FC2ブログ
出会い

SPACE銀河さんの創作小説より2

SPACE銀河さんの創作小説より紹介第二弾

こちらも ももこのお気に入りの一作です。

受 診 記 作:えり子

 (その1)

 学生時代の話です。
講義が終わってアパートに帰ると、驚いたことに母が来ていました。
急な用事があって上京したそうです。
その用事が済んだので、私のアパートへ立ち寄ったのです。
携帯に電話したそうですが、講義を受講中では携帯電話は使用禁止なので、
連絡が取れなっかたのです。

 母が言います。
「えり子、あなた、おなかの調子が悪いの?」
「えっ、どうして?」
「あなたの机の上にいちじく浣腸の箱が置いてあったから。」
  私はしまったと思いました。
昨日いちじく浣腸の箱をとりだして、いちじく浣腸をしげしげと
鑑賞したのです。
使用したわけではありません。
その後、引き出しに収納するのを忘れていたのです。

「うん、最近ストレスのせいか、ときどき便秘をするの。
 たいしたことはないと思うわ。」
「一度、病院で見てもらった方がいいわよ。」

 冬休みの数日前に母から電話がありました。
「あなた、冬休みに帰省するでしょう、*月*日に大調の検査を予約
 したわよ、いい。」
「心配ないわよ、勝手なことをしないでちょうだい。」
「これはお父さんの指示よ。」

 私は帰省が予定より遅れて、検査予約日の前の日遅く故郷の駅に到着しました。
母も所用で帰りが遅くなるそうなので、駅近辺で食事をすることにします。
夕食はめん類を食べるようにとの病院の指示を母から聞いていましたので、
駅の前のお店でチャンポンを食べました。
野菜が多く入っていました。
 デザートが食べたかったので、隣の喫茶店でミルクとキューイフルーツを
食べました。
それから自宅に帰りました。

 自宅にもどると、母が病院からもらった受診の心得の書類が置いてありました。
「大調検査を受ける人へ。
 夕食は具のないうどんを食べて下さい。
 野菜、きのこ、海草、乳製品、トマト、いちじく、キューイなど種の
 あるものなど、消化されにくいものは食べないで下さい。
 朝食は食べないで下さい。
 水は飲んでもかまいません。
 夜寝る前に渡した下剤を飲んで下さい。」

 
 私はしまったわと思いました。
野菜は食べたし、ミルクやキューイは食べてはいけなかったのです。
母に聞くと下剤は私が取りに行くと思い、もらってこなかったそうです

 いよいよ検査の日の朝になりました。
緊張のせいか、朝、排便はありませんでした。
大調の検査は初めてのことで、緊張しながら病院へ向かいます。
 受け付けを済ませます。
2階に案内されます。
検査を受ける人が数人まっていました。
 まず更衣室で検査着に着かえさせられます。
衣類は全部脱いで、お尻の部分に穴のあいたパンツをはきます。
それから、短い検査着、さらに長い検査衣を着用します。
薄いものですが、寒くはありません。

 それから病室に移動します。
ベッドで待っていると、ナースがやってきて血圧測定と問診がありました。
便通の有無、病歴、体調を聞かれました。
そして、言いました。
「えり子さんは下剤を飲んでいませんね、そしてお通じもなかったんですね。」
「はい。」
「お薬を飲む前に処置がありますから、ここで待っていて下さい。」

 (その2)

 しばらくして、ナースが二人やってきました。
一人は若く、20代前半の新人のようです。
もう一人は40代のベテランナースです。
新人ナースが手にもつトレイには何とガラスの浣腸器がありました。
どうやら、私、これで浣腸をされちゃうようです。
100ccの大きなものです。
乳白色の筒に赤い目盛が鮮やかです。
そして独特の形をした嘴管がいやらしく見えます。
あれが私のお尻の穴に入るようです。

「えり子さん、今から浣腸をしますからベッドに寝て下さい。」
  予想もしていない、いきなりのビッグプレゼントでした。
私は指示通りにします。
 浣腸そのものはうれしいことですが、病室には女性の患者が数人いますし、
ナースがなぜか2人なのです。
カーテンは閉められるものの、とても恥ずかしく感じます。

 ベテランナースの指示で、新人ナースが施浣します。
どうやら、新人の教育に私が利用されているようです。
ガラスの浣腸器もそのためにわざわざ使うのかも知れません。
教育のために私のお尻が利用されるのは心外ですが、ガラス浣腸器を使われる
のはラッキーなことです。
功罪相半ばという感じで、許しましょう。

