FC2ブログ
出会い

「なおとももの浣腸物語」 第13話 お仕置きは浣腸

「全部脱いだら これを履いて」
それは ももこが なおにプレゼントしようと思い購入していた 肛門のひだがはみ
だして見えるほどのセクシーなTバックだった。
anal056005ss.jpg
Jは 思わず羞恥のあまりに顔を伏せた四つん這い状態になった。
「まー Jさんアナルまで見えそうなTバックね とても素敵よ」


「頭かくして尻かくさずとはこのことね」
と言いながらナース姿に着替えた ももこが現れた。
img_18_m.jpg
Jが振り向くと ももこの手にはガラス製浣腸器がしっかり握られていた。

「Jさん これなんだかわかる?
 正確には硬質硝子製浣腸器というのよ 見たことあるでしょ」

「そんな大きな浣腸器は初めてです」
Jが 中学になってすぐのころ 若い看護婦さんに浣腸されたのは50cc
ほどの大きな注射器程度だった。
それでも浣腸されると同時に勃起してしまい 最後は排便まで見られて
他人には 言えない恥ずかしい思い出がトラウマになっていた。
偶然にも 今その情景が ももこや なおによる お仕置きという形で再現
されようとしている。

Jの股間は その想像だけで膨らみ始めていた。

「ねー もも Jさん可愛そうだから今回は許してあげようよ」

「だめよ こんな変態性癖の人は甘やかすとまた再犯するのよ」
「だから 徹底的に お仕置きする必要があるの
 いいから なおもナース姿に着替えてらっしゃい準備しておくから」

「うん そうする」

「ところで Jさん そのTバックよく似合うわね
 女性ものTバック履くの始めてじゃないでしょ?」

「はい 実は女性のTバックに異様に惹かれて最近では
 時々自分で履くあるんです」

「やっぱりね 予想どうりの変態さんね
 そんな変態治療には羞恥浣腸がよく効くらしの
  だから 今日は浣腸地獄を堪能させてあげるわね」

と言いながら ももこは500ccのグリセリン液をぬるま湯で半分に薄め
られたグリセリン浣腸液を調合した。

「もも おまたせー どう似合う?」
生真面目そうな なおの看護師姿は まさに白衣の天使そのものだった。

「うん とても可愛いよ なおは新人看護師役ね」

「あたしが ベテラン看護師役をやるから 手伝ってね」

「うん それならいいよ」

「さあて なお まずは JさんのTバックを横にずらして
 お尻の中までワセリンを塗ってあげて」

「えー 男性のお尻の中までワセリンを塗るなんて わたしできないわ」

「できないって それじゃ お仕置きできないじゃない
 そんあことだと まず なおに浣腸するわよ」

「わかったわ 言われた通りにするわ」
「Jさんごめんなさいね」

なおは しかたなく JのTバックを右手で横ずらしてワセリンをたっぷりと
塗った人差し指を Jの肛門に挿入した。
0301-01-leotard-anal.jpg
「うっ・・・やめてくださいきもちわるーい・・・・・」
Jの肛門は 生き物のように なおの人差しを咥え込んでヒクヒクと動いた。

「すごーい まるで何かに吸われてるみたい Jさん感じているのね」
「ほら あそこもTバックからはみ出しそう かわいいね」

「なお それくらいでいいわ さあ浣腸するわよ Jさんを押さえてて」

ももこは Jの肛門に200ccの硬質硝子製浣腸器の嘴(シカン)を挿入した。
「どおお 美味しいでしょ 沢山召し上がれ!」
vvnn34tteh.jpg
ももこはゆっくりとグリセリン浣腸液を Jの大腸に注入した。
「ううううう もうでそう・・・・ゆるして下さーい」
Jは そう言いながらも昔の体験を思い出していた。
あの時は 仰向けで足を持ち上げて看護婦さんに浣腸してもらったが大人
になってから JKが扮するコスプレ看護婦二人に Tバックを履かされたまま
四つん這い状態で浣腸されている。
Jにとって若い女性に お尻の穴が丸見えの恥ずかしい姿で しかも懐かしい
ガラス浣腸器で浣腸をしてもらうなど夢の世界に迷い込んだ気分だった。

「気持ち悪いけど我慢してね」

Jは あの時も 浣腸が気持ちいいのは自分だけ?って思っていた。
浣腸を快感と捉えている自分を悟られまいと必死に苦しそうな演技をした。
Jは 気付いた{あっ!僕の変態性はあの時目覚めたんだ!}
「ほんとうに もうでそうなんです やめてください」
懇願する演技はあの頃から得意だった。

