明菜に電話した。
「明菜ちゃん 早速あの100ccの浣腸器使ってみたよ」
「でも自分ではすごく難しくて、床に立ててしゃがむようにしたら
 なんとかできたわ」

明菜
「ほんと?ごめんね説明しないで、別の袋に50cmくらいのゴム
 チューブが入っていなかったかなー?ネラトンカテールと言うの」

ももこはそのカテールが入った小さな包装紙を見落としていた。
「あーこれね」
先に穴が2個開いた緑色のゴムチューブが確認された。
tyu-kan1.jpg

「それを浣腸器の先に繋いですると自分でも簡単にできるのよ」
tyu-kan2.jpg  tyu-kan3-.jpg tyu-kan4.jpg

「なーるほどーこれなら楽にできるね、ところで明菜ちゃんもこれでしたことあるの?」

「うん 何度かしてみたことあるわ」
「でも ももちゃんも使ってくれて すごく嬉しいわ」
「明菜は200ccの浣腸器ももっているのよ、その2倍だから迫力あるわよー」

「そうなの、こんど遊びに行った時にみせてね」

ももこは暫らく間をおいてから
「それを明菜ちゃんにしてみたな」
と冗談を半分で話した。
 すると明菜は本気で返してきた。
「明菜はいつでもいいけど、そのあと ももちゃんにもさせてね」
この会話で明菜は日をおかず ももこが自宅を訪れるであろうと確信した。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)