FC2ブログ
出会い

なおこの浣腸秘話 第1話 初めての浣腸

この物語はファンの なおちゃんの小学校の時の羞恥の浣腸体験から
ももこ達と出会い、そして各種プレイ体験へと発展していきます。 

なおちゃんへ
内容については題名も含め何でもご注文くださいね。
(このアダルトブログでは、ようじやしょうがくせいなどの漢字は使えません)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
九条なおこは、平安時代後期の公家 藤原 忠通(ふじわら の ただみち)
の直系の子孫で、地域や学校でも評判の美少女だった。

                           Fujiwara_no_Tadamichi_from_Tenshi_-_Sekkan_Miei.jpg
81306024001367.jpg
1408995287.jpg 

小学校の頃は、女中を3名も雇用する大きな屋敷でお姫様の如く育てられた。

少し我がままに育ったせいか なおこは時々忘れ物をすると、学校まで自分の
世話担当の女中に持ってきて貰うことも幾度かあった。

そんなある日、今日が検便の提出日で有る事をすっかり忘れて登校した。
こればかりは、さすがに女中に頼むことは出来ない。
しかたなく担任に相談すると、学校のトイレで採って来なさいと検便の道具を
渡された。
やむなくトイレで出そうとするが、慣れないトイレでは全く便意を催さない。
頑張った末に諦めて担任に延期して貰えないか頼んだ。
「先生 どうしても出ないんです 明日じゃだめなんですか」
良家の娘の依頼でもこれは聞けない事情が有った。
「なおちゃん ごめんね 先週何人かやすんだ子がいるでしょ それでなにか
  わるい菌がないか いっせいに検便することになったのよ」
「だから どうしても今日全員分がいるんだけど 困ったわねー
 どうしてもでないの?」
「うん それに・・・ちょっとお腹もいたいの」
「じゃーね保険室のおねーさんに相談してみましょうね」

保険室には今年から近くの診療所から、若い看護婦が週に2日だけ出向くこと
になっていた。
「恵美さん なおちゃん 検便が採れないんで いい方法ない?」
「そうですね しょうがないからお採便棒を使いましょう」
「そうね お願いするわね」
と言い残し保険室から担任は出て行った。

恵美看護婦は(チャンスとばかりに目を輝かせ)採便棒を袋から取り出すと
「なおちゃん この棒をお尻にいれて便を採りますよー
 前屈みになって両手で足首をつかんでねー  そうよ」
「パンツをおろしますよー」
「いれるね 息をはいてー はー」
と言いながら なおこの小さい肛門に採便棒を入れようとするが・・・・・・
「いたい いたいよー」
「あー これはだめだわ 便秘で下の便がかちかちよ」
「なおちゃん 何日出てないの?」
「んーとね たしか3日くらい」
「だから 便がかちかちなわけね すぐに浣腸してすっきりしましょ」
「かんちょう?なんなのそれ いたくないの?」
「お尻から薬いれて便やわらかくしてだすのよ」
「ちょっと気持ち悪いけどすぐにすっきりするからね 
 おねーさんにまかせて 大丈夫よ」
「準備するから ちょっとまっててねー」

恵美看護婦は小さい浣腸器を探したが、あいにく50ccの浣腸器は肛門へ
挿入部(嘴菅 しかん)が割れており、あとは100ccの浣腸器しか無かった。
小学3年生に100ccの浣腸器は、あまりに恐怖だろうと思い、恵美看護婦
は自分が常用している30gのイチジク浣腸を使うことにした。
念のため2個を36度に暖めて なおこを呼んだ。
アイドルの愛用グッズは浣腸です!
「なおちゃん 今から お浣腸しますので服を全部とりましょうねー」
「えー かんちょうなんかやだー なお もう帰る」
「ごめんねー なおちゃん  おねーさんが優しくしてあげるから大丈夫よ」
「便で服をよごすと恥ずかしいでしょう だから裸の方が安心よね」
恵美看護婦はこのチャンスを逃すまいと言葉巧みに説得した。

