FC2ブログ
出会い

クリニックでの高圧浣腸再現

「明菜ちゃん もうだめ ももこ明菜ちゃんにまた浣腸されたくなっちゃったわ」
「うふっ ももちゃんはもう浣腸から逃れられない運命ね」
「ちょっとまっててねー」
しばらくして ナース服の明菜が2000cc高圧浣腸器を片手にもって現れた。
「ももこさま 2番の浣腸室へお入りくださーい」

ナース服の明菜は もじもじしている ももこを浣腸室と表札のある部屋に案内した。
そこには本格的な浣腸用ベッドが用意されている。
1-7.jpg
そして浣腸用ベッドの上には、長さ10cmくらいの高圧浣腸器の嘴菅が膿盆に乗って
いるのが目にはいった。
3-14aa.jpg
「ももこさんこれから高圧浣腸をしていきますよー」
「パンツを膝までおろして ベッドに左を下にして横になってくださ」

明菜は 高圧浣腸器をフックにつるし終えると、以前にクリニックで ももこにした
高圧浣腸の場面を忠実に再現した。
4-2 1L
「えーと あっ ももこさん大腸洗浄液をもどされたのですね」
「浣腸液は少し多めですが1000cc入れてみて様子みますねー」
「もしもー こんど辛いようでしたら、最初から浣腸でする方法もありますので」
「先生に相談してくださいねー」
こうして明菜の浣腸があの時と同じように繰り返されるのだった。
ももこはフラッシュバックしたように初めて明菜に浣腸された場面と重なった。
「はい では肛門に管いれますねー」
1-16b.jpg iw-kankinppv-a1194-sample_0007s.jpg 1-19.jpg
「浣腸液が入りまーす」
1-22.jpg
同時に大量のなま温い浣腸液が勢い良く ももこの大腸に流れ込んでくりのがわかる。
4-7.jpg
明菜は、以前のよううに親しく話かけた。
「今から何回か多目の高圧浣腸で大腸を洗いますよー」
「高圧浣腸と言ってもグリセリン浣腸より、ずーと楽だし」
「健康にもいいから私もときどき自宅でしてるんですよ」
そう言いながら明菜は浣腸液で膨らんだももこの腹部をマッサージした。
「ももこさんは高圧浣腸は初めてですか?」
bt-bootsppv-0024-sample_0002.jpg
ももこは、恥ずかしそうに体を丸め されるがままで、
「こんな大きな浣腸ははじめてです」と小さな声で答えた。
すでに1000ccの浣腸液が、ももこの大腸に注ぎ込まれていた。
4-12.jpg
明菜はしばらく、ももこの腹部をマッサージしたあと右の人差し指をももこ
の肛門にすべりこませた。
ana2222.jpg
先ほど浣腸した時に肛門に多めにワセリンが塗られているので、なんの抵抗
もなく明菜の人差し指は肛門の深くまで収まった。
bt-bootsppv-0024-sample_0001.jpg
明菜は柔らかくなった ももこのアナルにマッサージを続けた。
「あっ・・・うっ・うっ・あ~」
ももこは予想しない展開に、あっと小声をあげた。

明菜は計算したように、ゆっくりと ももこの肛門に収まった人差し指を小刻
みに震わせながら出しては入れる絶妙なマッサージを繰り返した。

「あっ・・・・・あ~う」
ももこは逝きそうになるほどの初めての快感を肛門だけで感じていた。
それは先ほど施された高圧浣腸と 明菜の腹部のマッサージとも深く関係
していたのだろう。

「こんな感触はじめてなんです とても恥ずかしいわー」
ももこは耳たぶまでピンク色にそめ顔を両手覆った。

明菜は これまで以上に丹念にももこのアナルマッサージを続けた。
「ううううううう~あっ・・・あっ・・あ~・・・いいいいくっー」
ももこは いまにも逝きそうになる自分と必死に戦った。

明菜は、アナルマッサージをこれ以上続けたら ももこが絶頂のうちに先ほど
注入した1000ccの浣腸液を漏らす危険を恐れ、
「ももこさん 指を抜きますから、お尻をギューっと閉めて」
と耳元で囁いた。

浣腸室にはトイレが併設されている。
急いでトイレのカーテンを明け便座に座るなり大量の浣腸液を排泄した。
120数えて出すように言われたが、さっきアナルマッサージをされたことも
あり、たった10秒の我慢すら出来なかった。

落ち着いてから、備え付けのブザーを押すとすぐに明菜が排泄物の確認に現れた。
1-45.jpg
そして
「うーん・・・まだだいぶ汚れがありますので、あと何回か浣腸します」
明菜は事務的ながらも優しく微笑んで追加浣腸の宣告をした。
ももこはまた明菜に浣腸されるのだと思うと、嬉しくて胸が高鳴った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)