FC2ブログ
出会い

ありさと紗希の冒険6 便意と戦うありさ

「お薬をいれるよー・・・・・気分はどお?」
「あっ・・・・・暖かくて気持ちいい・・・・・でも・・・・・」
「・・・・・トイレにいきたーい・・・・」
「まだ半分よー これから ゆっくりいれるからねー」


沙希は残りの60ccを1分かけてゆっくり注入した。
「あとすこしよ ありさ」

「沙希ちゃん もうだめトイレ行かせてー」

「だめよ まだ入れ終わっていないのよ ありさ我慢我慢」

「うーーー お腹痛い・・・ 気持ち悪ーい」

「よーし 全部いった」
「危ないからトイレで我慢しようねー」

沙希はありさの肛門をティッシュで抑えながら、抱き起こしてドアの開け、そのまま
トイレまで支えて歩き一緒に中へはいった。
 
「あとすこしだけ、立ったままで我慢しよ」

「だめ だめ 出るー おねがい ださせてーおねがい」

沙希はありさの肛門を抑えたままで、抱きしめて耳元で冷たく囁いた。
「いまだしたらお仕置きでもう一回するよ」

ありさは両目を閉じて、時折顔を左右にふり必死で強烈な便意に耐えている。
沙希はそんなありさが、たまらなく愛おしくなり思わずキッスした。

ありさにとっての初キッスが同性の親友であり、しかも浣腸をされた相手なのだ。
「沙希ちゃん 大好き」
ありさにとってなにもかも新鮮に思えた。
同時にどこかに後ろめたい倒錯した欲情に罪悪感も感じる。
それでも今この瞬間だけは沙希と一体になりたい自分を素直にを受け入れた。
fitimg1ggg.jpg
画像はhttp://duga.jp/main/ さんより

コメント

Re: あこがれます

> お浣腸大好き!まりこです。
> 激しい便意に耐えている時に、お浣腸された同性に、優しく抱きしめられてキスされるシーン、あこがれます。

これって ももこと明菜ちゃんの実体験を融合させてみました。
お浣腸され優しく抱きしめられてキスされると もう天国ですよ~

Re: タイトルなし

> お浣腸して我慢出来ない私を優しく包んでくれる、そんな同性が欲しいです。

ももこには明菜ちゃんがいるけど、さえちゃんにも見つかるといいですね^^。

お浣腸して我慢出来ない私を優しく包んでくれる、そんな同性が欲しいです。

あこがれます

お浣腸大好き!まりこです。
激しい便意に耐えている時に、お浣腸された同性に、優しく抱きしめられてキスされるシーン、あこがれます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)