FC2ブログ
出会い

復讐の”もなみ”の誕生

「解った!と思った瞬間に新たな疑問湧く宇宙とはいったいなにものだろう?

「それはともかく 過去も未来も」
「私の思いだけで変化させられるものなのか試してみよう」
「そうすれば究極の疑問も・・・・・・・


      ・・・・きっとこの理解が正しいことが証明できるわ」

{過去を変えると戻すのが面倒だから まずは近未来を変えてみよう}

ももこは元の宇宙に戻りバーチャル体験マシンに横たわった自身の呼吸を
自から意思で止めた。
心臓の鼓動はだんだんと遅くなり、9分後には完全に停止した。
あと30分もすれば脳細胞も死滅するだろう。
{ごめんね 明菜ちゃん 美香ちゃん さようなら・・・・}

バーチャル体験マシンのモニター画面には ももこの脳細胞が死滅していく
様子がリアルに投影され続けた。
錯乱の白から怒りのグレー、次に至高のピンクに変わり最後は左脳から活動
停止の黒が浸潤し始め、右脳そして小脳まで拡大し蝕んでいった。
50分後には脳全体が漆黒に支配された。

ももこは自らの未来を脳死へ導いて閉じたのである。

明菜は只ならぬ気配に浅い眠りから覚め その様相を呆然と眺めていた。
時間は ももこが時空の旅へ出かけた時から僅か2時間も経過していない。

我に戻った明菜は泣きながら110番にその旨を伝えた。
7分もしないうちに、パトカーと救急車が到着し8~9の男性が無遠慮
に押し入ってきた。
駆けつけた検視の医師により、その場で ももこの心肺停止が確認された。

そして明菜は午前0時49分に殺人容疑で緊急逮捕された。

その後留置所では連日精神的拷問に近い過酷な尋問を受け、遂に捜査官が
筋書きを描いた計画的悪質殺人(第一級殺人罪)を認めサインした。

公判の法廷では更に明菜の人格も基本的人権までズタズタにされた。
「被告 沢口明菜は、被害者である西崎ももこを自分で特注した特殊SM
 マシンに縛り付け、大量の薬剤を浣腸した上に過度の性的刺激を与えて
 被害者である西崎ももこを心不全に陥れた」
「その動機は極めて身勝手な嫉妬心でありーーーーーーーーーーーーー」
検察側の論告・求刑は1時間にも及び、その間にも、倒錯した性癖、SM、
浣腸プレイ、同性愛、身勝手な嫉妬心、など50回以上も繰り返し執拗に
強調された。
まるで浣腸嗜好の変態男が明菜に擬似浣腸拷問を課しているようでもある。
「ーーーーーーよって被告 沢口明菜の極刑を求むるものであります」

横浜地方裁判所第9法廷は、最初の裁判員裁判での極刑裁判と言うことで
市民裁判員やマスコミ、多数の傍聴人の好奇の視線と熱気でどよめいた。

その後の国選弁護人側が法律上の弁護意見を述べても誰一人として明菜
のえん罪を疑う者はいなかった。それは無理もない話だった。

検察官の巧みな情報漏洩操作によりTVや有力新聞も一面で扱うほど公判
は注目され加熱しており、劇画調の冒頭陳述に明菜の自白も取ってあり、
有罪か無罪かよりで世間の興味は極刑か終身刑かの予想で持ち切りだった。

あるF系TVは特集番組で美人同性愛女性のSMと浣腸プレイその果ての
嫉妬による計画殺人と冠した90分再現ビデオまで製作し、視聴率をオーム
事件以来の特集番組として稼いでいた。
特番の中盤では、どこの局でも判を押した様に、無名の大学教授が出演し
SMや浣腸プレイに走る捩れた心理を自信たっぷりに解説していた。

明菜は第1回公判が終わった日の夜更けに、拘置所の薄汚い毛布を頭から
被り、口で裂いた服を喉に詰め込んで、冤罪を背負ったまま命を絶った。
{ももちゃん ごめんね}
{明菜もすぐ其方に逝くからね!}
すでに涙も涸れ果てた明菜を救うかのように、優しく静寂が包んでいた。

美香は明菜の冤罪を知るだだ一人の証人だっが、明菜を庇うほどに世間
の嫌がらせが増徴していき、病院にまで及ぶ至り勤先の病院の理解あった
医長にまで依願退職を迫られた。
美香は止む無く逃げるように病院を去った。

ーーーーーーーーーーーーー15年後ーーーーーーーーーーーーーーーー
美香は、ももこが亡くなった年に看護士の職を失い、世間の目を逃れて野草
のように息を殺して ひっそりと暮らしていた。
それでも明菜と ももこのSMと浣腸プレイに加わった 変態ナースとの噂は
週刊誌やネット上で好奇な事件として何度も特集され、その度に中傷に晒
され住まいまで追跡される為、数えきれないほど転居を繰り返してようやく
この人里離れた朽ち掛けた小さい木こり小屋に落ち着いた。

ある嵐の夜、5人の若い男に押し入られ縛られて大量グリセリン浣腸をされ
前と肛門を同時に犯されされた挙句に、なけなしの僅かな退職金の残金まで
奪われた。
白衣の生贄
白衣の生贄より
更に運悪く、その男達の精液により妊娠までしてしまったのである。
堕胎する費用もなく、ひとり山奥のあばら屋で女児を出産した。
父親は最初に美香を押さえつけ犯した Jと呼ばれるリーダー格の男だった。
Jが美香の膣を犯している最中に、後の4人が2穴攻めとなる美香の肛門を
交互に犯したが、4人はすぐに肛門の方に射精して果てた。 
player_th2.jpg
しかし2穴を攻められて動転している美香にそれをしる由は無かった。

その後の美香の人生は 幼い女児を抱え定住先もない若い母親の苦難の
連続で常人では想像すら出来ない壮絶なものだった。

ーーーーーーーーーーーーー34年後ーーーーーーーーーーーーーーーー
美香は長年の苦労が祟り、肝臓癌を患い苦しんだ末に54才で他界した。

ともみと名付けられた、美しい娘は母美香の遺留品の整理をしている時に、
17年前に母親を縛り上げ浣腸プレイの果てに、交互に肛門まで犯している
5人の獣達の写真を見つけた。
そこに同梱された小さな手帳には、明菜と ももこの友情のことや、無実の
明菜が、ともみの母親である美香を庇護したまま、拘置所で命を絶ったこと
ともみを育てながら極貧の中で生活費を切り詰め5人の男達の名前と住所
を調べ上げた執念の成果が細かい文字がびっしりと綴られていた。

{あいつらは・・・お母さんにこんなひどいことを・・・・・・}
ともみは 怒りに振るえ、煮え滾る心で その獣どもに必ず死の制裁を加える
ことを強く決意した。
そして ともみは、自分名の ともみと ももこの も、明菜の な、母の実名である
美香の みを併せて”もなみ”と改めた。
ここに復讐の”もなみ”が誕生した。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)