FC2ブログ
出会い

ファーストスター

脳磁波モニター画面は答えるように至福のピンクに変わり
再び漆黒に変わった。ももこは現在宇宙の創生の瞬間と、その意味を垣間見る時空の旅
へと戻っていった。

パラレルワールドを経由して巨大ブラックホールに戻った、ももこの
視覚にはなにも見えない。
しかし心では巨大ブラックホールの内側で起こる様々な現象を画像で感じた。

超大質量ブラックホール

巨大ブラックホールを取り巻く降着円盤からは、回転する巨大重力により分子
は細長く引き伸ばされ細長い糸状となり、強力な磁力線で捻らえれた束となり
中心部へと吸い込まれていく。
さらに進むと分子はバラバラとなり原子核は、電子を剥ぎ取られ高温のプラズマ
となりの銀色の無数の線となり暗黒の中心部に落ち込んでいった。
ブラックホールの中では時間が停止しているに等しい。

従って ももこが中心に落ちむほどに時間を遡っていることを意味している
中心に落ちむほどに原子核をも引き伸ばされやがて分裂し素粒子に分かれた。
原子核の分裂に伴い膨大なエネルギーが光子として開放されるが強烈な閃光
はふわっとした円錐の軌跡を残しながら暗黒の中心へ落ち込んでいった。

やがて全ての原子核が素粒子だけに分裂した空間に到達した。
ここでは光もだたの光子という素粒子であるため、灼熱の液体スープのよう
なエネルギーと重力と磁場だけの世界だった。
bbbb028.jpg
珍説宇宙概論~?質量は存在しない?~

この時点で ももこはこのブラックホールが誕生した瞬間の宇宙まで時間を
遡っている。
ここでパラレルワールドを経由してブラックホールの外に飛び出してみると、
このブラックホールが出来た当時の宇宙であり誕生から10億年くらい経過後
まだ大規模銀河は存在しない小さな銀河ばかりが点在する若い宇宙だった。

宇宙の始まりへ行くにはさらに時間を遡る必要がある。
そこで今度近くにある小さな銀河の中心のブラックホールを使い時間を遡る
ことを試みた。

2度目ブラックホール突入で新しい閃きがあった。
{そうだ!・・・ブラックホールを使わなくとも時間を遡ることは可能だわ!}

すぐに2度目ブラックホール脱出した。
ちょうどこの時代はころ水素とヘリュウムガスしか無い初源宇宙で誕生した
最初の恒星(ファーストスター)が水素とヘリュウムの核融合エネルギーを
使いきり超新星爆発を起こした瞬間だった。
をあちらこちらで同じような超新星爆発が起り現在の宇宙に存在する全ての
元素を生成した時代でもある。

もここが飛び込んだブラックホールは、このファーストスターが超新星爆発
を起こした時の爆縮で出来た言わばファーストブラックホールだったのだ。

超新星爆発

宇宙誕生から7億年目くらいのファーストスター点在する初期宇宙だった。

この時代はもちろん小銀河すら存在しない。
無数の恒星と水素とヘリュウムしかない単純な宇宙だった。

この先へ時間を遡るブラックホールは当然に存在するはずもなかった。

ももこは2度目ブラックホール突入で、閃いたブラックホールを遣わない時間
旅行を試す事にした。
しかし それには相応のリスクが伴うのだ。それは・・・・・・・・・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)