FC2ブログ
出会い

「なおとももの浣腸物語」 第8話 レズの新学期

「わたしぃ 女でよかった!」
「だってこんなに深い歓びを感じられるんだもん ももは?」 
「もちろんよ! ねーキャス」
「コース 日本は いえそれ以上に なおと ももは素晴らしいわ」
「いつまでも レズ友でいようね」


楽しかった春休みも終わり、JKの3年になった 二人は隣街にある撮影
スタジオにいた。

撮影スタジオと言っても医療系SMや医療実習などの撮影にも使われる
多目的撮影スタジオである。

ももこは キャサリンの友人が経営する撮影スタジオの使用許可を貰った
もちろん料金はかかるが その友人の計らいで使用した物品の清掃代と
消費した物の原価だけだった。

「なにこれ おもしろーい」

「いろんな責め具があるのね なんだか怖いなー」
最初はSMの部屋で 無邪気にはしゃいでいた二人だったが・・・・・・・・

おのずとプレイもエスカレートしていく。
「なお スカートを自分でめくりあげなさい」
おずおずと、何も言わずに少しだけスカートの裾を持って持ち上げた。
「もっと大きく持ち上げて あたいにショーツを見せるの」
ももこは強い口調で命令した。
「・・・はい・・」
nn2043.jpg
「あら! 可愛いショーツじゃない これからどうしような~」
なおも ももこの命令口調に異様に興奮した。

「じゃね 両手を後ろに廻しなささい」
両手を後ろで縛り上げて その縄を胸にかけて縛り上げる。
なおはその間も うつむき加減で黙っている。
nn2048.jpg nn2051.jpg
ももこは なおのショーツを下げ ブラもずらして羞恥心を煽った。
「なおの おっぱい大きいね それでもJKなの」

「じゃあもっといいことしようね」
「そのベッドにうつ伏せになりなさい」
なおは 両手が後ろに縛られてい それが股間の縄につながっている為
自由に体を動かすことがでいない。
ももいが今が何をしようとしいているのか見ることができない。

ももこは 蝋燭に火をつけて なおの白い尻たぶにポタリポタリと垂らした。
「きやぁぁ、いやゃゃ なにするの! 痛い痛いーー」
2059nnn.jpg
「なによ 大げさね 罰として 乳房にも垂らしてあげるわ」
SM用の蝋燭は低温で溶ける蝋なので我慢出来る程度なのだ)

ももこは なおを足で仰向けに転がして両手両足をベッドに縛りつけると目隠
しを外して 乳房の端のほうから蝋燭を垂らし始めた。
 2065nnn.jpg  
こんどは蝋燭が見えるぶん逆に恐怖と期待感が増してくるはずだ。
「痛い痛いーー もも 痛いよー 」

「甘えても無駄よ この痛みが快感に変わるの だって なおはM女なんだもん」
「でも痛いいーー 」
と言いつつも なおの表情は苦痛の泣き顔から快楽の笑みを含んでいた。

「さあ 立つのよ これはどうかな なお」 
yu036nnn.jpg  

ももこは なおの白い背中にビシッビシッとしなやかな鞭を当てた。
その背中には ほんのりと赤いすじが浮かんでくる。
「もういやーーーーいたーいーー 」

「まだ まだよ 好きなだけ泣きなさい」

「あぅううーーー許してーー 」

「そうね いいわ もういいでしょう 許してあげるわ」

ももこは尻と乳房とに貼り付いた蝋燭を丁寧に剥がして なおの乳房に唇を
当て乳首を何度も転がし 時々軽く噛んだ。
c140831h4.jpg
同時に なおのアナルに中指を入れ膣とクリトリスを刺激すると なおはすぐに
快感極まり昇天した。
「ああー ももちゃん最高 いっくうううーーー」  






数分も快楽の天国を彷徨った なおが目をさました。
「なお お疲れー あっ まだたりないのね」
「じゃー仕上げに お浣腸しましょうね」
「今日はこの浣腸器でするのよ」

「なにこれ 動物用の浣腸器じゃないの?」
「やだ こんなの絶対やだ!無理!」

「まあ まあ あとで ももにもさせてあげるから ねっ」
ももこは 本気で嫌がる なおを優しく言いくるめて目隠をすると ついでに
両手も縛りあげた。
「さーいくわよー 500cc浣腸器の洗礼よ」
naokkki3333.png
なおは背後から犯されるされる特大浣腸に泣きながら悲鳴あげた。
「いやあああーーーー ももやめて もれちゃうーーーーおねがい」

「まだまだよー つぎはソファーに後ろを向きで座るの」
「お尻を突き出してー 2本目よ」
naokkki33.png naokkki333.png
ももこは1000ccの浣腸液を容赦なく なおに注ぎ込んだ。

「だめだめ もれちゃう お腹いたーい」

「あと空気を500ccねーーー はーい おしまい」
「我慢できないでしょうから その便器にしなさい」

「えー そんなー ももが見てる前で できないわ」

「いいわよ じゃー我慢なさい」
「そうそう この浣腸液には 500ccのグリセリンをいれたのよ」
「あと何秒もつかしら~ なおちゃん」

「えーん ひどいわ ももちゃん」
なおは しばらく子供のように泣いていたが 30秒もしないうちに観念して
開放された白い便器を跨いだ。 
yu036nn.jpg

第7話 3Pレズ へ         第9話 なおの逆襲 へ

コメント

Re: スゴぃですね( ☆∀☆)

もしも なおちゃんと学生時代に出遭ったらこんな風に女性同士のプレイをしてたでしょう♪
そう注射器の特大浣腸のあと我慢出来なくて、なおちゃんはももこの前でお漏らしするんです♪(〃ω〃)

でも
第9話では なおちゃんが、ももこに逆襲の浣腸するんですよ やさしくしてね(*^^*)

スゴぃですね( ☆∀☆)

ももこさん♪私が学生時代ゎHなホテルなんて、どんな所か全然知りませんでしたぁ(^^;
ももこさんとSMホテルなんてドキドキ♪
私女性同士でしたら、M調教されたぃなぁって思いますょ(///ω///)♪
やっぱり注射器のお浣腸なんですね(*^^*)
とぅとぅ我慢出来なくて、ももこさんの前でお漏らしするんですね♪(〃ω〃)

きゃあ( ☆∀☆)

ももこさんとレズSMスゴくドキドキです♪
実際ももこさんに、私ゎM調教されると思いますょ(^^;
ももこさんに縛られて蝋燭で…その後ゎももこさんに鞭で打たれちゃう♪
そしてとぅとぅ、お浣腸を…(;_;)
やっぱりSMっぽく注射器型なんですね(^^;
女性同士なら恥ずかしいお漏らし見られちゃっても、私ゎ全然大丈夫です(///ω///)♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)