「いいこね じゃーね 台に上がって頭を下にしてお尻を高く上げてねー」
なおこは半泣きで諦め、恵美看護婦の指示に 従った。
20141214062520742_2ss.jpg movie-jn4bvr89.jpg
「あら 可愛いお尻ね そのまま力をぬいててねー」
恵美看護婦は、なおこの小さな肛門を開いてピンクのイチジク浣腸を挿入した。
「なおちゃん お薬いれまーす ちょっときもちわるいけど すぐにすっきりするからねー」
「ううう・・・ おねーさん気持ちわるいよー」
「大丈夫よ すぐにだせるようにオマルを用意したから 120数えてからだしましょうね」
41PWMJmuCGL.jpg
恵美看護婦は 低学年に用意してある子供用のキティちゃんのおまるを持ってきた。
「おねーさんと一緒にかぞえてましょうねー いーち にー さーん ・・・・・・・
  ・・・・・・はちじゅういーち はちじゅうんにーい はちじゅう」
「もうだめ ああああ・・・・・」
なおこは、ついに我慢できずにおまるをまたいで漏らした。
しかし透明なイチジク浣腸液しか出ていない。
「だめねー 120数えないとお薬だけ出るでしょう もう一回ね」
なおこは、恵美看護婦のきつい言い方にのにも抵抗できなかった。
「お尻をもっと高く上げて! いれますよー」
333-1.jpg
「 お薬いれまーす こんどは ちゃんと120数えてからだしましょうねー」
 「一緒に いーち にー さーん ・・・・・・・
  ・・・・・・はちじゅうきゅう がんばってー」
「もうでる でるー おねーさんお腹いたいよー」
「あとちょっとよーがんばってー きゅうじゅう きゅうじゅういち きゅうじゅうにー・・・・・
 ひゃくじゅうはちい ひゃくじゅうきゅー ひゃくにじゅう はい出していいよ」
・・・・・・・・・ぶっぴぴぴーーーー
なおこは、生まれて初めて他人の前で羞恥の排泄姿を晒した。
「なおちゃんすっきりすしたでしょ また何日も出ない特は相談してね」
「おねーさんがいつでも浣腸してあげるからね」
「これはね よくがんばったご褒美よ」
そのプレゼントこそ恵美看護婦が愛用しているピンクのイチジク浣腸だった。
「ありがとー」
なおこは、なんとなく恵美看護婦を好きになっていた。
それは母性に引かれる親子愛にのような、深い信頼関係を意味していたのだが
いまの なおこには、厳しいそれでいて素敵なお姉さんとして子供心に焼きついた。
そして 恵美に貰ったイチジク浣腸は、なおこの生涯の宝物になっていくのだった。
13725647_1778134432431788_1640864045_n.jpg 

コメント

Re: ※ご提案※

sO様
ご挨拶有難うございました。
記事の中で画像をリンク付きでお借りするかもしれません。
でも広告関連はどなたにも失礼しておりますのでご了承下さいませ。

Re: ありがとうございます(^^)♪

なおちゃんの実際は盲腸の手術前にされた浣腸が最初だっのですね。
前後しますが次回に盲腸手術前の(つらい)浣腸に取り入れさせて頂きます。

『するりんちゃん』のぬいぐるみ可愛いですね
http://www.ichijiku.co.jp/sururin/
これを寝室のベッドに飾っていると、本当に浣腸の魔力にとりつかれるそうですよ!
そして ももこと・・・(^^)

ありがとうございます(^^)♪

ももこさん♪私が小学生の時、保健室でのお浣腸のお話ですね(^^)
盲腸の手術前にされた以来のお浣腸でした(^^;
イチジク浣腸の携帯ストラップ可愛いですね(*^^*)
私ゎ以前、イチジク浣腸のアンケートでもらった『するりんちゃん』のぬいぐるみを寝室のベッドに飾ってます♪(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます(^^)

こちらこそ なおこさんと知り合えて嬉しいです♪

たぶん なおこさんのほうがちょっとだけ上ですが、なおちゃんと呼ばせてくださいね。
ももこは ももでかまいません。

なおの浣腸物語のほうは、ももこが なおちゃんの思いを勝手に想像しながらエロチックに進めていきますねv-341
途中での変更など臨機応変に対応しますので、なんでも仰ってくださいねv-346
大筋は良家のお嬢さんが、浣腸やソフトSMにはまっていき、いつか ももこ達と出会うことになる予定です。

ありがとうございます(^^)

ももこさんと、ひょんなトコから?仲良くなれて嬉しいです♪
ちなみに私ゎ、ももこさんより間違いなく?年上かも…(--;)
彼氏クン無しの淋しいアラフォー♀です(^^;

お浣腸初経験ゎ小4の時の盲腸の手術前にされたイチジク浣腸でしたぁ(*^^*)
しかも全裸で和式トイレで…(><)
めちゃめちゃお尻*気持ち悪いし、ウンチ出した後はお腹ゴロゴロでゲッソリでした(ヽ´ω`)
もぅあれ以来、お浣腸なんて恥ずかしいし死んでしたくない~!って思いました(ToT)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)