FC2ブログ
出会い

「なおとももの浣腸物語」 丸秘 温泉旅行(1) 

今回の《「なおとももの浣腸物語」 特別編 温泉旅行》は
なおちゃんとももこが現実に行った(つもり)レズ浣腸旅ドキュメントです。
ご一緒に大人のレズと禁断の浣腸旅行を楽しましょうね!
on555777.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なおと ももは 数年後 夏の同窓会で再会した。
二人は当時の秘密の思い出話しにも踏み込み時を忘れて話し込んだ。

「それからね あのあと Jさんは大きな会社に転職し部長をしてるそうよ」
「えっ なお まだJさんと逢ってるの」
「ううん ずいぶん前に電話で聞いたの」
「懐かしいなー Jさんは なおのお気に入りの浣腸奴隷だったもんね」
27d2cfd6-s.jpg
「しー もう いまは別の彼がいるの この話は極秘よ」
「了解です なお様」
「またー ももったらー ところで ももは・・・・・・・・」

「あらやだ もうこんな時間!」
「ねーなお 時間がとれたら今度 二人で温泉旅行しない?」
同窓会も散会になる頃
ももは社会人になって 多忙で疎遠となり二人のレズを関係を今一度再現
してみようと なおに温泉旅行を提案したのだった。

なおは 最近 年下の彼も出来て すっかり レズの感覚は忘れかけていた。
それでも親友の ももの誘いならと特別と 二つ返事でOKした。
「いいわね 11月の3連休は空いているから 場所は ももに任せるわ」

「じゃー きまりね あとで連絡するわね」

ももは 同窓会の帰宅途中 なおと二人での温泉旅行に思いを馳せた。
{11月の3連休となると紅葉も終わり 晩秋よね どこがいいかしら}
{そして趣向はどうしよう もちろん 浣腸は持参でね}
などと思案していると 妙にあそこ疼き熱くなるのを感じた。

その夜 ももこは紅葉の盛り過ぎても魅力的で
しかも 女二人での温泉旅行に合いそうな候補探した。
{近場の温泉と言えば
熱海温泉・・・・・・・・今回の女二人に旅は合わないね
草津温泉・・・・・・・・いいけど もう紅葉も終わってそう
箱根湯本温泉・・・・・・・すてきだけど 近いいので いつでいけそう
鬼怒川温泉・・・・・・・東照宮や華厳ノ滝、奥日光もすてき
伊東温泉・・・・・・・近いいから いつでいけそう
那須温泉・・・・・・・日光より ちょっと遠いし紅葉も終わってそう
となると・・・・・・・やはり 鬼怒川温泉!
じゃなく その奥の日光湯元温泉はどうかしら!}
などと思案しスマホで湯元温泉の各種ホテルから『 奥日光 森のホテル 』
に絞った。
広告より
奥日光随一の規模の“大露天岩風呂”。お部屋でも源泉掛け流しの
温泉を楽しめる“露天風呂付和洋室”。
オープンキッチンで木の温もりが溢れる“杜のダイニング”。
味わい深い創作料理でおもてなし・・・
湯元温泉の硫黄温泉は万座温泉、月岡温泉、高湯温泉に次ぐ
日本で四番目に濃い硫黄温泉。

{いいわねー 宇都宮でレンタカーを借りれば色々な見所も廻れるわね}
ni557799.jpg
ももは1年半前に免許を取り 車の運転にもすっかり慣れていた。
その翌日 なおにその案を伝えると なおも歓喜の様子で同意した。

ももは 早速温泉旅行に持っていく道具を用意した。
{なおちゃんには 何はさておき 定番のイチジク浣腸ね}
まずは市販のイチジク浣腸:10個入 1箱
498701dd.jpg   498701ff.jpg

そして明菜ちゃんから頂いた医療用のグリセリン浣腸「オヲタ」120:10個入 1箱
KIMG8777.jpg

KIMG8783.jpg

それから浣腸用グリセリン500ccでしょ! 
X418320mm.jpg    200cckan
                     もちろんガラス浣腸器は必須アイテムよね 


これはどうしようかな~高圧浣腸用2000ccイルリガートルとバルーンカテーテル
201507281cc.jpg      w_pikka01.jpg
{どうせ駅からは 車で移動だから何でも持って行こっと!}

「おはよー 今回も以前(JK時代)のように楽しましょうね!」

「うん でも ももの荷物は?」

「無いわよ お財布とポーチだけで充分じゃない」

「えー 3泊の温泉旅行なのに着替えもなし?」

「そうよ」

コメント

Re: 楽しみです🎵😄

なおちゃん
いよいよ出発です
どんな旅になるでしょうね♪

楽しみです🎵😄

ももこさん♪
温泉♨女子旅スゴく楽しみですね😆⤴
もしも、ももこさんと一緒に旅行👜なら、きっと楽しい時間になりそぅですね😉👗
私も、友達♀同士でお泊まり🏩ゎ卒業旅行以来ですので…😰
※車の免許ゎ私ゎほぼペーパーなので😅自信なぃです💦💦

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)