FC2ブログ
出会い

ももこと Jさまの浣腸室 第6話 SMと高圧浣腸

Jの肉棒は たちまち充血し愛液(がまん汁)まで垂らしはじめた。
すると・・・・・・
急にアナル攻め中断した ほなみは隣の部屋につずく扉を開いてJを引き込んだ。
この部屋こそ ほなみの為に新設された本格的お仕置ルームだったのだ。


ほなみは Xに組まれた赤い角材に Jを背面から手足を縛りつけると
いきなり Jの背中に容赦なく鞭をあてた。
ピシッー ピシッー ピシッー
 Jは打たれるたびに仰け反って叫んだ。
「痛っ やめて下さい ほなみさまー」
「いいえ だんだんこの痛みが快感になるのよ 本当よ!」
Jは SMに少し興味はあったが こんな痛いプレイは敬遠したかった。

「うん そろそろね 大丈夫そうね}
「Jちゃん 良く我慢したから今度は気持ちいいことしてあげる」
Jのアイマスクをずらして浣腸用のイルリガートルを見せた。
yjimageZTMUE3UB.jpg yjimageE13GNFRD.jpg
「これはね 高圧浣腸用のイルリガートルとバルーンカテーテルと言うのよ」
「これであなたの大腸を綺麗に洗ってあげるわね」
「え こっ こんな大きい浣腸器でするんですか? 怖いです」
アイマスクを戻して ほなみは冷たく告げた。
「大丈夫よ 女性でも1500ccは無理なく入るのよ」
「あなたは2000 でも足らないかもね いくわよー」
というと背面からJの肛門にバルーンカテーテルを差し込んで膨らませた。
20151117205546f24.jpg
浣腸液を満たしたイルリガートルを 2mのフックに掛けると勢い良く Jの体内に
浣腸液が流入してくる。
「う おおおおお これはーーー」
浣腸液が大量に連続して流入してくる感覚は初めて経験するが嫌な感じは無い。
しかし 1500ccあたりから腹部の暴慢感が急激に強くなった。
「もう だめです 許してください ほなみさま」 
「だめよ もっとのむのよ」
と今度は尻タブに鞭をあてた。
パチン  Jがビクンと仰け反ると残りの浣腸液がすーと流れ込んだ。
「ほら まだ入るじゃない」
パチン  パチン 数回も叩くと2000cc浣腸液は全てJに流れ込んだ。
それでも バルーンが栓となり排泄はできない。
「もう少し入りそうね」
と ほなみは1000ccほどの浣腸液を継ぎ足してイルリガートルをフックに掛けた。
4-2 1L
これを全部入れると3000ccとなるが、2500cc以上いれると 浣腸液が回盲弁を
逆行して回腸内へ流れ込み、、細菌性小腸炎などが発症する危険がある。

ほなみは浣腸液の残量とJの様子を慎重に確認しながら Jの腹部をさすった。
「Jちゃん これを我慢すると 
  次は ももこ先輩が最後の仕上げで 最高に気持いいことしてあげるそうよ」
「だから 頑張りなさい」
「でも・・・・・ もうだめ お腹が破裂しそうな感じですうーーー」
Jは 少し大げさに苦悶して見せた。
「あとすこし 頑張るのっ!」
「ううう・・・・・・・」
「ほら あと200ccで 2600ccよ これで許してあげるわ」
2400ccも入ると Jの腹圧も上がり200cc入るのに数分も要した。

「はい 2600cc入ったわよ えらいわ Jちゃん いますぐ排出させてあげるね」
ほなみは 角材に縛りつけた Jの手足の紐を手早く解いた。

そしてバルーンカテーテルを挿入したまま Jを内診台へと導いた。
Jは まさか排泄するのに内診台に寝かされるなんて想像すらしていなかった。
「ももこせんぱーい 準備OKでーす」
ほなみは Jの膝を内診台に固定してアイマスクを外すと大きな声で ももこを呼んだ。
「Jちゃん 最後の治療は ももこせんぱいよ 楽しんでね」

コメント

Re: タイトルなし

Jさま
ももこが選んだレオタードを堪能いただき嬉しいです。
このあとも ももことJさまの妄想の世界を楽しんでね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Jさま
ももこが選んだレオタードは如何でしたか?
そして
30分上も射精を我慢し 浣腸液3000ccにも耐えた
Jさまを ももこがノーブラの乳房を Jさまの胸に押し当て優しく撫で回しました。
ももこは実際その場にJさまが実在しているつもりでお相手してますv-344

次回 第8話から 第9話 深層心理治療では
Jさまを犯罪者予備軍にしたて上げ
サロン・ド・モナミ総力で Jさまの深層心理治療をさせて頂きます。
その意図は
どんな人でもちょっとしたことで人生を狂わすこともあるし
また その時々での考え方しだいでより良い人生を選択できる自由があるさらに言えば
自我に一切惑わされず、在るがままの本来の自分に向き合う貴重さ、そして人間の愛と
か英知について気付く素晴らしさを広めたいです。
ずいぶんと飛躍した固いテーマですので
不快ならば第8話から内容を遡って変えますので遠慮なくお申しつけくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Jさま
ほなみは、もっと攻めるのが好きなんです
次回はどんなことをされたいか聞かせて下さいね!
でもスカトロはご容赦下さい><

今日の最後の治療を、ももこと共に楽しんでくださいねv-344

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)