FC2ブログ
出会い

みえちゃんの浣腸経験

ファンのみえちゃんの浣腸体験の後編です。
前編は削除されました。 ごめんなさい

高圧浣腸のカテーテルを入れる前に、肛門の触診を
研修の看護婦さんにもされるとは、情けなくも悲しい
ようなうれしいような複雑な気分です。

研修の看護婦さんは、みえこ様もう一度触診を
させて戴きますのでお尻の力を抜いて、お口で
息をしてくださいねー では失礼まーす
慣れたせいか今度は、お尻に気持ちのいい異物感
を感じます。

研修の看護婦さんの指はさっきの先輩の指より
細く奥くまで入っても違和感はなく快感だけが
だんだん湧き上がります。
a1.jpg

指を奥くまで入れたら、そのまま回転させました。
わたしが思わずううって声をもらすと、すぐに
終わりますよと言いながら、指を回転させながら、
あらっと言いました。

先輩の看護婦さんが、なに?と聞くと10時の方向
にすこし硬いものが・・・と言いました。
先輩看護婦さんが近寄り
みえこ様ごめんなさいと言い、また太い指を肛門
へ入れて、ごそごそかき回して、ああこれは内痔核
ねすこし腫れているけど心配ないわねと言いました。
でも私は悪い痔でないか心配になりました。

触診も無事に?終わり
いよいよ高圧浣腸が始まります。
みえこ様これから浣腸をかけて行きますが、最初
排便用に石鹸浣腸を500ccします。
119pic06.jpg

そのあとお湯で数回腸を洗いますね。
そのあと研修の看護婦さんへ指導します
浣腸液は38℃くらいね。確認して
肛門に入れるカテーテルに長さは7cm位までよ
カテーテルにメモリがあるべしょ、ほら
あなたが入れてみて、内痔核が有るので注意してね
と言われ研修の看護婦さんが
みえこ様 肛門に管がはいりまーす
さっきの様に尻の力を抜いてお口で息をして下さいねー
失礼まーす・・・・
スーと深くまでカテーテルが挿入されました。
p6xx.jpg

浣腸液をいれますよーと言いカチッと金属音がした
とたん暖かいものが勢いよく流れ込んできます。
しばらくして、先輩看護婦さんが言います。
みえこ様 石鹸浣腸は排便用なので出来るだけ我慢
してから出して下さい。
それから便を確認しますので流さないでブザーを
ならして下さいね。
はい終わりました。管を抜きますのでお尻をきゅと締
めて下さい。
トイレはあちらですが ここで少し我慢しましょう。
と見ています、お腹はだんだんごろごろなりはじめ
すごい便意が容赦なく襲い掛かります。

2分くらいして
ではトイレに行ってください。排便は流さず
ブザー押してくださいね。
と言い二人の看護婦さんは部屋を出て行きました。

急いでお尻を抑えつつトイレに飛び込んで、大量
の便と浣腸液が排出されました。
しばらくしてブザーを押すと二人の看護婦さんが
あらわれ排便状態を確認し問題ないですね。

では次はお湯で腸の中を洗いますね
またさっきのベッドに横になって下さいと言われ、
横になってしばらく待っているとさっきより大きな
ポリ容器に浣腸液を満たした物と交換しました。
見ると2000ccまで目盛りがあります。
e0159_720g_0006111.jpg

怖くなって これ全部入れるんですか?と聞くと
1000ccで2回分ですと言われ少し安心しました。

5611.jpg
注入が始まると500ccくらいでお腹が苦しく
なり 1000ccなど入りそうにも有りません。
苦しいですと言うと盲腸まで届くには1000cc
くらい要りますのでもう少しですよーと静かに見て
います。ううう出る出ると思いながら我慢している
とようやく1000cc入りました。

はいおわりですよ、管を抜きまーす。
今度は便を流してもいいですよ。
そのあともう一回して確認しますと言い残し部屋
をでました。

2回目の排便は初めは透明でしたが、だんだん黄色く
なり最後は茶褐色のものすごく臭い便がでました。
これが宿便かと思いながらすぐに流してブザーを
押しました。
すぐに看護婦さんが現れ、はい3回目をしますので
またベッドにお願いします。

