FC2ブログ
出会い

SPACE銀河さんの創作小説より

SPACE銀河さんの創作小説より
ももこのお気に入りの一作です。


病院での恥ずかしいお浣腸 作:☆丸

明美は、少し緊張した面持ちで看板を眺めていた。そこには桑原医院という病院の名前が書かれている。その下には内科と列んで消化器科の文字があった。自宅と会社の間にある、小さな町の小さな病院。明美がこの病院を選んだのは、自宅近くや会社近くの病院にかかりたくなかったからだった。
「はぁ・・・・・」
明美は憂鬱そうな溜息をつく。だがその表情が、すぐに痛みに歪んだ。
「痛っ・・・・・」
下腹部に走る痛みは、便秘によるもの。子供の頃から便秘がちではあったが、最近の仕事の忙しさも手伝って、今回の便秘はかなり重かった。だが便秘という症状を、近場の病院で言うのが恥ずかしくて、明美はあえてこの病院を選んだのである。通勤時にこの病院の看板は、電車の中から見ていた。消化器科という文字がやけに気にかかり、覚えていたのである。だが、いざ来てみると、かかり慣れていないこともあって、思わず躊躇してしまっていた。そんな明美の下腹部を、鈍い痛みが襲ってくる。
「だ、だめ・・・つ、辛い・・・」
躊躇する気持ちよりも、早く楽になりたい気持ちが、下腹部の痛みで高まった明美は、ゆっくりと目の前の病院の中に入っていった。

受付を済ませ、待合室の椅子に座った明美は、病院の中を見回してみる。待合室には、明美しかいない。こぢんまりとした待合室は、シーンと静まりかえっている。そんな中に漂う、病院独特の匂い。明美は少し不安な気持ちに駆られた。だが、いまさら出て行くわけにもいかない。
「斉藤明美さん、どうぞ」
中年の看護婦が、すぐに明美の名前を呼んだ。
「あっ・・・は、はい・・・」
明美は待合室の椅子から立ち上がると、少し重い足取りで看護婦の元へと向かう。看護婦は明美が来るのを見て、診察室の扉を開けた。

「どうしましたか?」
診察室にいたのは、初老の医者だった。どこか温厚そうなその医者を見て、明美の不安は少しだけ和らぐ。
「あ、あの・・・お腹が痛くて・・・」
明美は便秘であるといきなりは言えず、取り敢えず腹痛の症状を医者に告げた。それを聞いて医者は、カルテに何やら書き込む。
「腹痛ですか。・・・お通じは、ありますか?」
「い、いいえ・・・」
「最後にお通じがあったのは?」
「・・・・・4日か・・・5日ぐらい前です」
明美は医者の問診に、少し頬を赤らめながら答えた。今のやり取りだけで、自分が便秘であることが医者にはわかってしまったと思うと、妙に気恥ずかしい。そんな明美に、初老の医者は、表情を変えずに告げた。
「おそらく便秘による腹痛でしょうね。触診しますので、そこのベッドに横になって下さい」
「は、はい・・・・・」
明美は言われるがままに、診察室のベッドに横たわる。
「お腹の具合を見ますので、服を上げて下さい」
初老の医者の言葉に従い、明美は服をまくり上げてお腹を露出させた。少し張りがあるのは、見た目にも明らかな感じである。
「随分と溜め込んでいるみたいですね」
初老の医者は苦笑混じりでそう呟いた。その言葉に明美の顔が真っ赤に染まっていく。
「すこし押しますけど・・・痛かったら言って下さい」
そう言うと医者は、ゆっくりと明美の腹部を押し始めた。
「んっ!い、痛っ!」
医者の手に力が加わった途端、明美の腹部にズンと重い痛みが走る。
「ふむ・・・これは重症だな」
医者は明美の声を、腹部を押していた手を離した。それでも明美の腹部には、鈍い痛みが残る。顔をしかめている明美を見て、初老に医師は触診をやめた。
「かなり重い便秘のようですね。処置をしましょう」
「しょ・・・処置って・・・?」
明美の疑問に答えず、医者は看護婦に何やら指示を与える。看護婦は何度かうなずくと、診察室の奥へと消えた。
「あ、あの・・・何を・・・?」
不安に駆られた明美は、さっきと同じ質問を医者に投げかける。すると医者はカルテに何やら書き込みながら、処置の説明を始めた。

「斉藤さんの場合、かなり重度の便秘症状のようなので、一旦それを出してしまいましょう」
「だ、出すって・・・」
「浣腸です。すぐに楽になりますよ」
「か、かんちょう・・・!?」
初老の医者の説明に、明美は思わず気が遠くなりそうになった。明美が病院に行くのを躊躇っていた原因の一つ。それが浣腸だった。病院で浣腸をされる。それだけは避けたかったのだが、初老の医者はそんな明美の気持ちに構わず、彼女を診察室の奥へ行くように促した。イヤです、とも言えない明美は、鈍い痛みが続く下腹部を押さえ、診察室の奥へと向かう。そこは処置室で、ベッドが一つ置いてあった。その横にはワゴンがあり、色々な道具が置かれている。
「それじゃあ、このベッドに横になって下さい」

続きはこちらへどうぞ~病院での恥ずかしいお浣腸
病院で浣腸をされるシーンを想像すると、あそこが熱くなるももこです^^

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)