FC2ブログ
出会い

異様なショーの始まり

これが特注の内診台であることは ももこにもすぐに判断できた。
こうなると文字どうり まな板の上の鯉である。
{もう すきなようにして 美香ちゃん 明菜ちゃん}
覚悟を決めると不思議と早かった鼓動が平常に近い60程度まで下がった。


美香は すでに覚悟を決めなんの抵抗も示さない ももこの膝を固定した
革ベルトを緩めてブラと揃いの淡いピンクのパンティーを抜き取った。
img_aa111.jpg
これで ももこは一糸纏わない全裸状態で革張りの内診台に固定されている。
美香は 
「ももこさん おまたせしました では今宵のステージの始まりでーす」
と言って、ももこのアイマスクそっと外して特殊なメガネに交換した。
その瞬間に強烈な閃光が走り雷に打たれたような電流が全身にながれた。
「んうううう・・・・・」
もここは声を出して仰け反ったがそれは一瞬のことだった。
・・・と ももこには思えた。ところが・・・・・・

次の瞬間にはそこは数千人収容できる大きな大ホールの雛壇に変化していた。
会場の期待に満ちたどよめきで再び ももこの鼓動は急激に上がり心臓が裂け
そうに思えた。

恐る恐る目を開けてるとメガネの向こうの天井には、内診台に固定されて両股
が大きく広げられた自分の下半身がプロジェクターで投影されていた。
そこには 陰部はもちろん肛門の周りの小さな陰毛までくっきりと見てとれた。

のけぞって背面を見ると映画用のスクリーンにも同じ画像が映し出されている。

イメージは
内診台屈辱医療7 より

その画面には『3時間講演 未婚女性に於けるA感性の究明』と記されていた。

{なにこれ 私何千人もの人に晒し者にされているの?・・・・・}
涙が止め処なく溢れ、両の頬から滴り落ちた。

客席をゆっくり見下ろすと、白衣の明菜が最前列で手振って笑顔でウインクした
その背後には数千人のナースと2階席には千人近い男性看護士が見える。

もここは完全に冷静さ失い、どうして明菜の部屋からこのステージに移動できた
のかと考える余裕さえなくしていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)