管を入れまーす。液がはいります。さっきと同じ要領
で浣腸は進みます。今度は800ccくらいまでは楽に
いりあと200ccがすこし苦しい程度でした。

つぎは便を確認しますと言い看護婦さんが部屋を出た
あと3度目の排便です。さすがにもう水しか出ません
が最後のほうですこし黄色い液体になりました。

便を確認してもらい、検査準備OKとなりました。
ようやく浣腸攻めから解放され、検査衣に着替えてから
検査室の前で待機していると、さっき浣腸をした先輩看
護婦さんが現れ肩に腸の運動を止める注射をします。

少し痛いですよと、小さな注射器の針を肩の下にさし、
薬を注入します。
これが蜂がさしたみたいに凄く痛いのです。

ほどなく検査室に呼ばれると、そこには胃のバリュウム
検査見たいな検査台があり、横には1000mLのガラス製
高圧浣腸容器に、白い液体を半分まで満たしてセットされて
いました。
100pic01.jpg

これから腸のレントゲンを撮ります。空気を沢山入れます。
苦しいですがちょっとの時間の我慢ですので頑張って下さい。
と検査技師が窓越しに言いました。

看護婦さんに支えられ検査用ベッドに横になると検査衣の裾を
捲られ肛門に管を入れますね。浣腸より数倍はある大きな
カテーテルが挿入されました、そして抜けないように風船を
膨らませますよーと50ccの浣腸器をカテーテルから分岐した
細い管につなぎます。
そのうち
なにか肛門の奥でふくらみ、すごい異物感と便意が高まります。
思わず漏れそうですと言うと大丈夫ですよ、しっかり風船で栓を
していますので漏れませんと言われたので、力んでみだらホント
に全然洩れる気配は有りません。
daburu.jpg

安心したのも束の間、ではバリュウムを入れますねと高圧浣腸
器から延びたチューブを浣腸カテーテルに繋いでバリュウムの
注入が開始しされました。
冷たい どろっとした感触の液体が腸の中に広がります。
500cc全部入った頃、今度は空気を入れますので少し
苦しいですよと、言われどんな感じか待っていると、ポンプが廻り
自動で空気がシュシュシュと注入されます。

そのうちお腹がパンパンになりオナラを何日分もためたみたな
苦しさに思わずうううっ苦しいと声を上げました。
検査技師はその声を聞いて、もう少しですよ頑張ってと励まし
ますがお腹はパンクしそうです。
いっそ漏らそうとお尻を緩めても風船で栓をされた肛門から
はバリュウムも空気もいっさい漏れません。

情けない気分でつい涙がでてきました。
何でこんな目にあわなきゃならないの。
その体制でレントゲンを取るため何回も回転したり、逆さまに
なったりと、なかなか終わりませんこれは拷問よー
と叫びたくなりました。

20分くらい苦悩してやっと解放された時は、放心状態でした。
あの注腸検査だけは2度とされたく無いです。
検査が終わりトイレで排便、排ガスしてなんとか少し楽になり
ましたが、その日いちにちお腹に違和感が続きました。

検査結果は下降結腸にポリープらしい影があるので、後日
内視鏡検査をすることになりました。
内視鏡検査ではこの病院は浣腸はしないで腸管洗浄液をのむ
だけだと説明されやれやれです。

帰りに生理痛の痛み止めを頂いて長い一日が終わりました。
思えば何年ぶりの浣腸体験で忘れられない経験になりました。
みえこ

みえちゃん貴重な経験談ありがとう。
以前の受信箱に残っていましたのでまた掲載させて戴きました。
雰囲気を盛り上げるため、ももこが適当な画像を挿入しました。
画像は
http://mbsp.jp/kanchou/
http://www.nostalgicsm.org/main.html
http://duga.jp/main/
http://www.sanwapub.com/taciyomi/mook/karte/vol62/index.html
さんなどからの切り抜きです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)