行動心理学を勉強中の ももこは とっくにJの演技を見抜いている。
「あらまー お仕置きなんだから まだまだこんなもんじゃ許さないわよ」

ももこはグリセリン浣腸液200ccの注入を終えると 楽しそうに次の浣腸液
200ccを吸いあげた。
kan3377uw.jpg

第12話 羞恥のお仕置き へ               第14話  浣腸地獄 へ

コメント

あらら…(^^;

Jさま♪ごめんなさいね(^^;
実際の私ゎ責めるよりも、責められちゃぅ方が好きですょ(^^)
Jさまゎお尻*に指を入れられた事があるのですか?(;゚∇゚)
私ゎありませんけど…なんだかすごく痛そぅですね(><)
私ゎ病院でゎお浣腸以外に、解熱用の座薬をお尻*から入れてもらった事ゎありますょ(*^^*)♪
※あと…男性のJさまにゎご関係なさそうですけど、実ゎ私、エステの時になんと座薬のカプセルサプリをお尻*から入れられちゃいました(~O~;)
うつ伏せでエステ中って、完全にお尻*丸出しだし…(--;)
冷たぃカプセルサプリがお尻*からツルンって入って来て、しばらくたって身体がポ~ッとなって♪不思議な体験でしたょ(^^)v

Re: 辛いですよね(^^;

なおさま。
ついになおさまにお尻の穴に指を入れられてしまいましたね。
私はお尻に指を入れられるのが恥ずかしいけど大好きなんです。

>同じ女性同士ですけど、すごく恥ずかしくて泣きそうでした(。´Д⊂)
私もなおさまに浣腸されて目の前で排泄させられてしまいましたね。
なおさまにウンチを見られてしまうなんて><
すごく恥ずかしくて私の場合は泣いちゃいましたね。

辛いですよね(^^;

Jさま♪
とても恥ずかしい経験でしたね(ノ_<。)
私も大人になって、病院でお浣腸経験ありますょ(^^)
私ゎ検診時にお通じが悪い時に任意でしてもらいます(^^)v
看護婦さんか、女医さんにしてもらうんですけど…今でゎもう慣れましたけど、最初の頃ゎすごく恥ずかしいし、お浣腸された瞬間ゎ気持ち悪かったです(;o;)
※実ゎ私もおトイレまで我慢できなくて…一度だけ診察ベッドでお漏らししちゃった事ありますょ(ToT)
小さなオマルみたいな?便器を用意して下さって…(--;)
同じ女性同士ですけど、すごく恥ずかしくて泣きそうでした(。´Д⊂)

>Jさまも病院で浣腸経験あるんですね(^^)

はい。病院で浣腸経験あります。私の場合はベッドでしたね。
ベッドに上がって看護婦さんがカーテンをさーっと引くんです。
緊張感と幸福感が湧いてくるこの音が好きでした。
小学生のときは仰向けで足を持ち上げて浣腸してもらってました。
お尻の穴が丸見えになる恥ずかしい姿でガラスの浣腸器でしてもらってました。素敵でした。
お尻から温かい浣腸液が入ってくるとき私の場合は気持ちよかったです。
看護婦さんからは気持ち悪いけど我慢してって言われるんだけどなんで???ってなりました。
他の人は気持ち悪いの?気持ちいいのは自分だけ?って思ってました。
でも気持ちがいいのを悟られたら恥ずかしいから苦しそうな顔して快感に必死に耐えてましたね。

大人になってからは仰向けじゃなくなってしまって横向きになってしまいました。
気持ちを悟られるのは尚更怖くなりましたね。
看護婦さんにお礼を言う時も本当はもっとちゃんと感謝を伝えたいのに
あっさりとしかできなくてもどかしいんですよね。
でも浣腸してもらったとき油断して声が出てしまい三秒くらい互いに固まったことありましたね。

>スゴく嫌な思い出になりました(ToT)
私も耐えられそうにないときがありましたよ。
でも優しい看護婦さんが容器を持ってきてくれて助けてもらいました。
容器に排泄させてもらったのでお漏らしはせずに済みましたが人前で排泄したのは屈辱でしたね。

ドキドキしますね(*^^*)♪

Jさまも病院で浣腸経験あるんですね(^^)
私も小学生の頃、盲腸の手術前に看護婦さんにおトイレでされちゃいました(><)
※ちなみに普通のイチジク浣腸でした(^^;
当時、小学生の私ゎお浣腸なんて知らなかったので、すごくビックリしました(@ ̄□ ̄@;)!!
お薬注入された瞬間、お尻*ゎすごくムズムズして気持ち悪く感じて…(--;)
お腹ゎすごく痛くなってきて…(;_;)
看護婦さんゎまだ我慢しなさい!って言われて、私ゎもぅダメ出ちゃう!(><)って感じで、スゴく嫌な思い出になりました(ToT)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)