 浣腸はあっという間に終わりました。
嘴管が挿入されたとき、ベテランナースが
「えり子さん、お尻の方に入りましたね。」
と言ったのが、とても恥ずかしく、強く印象に残っています。
新人ナースがティシュの束を私のお尻に当てます。
ベテランナースが言います。
「できるだけがまんして下さい、トイレは廊下を出て、左にあります。
 流さずに、ナースを呼び見せて下さい、ボタンはトイレ内にあります。」

 トイレは男女別ですが、隣が男子トイレで、うすいかべで仕切られただけ
なので、音や声がよく聞こえてとても恥ずかしいです。
 排便後ナースを呼びます。
別のナースが来ました。
名前を聞かれます。
「えり子です、今、浣腸をされました。」
「そう、たくさん出ましたね。
 病室に戻っていいですよ、お薬を飲んでいただきます。」
  便を見られるって、浣腸以上に恥ずかしいことです。
特に、今はたくさん出たので・・・。

 (その3)
 
 病室で待っているとナースがニフレック1.5Lとコップをもってきます。
「これを1時間以内に全部飲んで下さい。
 そしてトイレに6回以上行って下さい。
 便の色がオシッコのようになったら検査が受けられます。
 3回目から便は流さずに見せて下さい。」
 
 ニフレックはまずい味です。
仕方なく少しずつ飲みます。
最初の便意が来て、おトイレに行きました。
先に飲み始めた人が便のチェックを受ける声が聞こえます。
「*さん、合格ですよ、検査を受ける準備をしましょうね。」
「*さん、もう一息ですよ、もう1回頑張って下さい。」
「*さん、まだだめですね、まだ2、3回頑張って下さい。」

 2度目にトイレに行きました。
またナースの声が聞こえます。
「まだだめですね。」
別のおトイレから女性の声で
「もうこれ以上出ません。」
「もう一度トイレに行って下さい、だめならおなかを洗いますから、
 心配しなくていいですよ。」

 また驚きました。
半ば不安に、半ば興味しんしんで、おなかを洗うってどうするんだろうと
思いました。

 ニフレックを飲み終え病室で待っていると、ナースがやって来ました。
「えり子さん、何度トイレに行きましたか?」
「2度です。」
「それでは今からトイレにすわって下さい。」
「はい。」

 おトイレに行くと便意が来て、3度目の排便がありました。
ボタンを押すと、あの新人ナースとベテランナースがペアでやって来ました。
ベテランナースが言います。
「おやおやこれはだめですね。
 シイタケが出ているし、小さい種のようなものも多くあります。
 かなり時間も経っているし、今から洗腸をしましょう。
 奥の広いトイレで待っていて下さい。」
 
 (その4)
 
 何をされるのだろうと、不安と期待で胸がまたドキドキし始めました。
男性トイレで水を流す音が聞こえました。
今の会話をきっと聞かれたに違いありません。
またまた恥ずかしくなりました。

 広いトイレで待っていました。
車椅子で入れるような配慮がしてあるようです。
 あのナース達がまたやって来ました。
新人ナースが買い物カゴを手にしています。
ベテランナースが言います。
「えり子さん、今からおなかを洗います。
 濡れるといけないから、着ているものを全部脱いでこのカゴに入れて
 下さい。」
 
 また恥ずかしいことです。
指示通りに全部脱ぎます。
一糸まとわぬ姿なので恥ずかしく、前を向いたまま呆然と立ち
尽くします。
 二人は準備をしています。
ベテランナースが指示をして、新人ナースが作業をします。
私は首だけ回してちょっと後ろを振りかえると、鉄製のスタンドがあって
細いイルリガートルがかけられています。
これは書物で見たことがあります。
 おなかを洗うというのは、高圧浣腸だったのです。
ナースはさすがにそんな恐い言葉は使わないのですね。
もちろんこれは生まれて初めての経験です。

「前の手すりをもって、お尻を少し突き出して下さい。」
「はい。」
  私は立った姿勢ですが、若いナースは私の後ろにしゃがみ込む
ような体勢で、私のお尻の穴に顔をくっつけんばかりの感じで
作業を続けています。
 こんなに至近距離からお尻の穴を見られるのは、例え同性と言えども、
とても恥ずかしいです。

「入れます。」
「お尻に入りましたね。」
「はい。」
「液が入ります。」
  私はあたたかい液がゆっくりお尻を通過するのを感じます。
「苦しいときは言って下さい。」
「はい。」
「もうすぐ終わりますよ。」
「はい。」
「終わりました。」
「ここで出していいですよ、流さずに見せて下さい。」

 浣腸が終わり、私はぼう然として立ったまま思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
続きは えり子さんの受診記 へどうぞ~
ももこが始めて病院で浣腸された辛く甘い記憶とダブりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)