FC2ブログ
出会い

旅行先での新発見


「次は明菜がももちゃんに特別のサプライズを用意するからね」
「えー なんだか怖いわ」
二人は、玄関で別れを惜しむのように見つめ合い長いキッスを交わした。


あれから4ヶ月が流れ、クリスマスには各地からの冬将軍の到来が伝えられていた。

ももこは12月中旬から恒例の長期休暇を取り、元親友がいるニュージーランドに来ている。
南半球は今が夏の盛りなので、初冬に崩した体調はすっかり回復していた。

ももこが勤める会社は社員数こそ百数人で、大手町では新興の目立たないアパレルの会社
だが、この時勢としては珍しく社風は大らかで、年に一度は長期リフレッシュ休暇を取る事
を奨励している。
ももこは、新卒で入社してすでに6年になり企画部の中堅社員になっていた。
そこで後輩社員も気軽に休めるように、この数年は年末年始にかけ1ケ月の休暇を取り海外
で新年を迎えている。
なぜか海外で新年迎え始めてから毎年、新たな発見や幸運がもたらされた。
1年目は明菜との出会いで浣腸の魅力に目覚め、2年目は企画部の主査(主任級)に昇格した。
3年目の今年は海外で暮す元親友の瑞希から、突然遊びのおいでよと誘われそれに応じた。

ホームステイに誘った友人の瑞希は、いまの会社の同期で、最高に気の合う親友だった。
2年前の休暇では、彼女とその友人三人で定番のハワイに行き新年はマウイ山で新年迎えた。
今年の新年は彼女と別の友人、ももこの彼、四人で南米の世界遺産マチュピチュで迎えた。

瑞希は、西洋風の顔立ちで色白のビーナス連想させる美人だった。
社内外でも多くの男が心を寄せていたが、瑞希は優しいだけの草食系男性には興味を示さず、
大きな夢をもった自由快活な男性を理想としていた。

そんな瑞希は、2年前の旅行先で知り合ったイギリス系三世と意気投合して交際を深めこの夏
に退職し、その彼が所有する別荘で半同棲の暮らしをしていた。

「ねー もも ここにきてから まだ観光地めぐりしてなかったね」
瑞希は、ももこを親しく「もも」と呼び捨て、ももこも瑞希をみきと呼んだ。

「みき わたしにとってここも立派な観光地よ 毎日が楽しくて時間を忘れるわ」

その通り、感謝祭やクリスマスパーテイでも、ももこを気遣い皆で楽しませ癒してくれた。

それでも瑞希はもっと、ももこを楽しませたいらしい
「ロイ 新年のカウウントダウンは ももと一緒に テ・ワヒポウナムでやろうよ」
流暢な英語で彼に声をかけた。

ロイとは瑞希の同棲相手の愛称で、ロイド・マンズフィールド・サリヴァンのことだ。

祖父はイギリスアイルランド系の移民で、オーストラリアと本国との貿易で財を成した。
二世の父はニュージーランドにまで手広く事業を広げ観光と不動産業も成功を収めてる。

彼はオックスフォード大学、大学院へ留学して経営経済学の学位取得を取得したばかりの
経営者の卵で、木村拓也をさらに西洋風にした様ななかなかのイケ面だった。

瑞希は、そんな彼の地位や家柄には全く無頓着で、求婚されてもまだ独身での時間が欲し
いと答えを引き伸ばしていた。

「みき 気を遣わないで あなたは彼との大切な時間があるでしょ」

「なにいってるの もも あいつはまだ試運転中よ これから先は気分しだいなの」

「みき らしいわね~ 羨ましいくらい良いお話しじゃないの?」

「そんなことないわよ もし結婚でもしてみなさい 堅苦しい生活が待っているだけよ」
瑞希は、結婚する事で本来の自分が生活に埋もれてしまいそうなことを懸念していた。

「そんなものかなー」

「そっ それはとにかく新年はテ・ワヒポウナムに行こう 感動すること請け合いよ」

こうして 年越しは三人で世界遺産のテ・ワヒポウナムへ出かけることになった。

その夜更け・・・・

「ももー ももちゃんまだ起きてる?}

浅い眠りについたももこの寝室の外から瑞希が囁いている。

瑞希は今夜のパーティーでちょっと飲みすぎたらしく、ももこがドアを明けると同時に抱
き付いて深いキッスをしてきた。
「もも 大好き」
アダルト動画:レズキス475 -唾液キッス-

「だめよ みき 飲みすぎたのね」

「本当はもものほうが大好きなの 仲良くしよう ねっ ねっ ね~」

「もう みきったらしょうがなわね~」

瑞希が、ももこにこんな態度示したのは始めての事だった。

ももこも初冬に体調を崩して彼の誘いも避けていたので、このところ身体の芯が疼いていた。

「こんなこと きょうだけよ~ みき」

ももこは瑞希が、彼との結婚に踏み切らなかった理由を、今はっきりと悟った。
瑞希は男性との性行為よりも、細やかなリズムの同性の方がより燃えて昇りつめていく自分が
いた事を最近なって発見していた。

{もしかして みきも同じ趣味なんでは・・・そうだ・・・アナルを・・・}
ももこは瑞希をソファーに横たえリードしながらアナルを攻めてみた。
アダルト動画:舐めレズ3
「もも あ~ 感じる~ 大好きよ」
瑞希はももこの舌や指先が彼女のアナルに触れるたびに、うわ言のように喜びの声を出した。

「ありがとう もも 楽しかったわ」

「みきのアナル・・・ずいぶんと感じやすいみたいね」
「ももの指がち切れそうなくらい吸い付いてきたわよ そして・・・・・・」

「えへっ このごろ すごくアナルが感じるようになったの・・・・・」

 瑞希は、その事をももこに知られ、少女のように耳たぶまで真っ赤に染めてうつむいた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)